関連ページ  : 用語集 | 俗語集


左のサイト内検索、並びにCtrl+Fでのページ内検索を活用してください。

あ行 Edit

移動都市
移動可能な基礎の上に建設された都市。天災がテラ世界を席巻した後、ほぼ全ての国家が天災からの避難を余儀なくされた。長い年月を経て開発・確立されていった都市形態である。
始めは小さな集落や各種装置を移動式の基礎に搭載する程度の規模だったが、文明と技術の発達によりそれは徐々に拡大し、最終的に巨大な移動都市を造り上げるに至った。
+

ゲーム内ロード画面説明文

先民(エーシェンツ)
作中における、多種多様な動物や神話上の存在の特徴を有した人型生物(俗に言う獣人や亜人)の総称。
テラ世界では現実の「ヒト」と全く同じ種族は確認されておらず(他作品コラボでテラに迷い込んだヒトは種族不明扱いとなる)、代わりに先民が「人間」として文明を築いている。
先民たちの国家は、天災から逃れるため長きに渡って遊牧生活を営んでいた。
オリジニウムの工業利用が始まると次々と移動都市を築き、安定した生活を礎に人口を爆発的に増加させた。鉱石病への耐性が低く、感染しやすい。
先民の多くはヒトをベースに動物の角・耳・尾などを付けた、獣人としてはケモ度が薄めの姿をしているが、一部には頭部全体や体形にまで動物の特徴が濃く表れている者も存在する。
先民の平均寿命は種族によって大きく異なり、年齢についてヒト基準で考えるのは適当ではない。そのため、キャラクターの年齢に関する描写は少ない。
英語表記はAncients
エリート敵
重装兵サルカズ術師クラッシャーといった、敵図鑑の説明文の上に三角形のアイコンがある敵の俗称。
ステータスが高かったり特殊な能力を持っていたりするのが特徴で、雑魚とボスの中間に位置する存在。
サルカズ大剣士サルカズ大剣隊長のように上位種のみエリート敵に類するパターンもある。
ステージによって扱いがまちまちで、ボスのような存在感を示す時もあれば、序盤から雑魚に紛れて進軍してきたり、エリート敵だけでわらわらと群れをなしてきたりする時もある。
これまではシステム上にあまり特別な意味合いがなかったが、大陸版では2022/06/09にエリート敵を対象にした効果を持つオペレーターが実装された。
また、それと同時にサルカズ大剣士リベンジャーなど一部の敵がエリート敵に分類される修正が行われた。
オペレーター
ロドス・アイランド(後述)の業務に携わる者の総称。
その中でも戦闘員をプレイヤーが編成・操作する。プレイヤー視点での人間関係は彼らが中心であり、彼らの話やプロファイルを通して我々は人物像や背景の理解を深める。
医療活動や管理業務に専従する者も含まれ、一部のオペレーターのプロファイルでは彼らからの意見や苦情を見ることができる。
鉱石病(後述)の患者であったり、一時的な契約関係であったり、他国家・他団体からの派遣要員など、ロドスに滞在する理由は様々。
+

オペレーターの加入時期について

源石(オリジニウム)
黒く半透明な鉱物。莫大なエネルギーを宿しており、アーツ(詳細は一つ下を参照)を使う上で必須の媒体。
また、発電や機械の動力といったエネルギー源としても利用されており、生活に欠かせない万能資源となっている。
源石のエネルギー利用は、結晶紀元(クリスタル・エイジ)と呼ばれる時期に、源石エンジンの出現により一気に進んだとされる。
しかし、源石は天災や鉱石病を引き起こす主な原因でもあり、テラの文明は源石に依存しながら源石に苦しめられていると言える。
また、相手を鉱石病に感染させれば身体的・社会的共に確実なダメージを与えられるという性質から、毒物や兵器として悪意ある使われ方をされることが多い物質でもある。
+

