はじめに Edit

主にタワーディフェンス系を遊んだことが無い人に向けての、基本的なテクニックの紹介です。
その他、アークナイツにおけるテクニックを紹介いたします。




初歩テクニック Edit

は敵の進行方向を示します。
白いマスは遠距離マスです。黒いマスは落下出来るポイントです。

   
  
   

配置の組み合わせ Edit

  • 「重装+先鋒(前衛)」
    最も基本的な陣形です。
    先鋒は大きく2種類に分けられ、フェンなどのタイプは一定時間おきにスキルでCPを稼ぎます。
    しかし先鋒はコストが低い分単体性能は低く、ある程度のラッシュになると捌ききれずに敵を通してしまいます。
    そこで、防御力が高くブロック数も多い重装に守ってもらうことで安全にCP回収を行えるほか、重装だけでは抱えきれない敵を先鋒が受け持つことができます。
    コストを稼いだ後は、より火力や射程のある前衛に交代を行うと強力です。
    この場合はフロストリーフなどの長射程の前衛を後ろに配置することで後方から援護攻撃が可能となります。
       
    先(前)
       
  • 「重装+先鋒(前衛)」
    最も基本的な陣形です。
    先鋒は大きく2種類に分けられプリュムなどのタイプは敵を倒すことで、コストを稼ぎます。
    しかしブロック数が1と少ないため、ブロック数3である重装と組み合わせることで効率的にコストを稼ぎつつ、ブロックを行えます。
    コストを稼いだ後は、より火力のある前衛に交代を行うと強力です。
       
    前(先)
       
  • 「重装+範囲術師(範囲狙撃)」
    最も基本的な陣形で、ゲーム内でも解説のあったものです。
    術師は大きく2種類に分けられ、12Fラヴァのような範囲術師、アーミヤのような単体術師が存在します。
    重装で抑え、範囲術師でまとめて薙ぎ払うのが基本となります。

    応用で、重装を重ねたりすればより多くの敵が一度に来ても大丈夫でしょう。
    また、シラユキなど狙撃タイプの中にも一部範囲攻撃が可能な者もいます。敵の防御・術耐性に合わせて組み合わせを変えると良いでしょう。
      
     
       
  • 「術師+補助(遅延)」
    ゲーム内でも解説のあった組み合わせです。
    補助タイプは召喚など複数系統が存在しますが、
    オーキッドアーススピリットなどの移動遅延系を使い、行動を遅らせている間に術師でトドメを刺します。
    重装タイプの敵など防御が高く、かつ火力も高く重装で押し留めるのが困難な場合有効です。
     
      
       
  • 「重装+前衛など」
    基本的な陣形の一つです。
    ルートを重装で塞ぎ、横から前衛や先鋒や特殊などで殴る方法です。
    主に火力の高い敵を重装で受けつつ、殴りたい場合に有効です。
    サベージなどの範囲前衛は、重装にブロックさせて纏めて薙ぎ払うのを得意としますので、この配置が有効です。
    他にもレッドは貫通持ちで高防御に有効ですが撃たれ弱いため、術師が使えないマップではムースで殴ることになるため、このような配置が有効でしょう。
    ただし、総ブロック数が少なめなことに注意が必要です。
     前↓ 
     
       
  • 「先鋒+重装など」
    わざと斜めになるように配置することで、火力の低い重装がブロックしている敵を先鋒で殴ることが出来ます。
    メリットとしては最初の立ち上がりを2列を塞ぎつつ行えることです。
    重装の負担が減ることで敵が貯まりすぎて通してしまったり、ダメージが増えてしまったりということが起きにくくなります。
    一方で、先鋒が敵進行方向を向いていないため通常より殴られる回数が増えることに注意が必要です。
    出来れば重装をニアールなどの回復重装にすると良いでしょう。
       
     先↓
     
       
  • 「重装+特殊(押し出し系)」
    穴のあるステージ限定ですが、基本的な陣形の一つです。
    要するに、重装でブロックしている敵を横からまとめて穴に落とす戦術です。
    こうすることで多少重たい敵も、何度も押すことで落とすことが可能です。
     特↓ 
     
       

陣形を築く場所について Edit

陣形を築く場所はステージによって最適解が違い、プレイスタイルの分かれるところです。
主に敵陣の前で築くパターンや、自陣の前で築くパターン、はたまたルートの要所に築く場合もあります。

しかし、あまり凝り固まっているとTR-15で思わぬ苦戦を強いられることになります。
このステージでは使用できるコストが少ないため、敵陣前に配置するとコストが足りずに苦戦しやすいです。
一方で、自陣前に防衛線を張ると非常に簡単になるという、陣形を築く場所がいかに重要かがわかるステージになっています。

