エピソード > 闇夜に生きる

闇夜に生きる

闇夜に生きる.png



TIPS Edit

常設時に素材のドロップ率が調整されているため、周回は非推奨。

あらすじ Edit

戦場で生死の間際を掻い潜る、ひとりの傭兵の物語。
人に信頼されるも守りきれなかった、ひとりの追随者の物語。
生死を度外視し、一刻も戦うことを諦めなかった、ひとりの抗争者の物語。
Wと、その仲間の物語。

ステージ「昔日の戦陣」 Edit

DM-1 埋蔵 Edit

感情を胸の奥に隠し、自らをも欺きながら、兵士は武器を掲げ前に進まねばならない。

+

開く

DM-2 偶然 Edit

幾度かの裏切り、幾度かの必然の救済。

+

開く

DM-3 圧迫 Edit

生ける伝説と彫刻にかたどられた英雄が味方したなら、あなたは栄光に思うのだろうか?それとも、起こるべくして起こる悲劇の数々に頭を悩ませるのだろうか?

+

開く

DM-4 進軍 Edit

各戦場のシナリオは幾千と複製され、誰の目にも付かない場所に捨て置かれる。
兵士たち全員が人々の記憶に刻まれているとは限らない。

+

開く

DM-5 軍旗 Edit

軍旗は倒れるとその価値を失うが、一部の者からすれば、戦争を象徴するその軍旗はまだ一度たりとも掲げられていないのだ。

+

開く

DM-6 遁走 Edit

ここは始点であり、終点でもある。
いくら逃げようとも、輪の中で全ては繰り返され続けるのだ。

+

開く

DM-7 亀裂 Edit

長きに渡り計画された数々の裏切りは、ねじ曲がったスポンジのようにいずれは元の形に戻り、そして再びねじ曲がっていく。

+

開く

DM-8 離散 Edit

運命に抗う唯一の方法は博打を打つことである。
予想だにしない結果を生む無鉄砲さだけが、定められし因果を打ち砕くのだ。

+

開く

ステージ「敗色の戦線」 Edit

DM-ST-1 生存 Edit

彼女が語りかけるは子供。彼女が語りかけるは自身。

DM-EX-1 交戦 Edit

バーにいるどの新人も一万の敵を相手にできると豪語するが、実際に戦場に出れば、少数の敵相手でも一万の敵が襲いかかってくるような錯覚に陥ることだろう。

+

開く

DM-EX-2 爆破 Edit

重装備部隊が味方を誤って攻撃する事故が多発した後、スカーモールは「誤射保険」制度を導入し、それと同時に被保険者が生きて戻って来られないよう、装備の威力を高めたのだった。

+

開く

DM-EX-3 突進 Edit

スカーモールが定期的に開催している「100m槍持ち短距離走」では、源石気流を利用して加速することは典型的な不正行為とされている。

+

開く

DM-EX-4 審判 Edit

そして主催者が不正者に課す罰則は「敗北」である。
密かにルートを改変し、気流を巧みに利用し、ハンディキャップを押し付けるのだ。

+

開く

DM-EX-5 軍備 Edit

「激情型の傭兵」とは決して褒め言葉ではない。
ほとんどの場合、アルコールなどの力を借りて彼らが臨戦態勢に入る前に、火球や弓矢が彼らの胸を貫いてしまうのだから。

+

開く

DM-EX-6 対流 Edit

左右の排気口の温度差が大きければ、あの小道には雪が降るのだろうか?

+

開く

ステージ「戦火の追想」 Edit

DM-MO-1 ターバ村 Edit

戦場は必ずしも争うべき場所ではなく、暴力に道理はない。
たまたまそれが、ここで起きたという事実があるだけだ。

+

開く

コメントフォーム Edit

+

クリックで過去ログ一覧を開く



コメントはありません。 コメント/闇夜に生きる(常設)?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-23 (土) 13:00:29