ゲーム内ロード画面説明文

源石術(オリジニウムアーツ)
源石(オリジニウム)を利用し、物質の形や性質を変化させる技術。魔法や超能力に相当する概念。
一般的には「アーツユニット」や「アーツロッド」と呼ばれる道具を媒体にするが、一部の感染者は自身の肉体に含まれる源石をも利用する。
作中では「アーツ」「術」などと略され、またアーツを専門とする者は「術師」と呼ばれる。
戦闘では直接攻撃、回復、身体能力の強化、武器の操作など、様々な形で活用される。
+

アーツの習得と適性について

鉱石病(オリパシー)
本作の世界を理解するうえで最重要の用語。身体が源石に冒されることで発症する感染性の病気。
各オペレーターのプロファイルには「源石融合率」「血液中源石密度」という項目があり、これらの数値によって感染の有無および進行度が判断される。
具体的な症状は患者ごとに差があるが、体表が侵された場合はその部位に源石が表出し容易に感染者と判別できる。完治に至る治療法は存在せず、不治の病とみなされている。
そのため、ロドスをはじめとする医療機関でも現状では進行速度を遅らせることが最良の選択となっている。生活習慣の改善や感染初期に適切な処置をすることで、症状をある程度抑えることができる。
+

感染経路と感染者の最期

+

ゲーム内ロード画面説明文

か行 Edit

確定ダメージ
物理ダメージと術ダメージのどちらでもない「第3のダメージ」。アーミヤウィーディナイトメアクリフハートのスキルなどが該当する。詳細は各オペレーターページや小ネタ・小ワザ集を参照。
最大の特長として、敵の防御力と術耐性およびシールド値を無視する事ができ、攻撃力がそのままダメージとして反映される。
物理/術を対象にする軽減・回避スキルなども無視することができる一方、防御力ダウンや受ける術ダメージ増加などのデバフの効果も適用されない。
大陸版では真实伤害,英語版ではTrue Damageと表記されている。
なお、フランカスルトなどの「敵の防御力、術耐性を一部無視して攻撃」する効果は確定ダメージを与えているわけではない。
カズデル
主にサルカズが暮らす国家(だった土地)
本編の約3年前に王族同士の内戦があった。大量の死者が出ると共に広域が廃墟と化した上、内戦に勝利した摂政王がヴィクトリアにおり、カズデルは国家として機能していない。[出典:闇夜に生きる]
感染者やサルカズが身を寄せ合って暮らす小規模な共同体があるのみである。[出典:ウォルモンドの薄暮
辞典の国家と勢力にも記述あり。
感染者
上述の鉱石病(オリパシー)に感染した人間の総称。鉱石病は不治の病であり、さらに感染者の遺体から伝染するという性質を持っている。
多くの地域では鉱石病の性質(生存している感染者と接触するだけではまず感染経路にならない等)への理解も不十分であり、
作中では当事者の人物ですら「触ると移してしまう」と誤った認識をしている描写がある。
そのため感染者には偏見の目が向けられやすく、非感染者との間でトラブルが絶えず、行政としても隔離や駆逐といった措置を取ることが多い。
感染生物
広義では鉱石病に感染した生物全て、狭義ではそのうち「人間」である先民以外の生物がこう呼ばれる。
ゲームシステム上では後者の意味で使われ、猟犬系やオリジムシ系がこの区分に該当する。他のゲーム作品で言うモンスターのような扱いである。
危機契約
ゲーム中におけるイベントの種類であり、作中では天災トランスポーター(後述)によって結成された非政府組織。
「出身不問、種族不問、善悪不問」「全ては、より多くの命を救うために」のスローガンの下、危機的状況で救援を求める人々と、それが可能な実力ある組織を仲介し、相応の報酬を与える。
プレイヤーに不利に働く条件(契約)を任意で選択し、難易度を調整しながらプレイできることが最大の特徴。高難易度契約は廃人ハイエンドドクター向けである。
詳しくは項目のリンク先を参照。
コードネーム
本作の登場人物のうち、特に戦闘員の多くは本名ではなくコードネームで表記される。
ロドスにおいても、戦闘オペレーターとなる者にはコードネームの使用が推奨されている。
ただし、偽名の使用が完全に義務付けられているわけではなく、自分から本名を開示したり周囲に本名で呼ぶことを許したり、更には本名の一部をそのままコードネームに使ったりしている者も少なからず存在する。
また、本名とは別のコードネームを持っているキャラクターに関しても、コードネームを得る前の時間軸や、オペレーターとしてコードネームを名乗る必要のない場面では本名表記で会話シーンに登場することがある。
ゲーム上で操作できるオペレーターのほとんどはカタカナ表記となっているが、シナリオ上に登場するNPCオペレーター(AceScoutなど)には英語表記の者もいる。
なお、オペレーターの本名一覧はこちらにまとめられている。
鼓舞
バフ(強化効果)の一種。吟遊者職分のオペレーターのみがこれを与えるスキルを持つ。
スキル使用者の特定ステータス(攻撃力や防御力)の一定割合分、他の味方の同じステータスを上昇させる(例:攻撃力100の吟遊者が50%の攻撃力鼓舞を発動した場合、他の味方に攻撃力+50のバフがかかる)。
ただし、鼓舞は一種のステータスにつき、最も効果の高い一つ分しか適用されない(例:攻撃力・防御力+50の鼓舞Aと攻撃力+100の鼓舞Bがかかった場合、攻撃力+100と防御力+50が適用される)。
また、互いが鼓舞を掛けることによる無限ループを防止するため、吟遊者には「自身は鼓舞状態の効果を受けない」職分特性が付与されている。
詳しくはダメージ計算式も参照。

