サイドストーリー > ウォルモンドの薄暮


ウォルモンドの薄暮

ウォルモンドの薄暮.jpg




闇夜に生きる | 遺塵の道を | 潮汐の下
騎兵と狩人 | 青く燃ゆる心 | 喧騒の掟 | ウォルモンドの薄暮 | 帰還!密林の長 | マリア・ニアール | 孤島激震 | 画中人


TIPS Edit

  • 現状、どの作戦をクリアしてもフォリニックは入手できない。記録復元の実装を待つ必要がある。
  • 常設時に素材のドロップ率が調整されているため、一部を除き周回は非推奨。
  • ギミック「蓄音機」が登場。
    L-44「蓄音機」
    特性最大HPが最も高いユニットを優先して攻撃
    攻撃間隔1.5秒
    攻撃範囲 □□□ 
    □□□□□
    □□■□□
    □□□□□
     □□□ 
    アーツ転送プロトコル 自動回復
    自動発動
    攻撃時、敵1体に最大HPの5%の術ダメージを与える。5秒ごとに味方のHPを10%回復

敵と制御権を奪い合うことになる重要なギミック。
SPが0になると敵(赤色)になり、SPが100になると味方(青色)になるのが特徴。
多くの場合はどちらの制御でも無い状態(SP50)で開始するが、ステージによっては味方の制御済み、敵の制御済みの状態から始まる。

隣接する位置(稲妻マークのあるマス)にオペレーターなどを配置することでSPが溜まる。複数人配置した場合は、その人数分だけSPが溜まる。

 □ 
□■□
 □ 

配置できる物(障害物などのステージギミックは除く)なら何でもSPが溜まるので、ドローンMon3trなどの召喚ユニットやイーサンマンティコアのような0ブロック組が便利。身替りでもSPは溜まるので、居座り能力の高いベナも有効。
また配置枠を取らないロボット組、サイレンスの医療ドローン、ナイチンゲールの幻影なども有効。
ロビンFrostの罠でも良く、この二人は蓄音機と非常に相性が良い。

範囲内の敵に術ダメージを与え、味方のHPを回復するという効果だが、どちらも最大HPの割合となっているのが特徴。
これにより、高HPの敵には非常に高いダメージが入る一方、敵の制御下にあると高い回復力で倒すのが難しくなる。
逆に奪い返す際は、他の攻撃が来ない場所なら、HPが低くても一定回数は必ず耐えられる。
攻撃は術ダメージなので、術耐性で軽減できる。

+

厄介な敵

記録復元 Edit

+

未実装 大陸版実装2022/07/05

あらすじ Edit

失踪したアントの消息を追って、フォリニックとスズランはこの地へ訪れる。
ここはウォルモンド――リターニア冬霊山脈の「八つ目の月」。
天災により静寂に沈み、人々が疑心暗鬼に陥った移動市街である。
火難が命を焼き尽くすと、さらに多くの疑惑が燻り始める。
感染者と住民との対立も、レユニオンの到来により熾烈さを増してゆく。
果たして事態は収束に向かうのだろうか?そして真実は明らかになるのだろうか?
ロドスのオペレーターたちと共に、薄暮の裏に潜む真相に迫れ。

ステージ 「大議事塔」 Edit

TW-1 黙して語らず Edit

彼らは巧みに語り、騙し、探り合う。
真相を語る者はいない。

+

開く

TW-2 反乱の前哨 Edit

取り繕った平穏という化けの皮が、徐々に剥がれ落ちて行く。
欲望が満たされない限り、誰もが同じ最後を迎えるだろう。

+

開く

TW-TR-1 装置争奪 Edit

兵士でなくとも、暴力の心得が必要になる。

+

開く

TW-3 高塔の花火 Edit

ひとつひとつ明るみになる謀略が指し示すのは、
更に大きな陰謀が既に実現したという事実だった。

+

開く

TW-4 復讐の魂 Edit

無秩序は時間の海と心の深層に眠る恨みを呼び起こす。
その本質は過去より出でるものであり、日常では鳴りを潜めし思想である。
それらが高らかに正義を叫ぶのだ。

+

開く

TW-5 冬霊挽歌 Edit

冬霊一族の歌は、古い儀式と葬礼でのみ歌われるものだ。
では今響き渡るこの歌は、何の儀式、あるいは誰の葬礼のものなのだろうか?