防御力・術耐性に合わせる Edit

ステージ画面で敵情報をタップ⇒敵をタップする
こうすると敵の「防御力」「術耐性」のどちらが高いか確認できます。

  • 「防御力が低い」⇒物理攻撃の 先鋒、前衛、狙撃で攻撃する
  • 「術耐性が低い」⇒術攻撃の 術師、補助で攻撃する

と使い分けるとあっさり撃破できるようになります。

また前衛にも関わらず術攻撃が可能なムースなど、変わったタイプもいます。
他にもシラユキのように、スキルは術ダメージといったキャラもいます。
育てておくと制限のある強襲作戦で便利です。

逆に敵の攻撃も術攻撃などと分かれています。
同じ重装でも「防御力」は低いが「術耐性」が高いといったタイプもいますので、ステージによって使い分けると良いでしょう。
また術攻撃に対する防御スキルは少ないですが、★4マッターホルンのスキル2などが存在します。

自分で撤退させる Edit

TD系ゲームは別に完璧な防御陣形を築くゲームとは限りません。
場合によっては流動的に陣形を変化させる必要があります。

配置されたキャラをタップし、左上のアイコンを押すと撤退できます。
自分で撤退させると出撃コストの半分が返却されます。ただし、撃破型先鋒(プリュムヴィグナグラニ)は初期コストが全返却となります。

なお、一度撤退したor撃破されたオペレーターは一定時間(キャラクターごとに設定)経過後再出撃可能となります。
再出撃時には出撃コストが1.5倍、3回目以降の出撃時には出撃コストが2倍になります。

また、爆弾虫のような撃破時に周囲へダメージを与える敵も、
攻撃→撃破→撤退→爆発のようにすると、本来なら爆発でやられる分のコストを回収できます。
タイミングが難しい場合はオペレーターをタップしてスローにしながら。(次項参照)

+

出撃コスト、返却コストの例(潜在解放はしていない条件で考える)

キャラをタップしスローにする Edit

配置・未配置を問わずキャラをタップしてステータス表示中は、画面全体がスローになります。
戦況が目まぐるしすぎて対応が間に合わないということが無くなります。

最後に一撃殴って敵の攻撃を食らう前に撤退、スキルを最速で発動、敵の進行に合わせてキャラ配置するなど、熟考に向く一時停止とは違った活用ができる。

ヘイト、避雷針 Edit

敵の遠距離攻撃の優先順位は射程内に最後に置かれたユニット。
なので一番前に単体狙撃などを最後に置くと集中砲火されて沈んでしまう事が多い。
最前線に重装や1ブロック前衛を最後に配置する、最前線でなくとも敵が歩きながら弱い味方ユニットに1〜2発攻撃したら次の対象に攻撃が移るように配置する等の工夫を。

このシステムを利用したよく使われるテクニックとして以下のような物がある
・SP被撃回復ユニットに遠距離攻撃を集中させ、スキル発動の頻度を上げる
・複数の味方ユニットが遠距離攻撃を受けるようにしてダメージを分散し、範囲治療ユニットを有効活用する(複数を回復する場合は単体治療よりも回復量が多い)。
・敵の遠距離攻撃ユニットと撃ち合いになる時に、余っているユニットを順番に使い捨てて耐える。

差し込み Edit

狙った敵に重ねるように近接ユニットを配置する事。

アークナイツでよく行われるのは以下
・敵を二人同時に受けるのは無理という時に、片方を差し込みで足止めしている間に片方を処理する。
・倒すと自爆する敵や遠距離攻撃を行う敵に高速再配置や1ブロック前衛を差し込みして味方に被害の出ない場所で処理する。

スキルリレー Edit

スキルを一斉発動せず、順番に発動する事。

例1
重装でボスを受けて回復しながら倒す時に、誰もスキルを発動しなければ回復が間に合わないという局面。
重装と医療のスキルをどちらか使えば耐えられる場合、まず重装のスキルを発動し、重装のスキルが切れたら医療のスキルを発動、医療のスキルが切れたら重装のスキル…という風にリレーしていく。
例2
敵がまず数で押してきて、その後に固い強敵が数体来る局面。
まずは範囲狙撃、範囲術のスキルでラッシュを凌ぎ、強敵が来たら単体術、前衛のスキルを発動

低レベルクリア、低レアクリア等でよく使われるテクニック。
つまり、条件が合えばレベルやレア差を埋める事ができる。

上級テクニック Edit

難しい物や、特定キャラ・特定ギミックを要する物です。

高度な配置の組み合わせ Edit

  • 「特殊+重装+前衛」
    特殊はロープクリフハートを使い、重装でブロックしてる敵の一部を陣営の内側に引き込んで倒す方法です。
    この方法なら前述のような射程の長いドーベルマンタイプが不要となります。
        
        