さ行 Edit

サーベイランスマシン
ロドスのオペレーターが腕、首、尻尾などに装着している、青く発光する紋様がある環状の道具。機能はロード画面で説明されている通り。
ロドス所属でない非感染者のオペレーター(例:シルバーアッシュ)も装着している。
死亡した感染者・感染生物からの伝染、源石汚染環境での活動、源石武器で受けたダメージといった業務上の感染リスクを考えると、
現在の健康状態に関係なく発症・悪化の早期発見のために各オペレーターに支給されているものと思われる。
+

ゲーム内ロード画面説明文

サルカズ
異形の角や細く尖った尻尾など、悪魔的な特徴を備えた種族。現実の動物ではなく架空の存在をモチーフとした種族の一つである。
さらに細かい区別があり、ワルファリンクロージャはブラッドブルード(吸血鬼モチーフ)、Patriotはウェンディゴ(カナダの雪男モチーフ)と呼ばれる。差別的なニュアンスを込めて魔族とも。
シャイニングのプロファイルに「サルカズとして感染していないことは幸運だが、同時に不幸でもある」という記述があり、ロドスに所属/協力するオペレーターもほとんどは感染者。
一部のオペレーターのプロファイルで、各国で差別的な扱いを受けている事が示唆されている。
+

サルカズ族と古代アーツ

テラ世界の銃はオーパーツのような武器であり、ラテラーノのサンクタ族が技術も銃そのものもほぼ独占している。
ラテラーノでは多くの国民が「守護銃」を持つほどに普及しているが、技術の完全な解明には至らず、コピーの製作が限度である模様。使用には免許が必要。
サンクタ以外の種族にとっては扱うハードルが高い武器であり、他種族の銃使いは少なく、扱えたとしても簡素な拳銃に限られることが殆ど(しかも弾丸は高価)。
こうした事情と、アーツそのものやアーツ強化された他の武器(剣やクロスボウ)も十分な攻撃力を持つことから、テラ世界では銃一強とはならず、様々な武器が共存するパワーバランスとなっている。
+