+

開く

TW-6 蔓延する怒り Edit

そして今、憤ることに理由など必要なくなった。

+

開く

TW-7 山脈の崩落 Edit

岩石も泥土も、紛争の渦からは逃れられない。

+

開く

TW-8 月光の零落 Edit

結果が明白だろうと、歩みを止める者はいなかった。
死をもって志を訴える決意こそが、信念のない憤怒を退けるのだ。

+

開く

TW-S-1 三体の巨像 Edit

天災により潰えた命はごく一部だが、
人々は自ら残された命までをも奪い尽くすだろう。

+

開く

TW-S-2 一束の哀悼 Edit

安息を得られるのは死者のみである。
それはこの大地の法則なのだ。

+

開く

ステージ 「沈黙の辺陬」 Edit

TW-EX-1 外周警備 Edit

リターニアにある庭園はどれも複雑な構造をしている。
一見単純な戦場も甘く見てはいけない。

+

開く

TW-EX-2 歩みを止める Edit

命を持たない創造物は、マドロックの意志にのみ従い行動する
――もしそれらが隙を見せたのなら、それは創造物の主が故意にやっているのだろう。

+

開く

TW-EX-3 街の僻地 Edit

敵術師が蓄音機を奪う前になんとか食い止めなくてはならない。
あの自律式アーツユニットの唯一の欠点は、
「裏切り」という潜在的リスクが考慮されていない点だろう。

+

開く

TW-EX-4 メロディー戦線 Edit

L-44「蓄音機」システムは、本来野獣や賊徒から街を守るためのものであるが、
そんな手柄を立てる前に、その所有者によって罪悪に加担させられているのだ。

+

開く

TW-EX-5 集中防御 Edit

一箇所にまとめて配置されたアーツ発生装置は街の一角を堅守する最強の防衛設備であるが、
ひとたび悪用されてしまえば、辺りは一瞬で火の海に変わるだろう。

+

開く

TW-EX-6 広場の戦い Edit

マイバウム噴水広場の名前は、とある辺境生まれ名門育ちの大音楽家を記念したものだ。
その音楽家は、終生貴族に頭を垂れることはなかったという。

+

開く

TW-EX-7 各個撃破 Edit

マドロックといえど、同時に複数の創造物に命令を下すことは難しい。
判断能力を持たない創造物の進む道を塞いでやれば、
マドロックに対処することはできないだろう。

+

開く

TW-EX-8 遠方より響く足音 Edit

マドロックはウォルモンドに正式に足を踏み入れた際、道に迷ったことがあるという。
しかしむしろそれを楽しみ、わざわざ遠回りをして進んだらしい。

+

開く

ステージ 「峻嶺の桟道」 Edit

殲滅作戦と同じ形式で200体の敵を倒すステージ。

TW-MO-1 ウォルモンド Edit

寂れた街の荒れ果てた入り口。
昇らない太陽の目を盗み、冬はもうそこまで迫っていた。

+

開く

コメントフォーム Edit

+

クリックで過去ログ一覧を開く


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 復刻期間中にもちょっと話題に上がってたけど、イベント開催中に手掛かり集めきれなかった場合ってTW-S1と2の開放状態はどうなってるんだろう? -- [ncPE6ck14Fo] 2022-01-04 (火) 01:00:08
    • 謎解き云々無視して全部開くって聞いたぞ。
      公式説明があったかは見てないからソースはないが。 -- [BhYRyITXld6] 2022-01-04 (火) 01:14:05
      • 遅くなったけど、情報ありがとう!
        確定ではないけど一安心かな? -- [P67bs0u8B1w] 2022-01-11 (火) 22:40:45
  • 勲章取り逃がしちゃった…もう常設されたから揃えられないんですかね…? -- [Hmt1WNhIjwI] 2022-01-12 (水) 20:31:34
    • そろえられないって書いてあった気がします。 -- [sOPaMUD1oG.] 2022-01-12 (水) 22:56:34
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-23 (土) 01:37:11