逆向き置き Edit

敵の進行方向に背を向けるように配置する方法。
主に敵に通り抜けられるのを前提とした時の配置。
例えば重装を2枚重ねなければ止められないような大量の敵相手に役立つ。
ただし、「一瞬早く殴れるメリット」を手放すことになるため、先頭にダメージは蓄積しやすくなる。

     
先← 
    

5-10など、配置不能マスで飛び飛びにしか配置できないケースでもこれが役に立つ。

     
×先← 
    

※×は配置不能マス

ズラし Edit

停止している敵のいるマスに対して先鋒を配置することで、敵の位置を(↓の場合だと左側に)若干ズラすことができます。
そのまま先鋒は撤退させて構いません。(撤退させることを考えるとコスト返却されるプリュム等を選びたい所。)
利用方法はいろいろありますが、
この場合は術師が敵の射程外に出ることができる等のメリットがあります。
具体的にはSK-4やAP-4で用います。

     
 敵:先←   
    
+

ズラしの例

ひっかけ Edit

アークナイツでのテクニック。
敵の進行方向を横からショウなどで押したり、ロープで引っ張ると、角に引っかかって時間が稼げる。
敵が戻るまでの隙に術師などで倒す。

特↓ 
  
   
   
+

ひっかけの例

一時停止とスローの効果的な運用 Edit

本ゲームでの仕様になります。
右上の一時停止ボタンでゲームが停止できますが、その最中でも待機中のオペレーターを選択して確認することが出来ます。
そしてオペレーターを選択状態で一時停止を解除した場合は、すでに述べてあるようにオペレーター選択状態の為スロー状態で再開されます。
これを利用することにより、

  • まず一時停止して落ち着いて考える
  • オペレーター選択状態にして再開し、スロー状態でタイミングを見計らう
  • ベストタイミングでオペレーターを差し込む

などといったような流れを取ることができ、これを利用すれば初見ステージでも落ち着く時間を確保した上で、タイミングを見計らいプレイできると思います。
但し、一時停止状態では配置中のオペレーターは選択できない為、スキルの発動や撤退の為にスローを利用するにはあらかじめ選択しておく必要があるので注意してください。

なお、配置中のオペレーターを選択したまま一時停止することは可能です。
さらにその状態で撤退やスキルを使用する事が可能で、停止解除時には既に撤退済み、またはスキルが発動している状態で再開されます。

ジャグリング Edit

一部TDでのテクニック。
4章/4-4などが代表的。
障害物を使い、最短ルートを変えることで、敵を往復させるテクニックです。

注意点として、敵に重ねて障害物を置いてしまうと破壊されてしまう。操作が遅れないように、スローを駆使しよう。
また、基本的に障害物の数に限りがあるので無限には繰り返せない。

1.敵の移動を待ち、

     
 
   
  
    

2.障害物で塞ぐとルートが変わる。再び移動を待ち

     
 
   
  
    

3.1へ戻る

+

ジャグリングの例

餅つき Edit

一部TDでのテクニック。
わざと敵を倒さないことでwaveを進行させないこと。
アークナイツではコストとSPを貯めることが出来る。
シルバーアッシュのような発動すればボスも消し飛ぶようなスキルを強引に貯める、といった使い方がある。

もう一つの意味として、最後の一体になったボスをブロックして耐えられるユニットが最低保証ダメージ程度しか与えられず、編成と配置の都合や反撃スキルのせいで追加の火力ユニットを置けない等の条件が重なり、処理に長時間掛かるような状況を指して使う事もある。
アークナイツではユニットの再配置が可能なのでこの状況には陥り難い。