銃とアーツ

職業(タイプ)
オペレーターの役割を分類したもの。作中でも言及される。
先鋒(Vanguard)、前衛(Guard)、重装(Defender)、特殊(Specialist)、狙撃(Sniper)、術師(Caster)、医療(Medic)、補助(Supporter)の8種類に大別される。
また、各職業タイプは「職分」と呼ばれるさらに細かいカテゴリに分類される。詳細は職業についてを参照。
神民
ブレイズのセリフが初出の単語。「神民か先民か」という言い方からして、先民とは別種の存在。
ブレミシャインのプロファイルによるとカジミエーシュではかつて神民統治が行われていたとのこと。
スズランはプロファイルに父から神民の血を受け継いだと記されている。
英語表記はElders
真狼(しんろう)
6章にてレッドクラウンスレイヤーの匂いを評した言葉。
どうやらレッドの言う「オオカミ」とはこの真狼を指し、それこそが彼女の標的であるらしい。
石棺
本編の始まりでドクターが目覚めた場所。ウルサス帝国の移動都市チェルノボーグに存在する施設。
第8章で再び訪問し、ケルシーの告白を通して、プレイヤーとドクターは記憶を失う前の諸行の一部を知ることになる。
+

注意:第8章ネタバレ

た行 Edit

多元協力
ゲーム中におけるイベントの種類。「多元協力「ロドス防衛協定」」が初出。
2022年5月現在、アークナイツでは唯一の2人同時協力プレイが特徴。下層と上層の2階建てのマップで、2人のドクターはそれぞれどちらかの階層を担当する。
下層のドクターは自陣の防衛を担当し、上層のドクターは敵を可能な限り撃破したりマップギミックを起動することで下層をサポートする。
間違っても下層のドクターに悪知恵を働かせてはいけない。
弾薬消費系スキル
スキル説明の末尾に「合計X発の弾薬を撃ち切るとスキルが終了(手動でスキルを停止可能)」とあるスキルのこと(オペレーターに合わせて細部の記述に差異はある)。名称は遊龍チェンの素質より。
スキル発動直後、スキルによるバフの適用が始まると共に一定数の弾薬を獲得し、通常攻撃(一部オペレーターは更に条件指定あり)の度に弾薬を消費するようになる。
効果時間は設定されておらず、時間経過で解除されない代わりに弾数が無くなるとスキルが終了する。
また、弾数の消費を待たずに手動でスキルを停止し、SP蓄積を再開させることもできる(スキル発動中はキャラの頭上にスキル停止可能を示す四角のアイコンが表示され、再度スキル発動ボタンを押すことで停止可能)。
以前はスキル発動可能と同じアイコンであったが、イベント「ドッソレスホリデー」(2022/1/14〜)開始の際に変更された。
初出はAshのスキル2であり、この他に遊龍チェンの全スキルや、狙撃以外で初めて弾薬消費系スキルを採用したオーロラスキル2などが該当する。2022/1/14現在、参照するのは遊龍チェンの素質のみである。
時限式のバフスキルは、スキル中に通常攻撃を実行できる最大回数=スキル効果時間÷攻撃間隔となり、またターゲット不在等で攻撃できないタイミングが存在すると攻撃回数はこれより低下する。
一方、弾薬式のバフスキルは、スキル中に通常攻撃を行える回数がスキルの弾薬数で完全に固定されている(例えば、Ashスキル2の場合は弾薬数31のため、常に通常攻撃31回分にスキルの効果を乗せられる)。
そのため、攻撃速度が低下する環境下でも強力だが、逆に攻撃速度を上昇させても恩恵は少なめ。また、攻撃対象が存在しない場合は弾薬を消費せず、スキル発動中のまま待機することも可能。
通常攻撃
オペレーターや敵ユニットが攻撃間隔ごとに行う攻撃行動のこと。
「効果時間中、攻撃性能を変化させる」スキルや「次に行う通常攻撃の性能を変化させる」スキルが適用された状態での攻撃行動も、結局のところは通常攻撃に当てはまる。
また、医療オペレーターの場合や「攻撃の代わりに回復行動をする」特性・スキルが有効な場合、「次の通常攻撃タイミングで攻撃の代わりに回復を行う」スキルが発動した場合は、通常攻撃が味方への回復行動となる。
逆に「発動した直後に攻撃・回復を行う」スキルや「効果時間中、攻撃間隔に関係なく一定間隔で攻撃・回復を発生させる」スキルによる攻撃・回復は通常攻撃に当てはまらない。
一部の敵が使用する「攻撃・回復行動を封じる」状態異常は、通常攻撃に該当する行動を禁止する。
手がかり
応接室で収集するアイテム。ライン生命・ペンギン急便・BSW・ウルサス学生自治団・グラスゴー・カランド貿易・ロドスの7組織から手がかりを集め、7種全て揃うと「情報交流会」によりFPが大量に手に入る。
基本的に、各組織の構成員・元構成員といった関係者が手がかり収集に関する基地スキルを持っていることが多い。
開発者インタビューによればライン生命・グラスゴー・ロドスの手がかりは医学報告や検査報告。BSWの手がかりは武器の資料。
ペンギン急便は手紙。ウルサス学生自治団は地図に載っている新聞の切り抜き。カランド貿易は注文書。
医学的な情報から武器資料、新聞のスクラップまでと幅広い辺り、ロドスの事務内容が広範囲に及ぶ故か「手がかり」というのはかなり広い意味で使われている様子。
情報交換の内容も、対象組織自体の情報や、関連地域の情報(例えば学生自治団ならウルサスに関するもの)、あるいは内部の監査(ロドス自身の場合)等と幅広く解釈できる。
また、戦友(フレンド)のオペレーターを応接室に招いてプレイする協力要素というシステムから、「情報交流会」は他プレイヤーを「自プレイヤーの世界におけるロドスの協力者」に見立てて招いているものと解釈できる。
撤退
戦場にいる自軍オペレーターが退場すること。設定上は死亡ではなくあくまで一時撤退であり、態勢の立て直し(再配置時間)が済めば再出撃可能である。
手動操作による戦術的撤退も、HP0による負傷撤退も、自身のデメリット能力や敵のスキル・ステージギミックによる強制撤退(いわゆる即死効果)もすべて含む。
よって、「この効果を受けた状態で撤退したオペレーターの再配置時間を延長する」等の効果は、どのような形の撤退であっても適用される。
なお、敗北条件を満たすか手動でリタイアして、ステージのクリアに失敗することも撤退と表現されるが、単に撤退といえばオペレーターの退場を指すことが多い。
天災
テラ世界の大規模な自然災害の総称。
天災の発生跡地には源石が残されており、山に等しいほどの源石が残されている事もある様子(タイトル画面で巨大な源石結晶が見られる)。
災害そのものに加え、大量の源石による鉱石病への感染リスクが高いため非常に危険。
+

ゲーム内ロード画面説明文

天災トランスポーター
天気予報士ならぬ「天災予報士」的な職業。後述のトランスポーターと似ているが役割は異なる。
トランスポーターから派生して生まれた職業のため、類似した名前であるらしい。
(おそらく都市外活動を多く行うトランスポーターが自らの安全のために天災予報を作成したのが始まりだろう。そしてトランスポーターにとって情報とは商品の一つである)
都市周辺に異変がないか監視を行い、予兆があれば警告を発し、実際に天災が発生した後には跡地の調査を行いその記録を作成してのちの資料とするのが仕事。
必然的に天災に巻き込まれる可能性が高く(ゆえに鉱石病の感染リスクも高い)、仮に被害を避け得たとしても天災の危険を肌で感じるが故に恐怖によって職を離れる者も多い過酷な仕事である。
統合戦略
ゲーム中におけるイベントの種類。「統合戦略-ケオベの茸狩迷界-」が初出。
ドクターは種々様々なイベントが起こる片道切符のステージを、様々な効果を与える「おたから」アイテムを携えて進む、ローグライク的な展開が特徴。
使用できるオペレーターも完全には意のままにならず、場合によっては定石に反する運用も必要になる。
他のイベントのように「同じ手順ならば同じ結果が出る」展開にはならないため、運の要素を楽しむプレイヤーもいれば、そうでない人もいる。
ドクター
プレイヤーの分身でありロドスの一員。ロドスではオペレーターたちの指揮官を担当する。
ストーリー開始時にはウルサスのチェルノボーグで眠っており、目覚めると記憶喪失になっていた。アーミヤ曰く大切な人
ドクターの種族は各自の想像に委ねられている。作中世界唯一のヒトと言われることもあるが、想像の域を出ない。
詳しくは項目のリンク先を参照。
トランスポーター
英語の "Transporter" = 「輸送業者」そのまま、テラにおいても運輸業に携わる人々のことを指す。
登場キャラクターの中では主にペンギン急便の関が該当する他、アンジェリーナの前職もこれだった。
各オペレーターのプロファイルでも身辺調査要員として度々登場しており、モノの運送だけではなく情報の収集や伝達も業務に含まれる。
国家の要人の専属となり、裏ルートのメッセンジャーや伝令として活動する者もいる。