コメントフォーム Edit



最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • お、( ・∀・)イイ!!ページ。 -- [5zKlwQlHjio] 2020-02-21 (金) 15:23:06
  • かなり限られたテクニックだと重装の後ろにロープとか置いて一人だけ引きづりこんだところで前衛で殴るとかもアリかも
    あとは重装の見てる方向の2〜3マス前方に高台とかがあるならロープとか使って疑似的に重装の受けれる敵の数増やすみたいなのも -- [.dlVnMxcG7k] 2020-02-21 (金) 15:44:04
  • ズラしってTD基本テクだったのか…
    SK-4の初手赤術師をどうすりゃいいのよと思って動画見たら微妙に右に押し出して一方的に撃ち殺してたのは目から鱗というか発想力の違いに普通に涙出たわ -- [l0biOt6uXVE] 2020-02-21 (金) 16:07:43
    • 一般のテクニックではないだろ、普通のTDは進行ルートなんて変更出来ない -- [.HDHyPTss/U] 2020-02-22 (土) 06:59:42
    • 進行ルートを変更したり、規制できるのはTDとしては結構メジャーと言うか古いタワーディフェンスにもあるよ。ただこのゲームのズラシみたいなのは敵が自発的に止まる前提なので珍しいのは確かだね。昔やってたやつは敵の進行ルートやその周りに塔を立てて攻撃してたからかなりルート取りをプレイヤー側でいじれた。今少ないのは難易度調整が難しいからかな。ルートが変わると難易度激変するからあんまり自由度与えさせないっていう。 -- [l2NjA.7Gd0w] 2020-02-22 (土) 11:44:13
  • あと高度な配置の組み合わせもかなり変、重装から敵を引っこ抜くんではなくて前衛ならともかく、重装から引っこ抜いたら何が引っこ抜かれるか分かったもんじゃないぞ -- [.HDHyPTss/U] 2020-02-22 (土) 07:07:27
    • 基本的に重い奴は引っこ抜かれないから被害何もなくない? -- [AZ07CPnrlNA] 2020-02-22 (土) 10:10:08
      • 重装で重いやつ抱え直して軽いやつは後ろに送る感じになって良さそうよね。 -- [l2NjA.7Gd0w] 2020-02-22 (土) 11:48:06
  • 餅つきが一般的なTDのテクニックは無理があるでしょ アイギスのヘビーアーマーのドット絵が餅ついてるように見えるからそう呼ばれてるわけだし、そもそも普通のTDは敵を足止めできないし
    意味はヒーラーと壁ユニットで時間をかけて敵を倒すこと 次のwaveがこないようにすることは用法の一つでしかない -- [uYrd.jXCBJc] 2020-02-22 (土) 19:32:10
    • ぶっちゃけアイギスとこのゲームにしか存在しないテクだけどアイギスの名前書いたら荒れるしこの表記でいいと思うぞ
      やってもせいぜいTD部分を某ゲームとかに変える程度だけどわざわざいじらなきゃいけない程のものじゃ無いと思う
      後、近接で足止め自体はキングダムラッシュ以降ちょくちょく使われてるから今は普通のタワーTDでは出来ないというほどでも無い -- [lb3iFpeLrkY] 2020-03-20 (金) 09:17:57
  • おお、いいページ。GJ -- [MsTj6enSZTk] 2020-02-23 (日) 10:35:09
  • 斜め置きみたいな、地味ながら便利な配置仕方もっと知りたい -- [SDZlxPGOvSQ] 2020-02-24 (月) 10:39:05
    • 押し出し/引き寄せは落とすだけじゃなく、十字路なんかで敵進行方向の横から使うと、壁に引っかかって地味に時間稼ぎ出来るよ。4-5の攻略動画参照で。 -- [.miJxKLULoo] 2020-02-24 (月) 18:16:52
  • 「先鋒+重装など」の配置って先鋒がガードしてる敵に範囲術師のダメージ入らない(入りにくい)からちょっと注意した方がいいかもね 同列配置の方が事故らない時はあると思うので -- [3.kOu2.YUv.] 2020-03-13 (金) 20:59:09
  • エフイータで障害物と障害物でカゴみたいに閉じ込めて、倒すていう動画見たけどまだ使えるんかな -- [35bRp3y0myk] 2020-04-26 (日) 19:35:42
    • 障害物による閉じ込めは、した時点で敵に障害物が破壊されるように修正されてたはず -- [It5vzQirT/I] 2020-04-26 (日) 20:14:40
  • 「キャラをタップしスローにする」の後に一時停止すると、そのまま撤退かスキル実行ができます。その後も一時停止のままです。
    上記と「一時停止とスローの効果的な運用」を合わせると、撤退後即配置や連続スキル実行の隙が少なくなります。
    これって既出ですか? -- [ETCnhFv9PA2] 2020-04-26 (日) 21:32:52
  • 出撃コストって増えるの3回目までが上限だったんだ…。増え続けるのが嫌で高速再配置系キャラは全く使用してなかったんだけど、そうなると話は少し変わってくるな。 -- [0Vf59VUG83I] 2020-05-09 (土) 06:46:15
  • 「ひっかけ」出来なくなってないです?仕様変わった? -- [uIiptW7kZQc] 2020-06-12 (金) 15:40:27
  • タワーディフェンス初めてで、チュートリアルやっても全くわからなかったからこういうページすごく有難いです!有難う…!先鋒を重装に守ってもらうなんて思いつきもしなかった…これが基本なのか…! -- [PEHHEMtwGns] 2020-06-15 (月) 19:58:24
  • もう言われてるかもだけど出撃中にダメージ食らうの反則だろ、何で道を防ごうとして先制ダウン取られにゃならんのよ
    しかもよく見たら降下中に食らってるし -- [7rIZDe883LI] 2020-09-23 (水) 18:38:40
  • ジャグリングの一種だけど強制移動で障害物は通過できるのは一つのテクニックだと思う。新通り13等級ではほぼ必須だったが -- [Fd68516KOk.] 2020-10-21 (水) 04:26:14
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-21 (水) 00:12:39