な行 Edit

は行 Edit

飛行装置
ロドスが運用する航空機。我々の世界で言うところの軍用戦術輸送機に類似しており、人員や物資を運搬することが可能。後部ハッチから飛び降りる人もいる。
補助装置や機銃をドローンに搭載し、戦闘員をジェットパックで飛ばすテラ世界では大変珍しい装備らしく、登場するたびに「ロドスはこんなものまで……」と驚かれるのがお約束。
+

もっと詳しく

移動都市のことを「船」に見立てた描写はいくつも登場する。移動都市としてのロドス・アイランドも、その責任者から「艦」と呼ばれる。
都市の構造を(我々の世界の)軍艦に見立てて分析する場面があることから、水上航行のための乗り物も存在する。
実際に背景の一部としても登場しているが「船」と呼ばれているかは定かではない。
プロファイル
ロドスに保管されているオペレーターや関連人物の調査資料。
ロドスの担当者によって記述されており、経歴や感染状況、そして各オペレーターの個性や特徴などを知ることができる。
たまに他の人物からのコメントがそのまま記録されていたり、自分の要望通りに書かせようとしているオペレーターもいる。
注意しなければならないのは、あくまで人の手によって記録されているものであるということ。
つまり、場合によっては真実とは異なる記述があったり記録者の主観が入っている可能性もある
ドクター以外に他のオペレーターでも閲覧可能なようだが、一部の情報には閲覧制限がかけられている。
文明の境界線
テラの大地の周囲に広がる人類の生存圏と人外の領域の境目。北方では寒災や悪魔が、南方では海の怪物が存在(生息)する。
2022/5/31現時点では明言されていないが、海の中に存在したエーギル国家が海の怪物によって滅亡した為テラの大地に接する海洋は現在全てが文明の境界線の向こう側と思われる。
北方の文明の境界線ではウルサス軍がその監視を行う他、公式のトランスポーターを派遣しており、人類文明の存在しない領域でありながらテラの国家にとって非常に重要な土地である事が伺える。
ウルサスが面する文明の境界線の向こう側=果てなき氷原を探索する事は可能だが許可が必要。他国の場合は探索可能かも含め詳細不明
テラの大地≒人類領域は有限であるからか、文明の境界線の向こう側はしばしば果てなき○○と表される(○○には海や氷原などその領域の特性が入る)

ま行 Edit

テラに住まう種族の中には現実の獣の耳の様な耳、サブカルチャー的な用語で所謂ケモミミと呼ばれるものがあり、なおかつ現実の人間と同じ耳も持つものが居るが、一般的には同時に使っているとの事。
公式サイト内のインタビューより

や行 Edit

ら行 Edit

レユニオン・ムーブメント
通称レユニオン。感染者であれば種族を問わず受け入れるが、非感染者に対しては極端に排他的な姿勢を見せる感染者組織。
「感染者は自らの立場に誇りを持ち、積極的に力をつけ、そしてそれを行使すべきだ」と宣言し、テロリズムによって感染者の権利を奪い返そうと目論む。
辞典の国家と勢力にも記述あり。
連鎖競技
ゲーム中におけるイベントの種類。「ヒュムノイの叡智」が初出。
完全攻略のためには最終ステージ前の各ステージにオペレーターを駐留させる必要があり、後半になるほど編成に制約が生じる。
ドクターには「どのオペレーターを次に残し、どのオペレーターを今出すか」という長期的な戦略眼と人材の層が求められる。
ロドス・アイランド
通称ロドス。プレイヤーの分身であるドクターと謎多き少女アーミヤが所属する組織。表向きには民間の製薬会社であり、作中のどの国家にも属していない。
その実態は「鉱石病に関するあらゆる問題を解決する専門家集団」であり、武力行使をも含む手段で感染者が関わる政治・社会問題への「解決策」を多方面のクライアントに提供している。
辞典の国家と勢力にも記述あり。
+

ゲーム内ロード画面説明文

龍門幣
ドクターが運用するゲーム内通貨。テラ世界の国際通貨らしい。日本語の読み方は「ろんめんへい*1」。
一部の作戦地域や僻地では通用しないこともあり、特にゲーム中のイベントでは様々な代用貨幣(コイン、爆竹、ドッグタグetc...)が登場する。
詳しくは項目のリンク先を参照。

わ行 Edit

英字 Edit

数字・記号 Edit

PRTS(Primitive Rhodesisland Terminal Service)
ロドスの業務用ネットワークシステム。チュートリアルやゲーム上のサポート機能は、このシステムによってドクターに提供されているという設定である。
ドクターが外出してロドス本艦にいない間は、PRTSを通して基地のオペレーターへ指示を出していることになっている。
自動指揮も、PRTSがドクターの成功例を基にオペレーターへの指示を作成している。だからたまに失敗する。
ストーリー中に登場するPRTSについてはリンク先を参照。

コメント Edit


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 鉱石結晶ってまんま源石なのか?というか「アーツのエネルギー源は源石」、「源石なくても(もちろん使用効率は大幅に低下して)アーツ使える」って情報から源石=濃縮した先民なんじゃないかと邪推してしまうんだが…。

    あとプロローグの雲の中に巨大な目みたいなものあったけどあれ何なの?巨大生物でもいるの? -- [AbNLGg2UUbo] 2020-07-08 (水) 05:07:13
    • あの爬虫類の目みたいなのは本当に謎。個人的には対レユニオンが「第一部」で、完結後に「第二部」があるのかなぁと思ってる。 -- [9qxX.EL8UcQ] 2020-10-22 (木) 00:03:12
  • ブレイズが言ってた神民ってなんぞ? -- [aK0vCQ8hNxU] 2020-07-16 (木) 03:27:25
    • それは日本版ではまだあのセリフだけだし考察板の内容かな
      一応大陸版ではスズランが「神民」って明言されてるけど神民がどのようなものなのかはあまり解説されてないし -- [zxs1PNvW1QQ] 2020-07-20 (月) 17:52:03
    • ニアーライトでペガサスは神民という話が出てきましたね。
      漢字からは先住民と渡来民という感じだけど、テラの大地で外部からやってくるとか意味わからないしな〜。 -- [HjGvEfgEmYk] 2022-05-10 (火) 13:34:07
  • メガサブソニックムシって、なんだろうね……w -- [qqF9Z7hx02g] 2020-08-08 (土) 18:30:12
  • 鉱石病でケモ耳なってるのかと思ってたけど設定見たら非感染者の人わりかしいてはてなだったわ
    普通に人の種族としているのね -- [VEfkDPrgoLc] 2020-08-15 (土) 23:37:33
    • それが先民ですね。 -- [fHEriM09U8c] 2020-10-18 (日) 05:25:19
    • ここでは「先民(エーシェンツ)」として解説されてるよん。読み方は「せんみん」じゃなかったんですよね。中国語難しい -- [ce3Y0JLDbDk] 2020-11-08 (日) 11:19:15
      • 読みは中国語じゃなくて英語ancientだと思うぞ -- [pztlicwAL7k] 2020-11-13 (金) 11:30:35
  • 天災トランスポーターって今回のイベントでよく出てるんだが何する人ですか? -- [zRaBnQkkXJM] 2020-10-30 (金) 18:08:17
    • 多分だけど、都市から都市へ移動しながら天災を予測して回避させる職業だと思う。流れの気象予報士みたいなもんかと -- [V1WlETdSZjM] 2020-10-30 (金) 18:14:45
    • オペレーターではプロヴァンスとアーススピリットが天災トランスポーターだけど、プロファイルを見るに「天災の予兆を読み取って避難させたり、過去に起きた天災を記録する仕事」だね。 -- [ghxEUek2n4M] 2020-10-30 (金) 18:48:41
    • トランスポーターとあわせて追加してみた -- [8M6a/.pfR5E] 2020-10-30 (金) 19:16:18
    • ありがとうございます
      移動都市においては重要職ですねぇ -- [pzEXzLoa/wo] 2020-10-30 (金) 21:03:36
  • 危機契約と龍門幣の項目を追加した。前者は今のイベントで色々書きたくもなるが、必要最低限で。 -- [9qxX.EL8UcQ] 2020-11-06 (金) 17:59:00
  • 「用語集」「国家と勢力」にも同じ項目の説明があるので誘導できるようにした。あと、記述が細かすぎるかなぁと思い一部コメントアウト。もし不備があれば修正してほしい(書いてくれた人、申し訳ない・・・ -- [9qxX.EL8UcQ] 2020-12-20 (日) 23:24:53
    • 書いた者です。色んなページやスクショ見ながら書いたら長くなった上に自分でもイマイチ整理出来ないまま投げてしまったので整理して頂いてむしろ御礼が言いたいです…(国家と勢力の方にもカズデルの項目あるのは完全に失念してました……) -- [Nbd2uzdGnJY] 2020-12-22 (火) 12:04:16
  • もしかして、お亡くなりになった方の体からオリジムシが湧いてたりするんだろうか…。結晶はたまご的な。自分で言っててゾワゾワしてきた。 -- まーゆ[l0ssz2p3wYg] 2020-12-21 (月) 22:56:39
    • 死亡した感染者は源石の結晶になるという説明はあるけど、オリジムシはどうだろう。放棄されたパン屋の中にいた描写もある。 -- [9qxX.EL8UcQ] 2020-12-23 (水) 16:27:20
    • 感染者が死亡した瞬間に体細胞が丸々鉱石に変化するんじゃなくて、次第に鉱石になっていくか、キノコみたいに死体を養分に増殖していく感じだとしたら、遺体のまだ有機物の部分に屍肉を喰らうタイプの虫が寄生して、それが鉱石によって変異してオリジムシになる、っていうのはありそうなメカニズムではあるかな?

      なんか不要にグロい表現してたら申し訳ない。 -- [JlMW5uAEwfI] 2021-05-06 (木) 13:33:33
  • カズデルのサルカズの「ほとんどみんな」が感染者ということは、カズデル出身の大半のサルカズは感染者の親から生まれてるはずだよな。「自ら進んで感染するサルカズ」についての言及はあるが、先天的な感染者という存在への言及はない。これはつまり、感染者から非感染の子供が大勢生まれていることを示唆している。感染しやすいサルカズでそうなら、他種族でもそうだと思われる。そしてこれが事実なら、粘液接触や輸血程度では感染のリスクはそこまで高くはないということなのかもしれない。そういうことなので……シュヴァルツはもらっていきますね……。 -- [BLgKnXiPot2] 2021-01-06 (水) 01:14:09
    • 残念ながら輸血に関しては、感染者の血液を非感染者に輸血しないように注意している場面がある(逆の注意はない)ので、血液感染はありえる。
      生まれながらの感染者の言及が無いのはその通り。 -- [9qxX.EL8UcQ] 2021-01-06 (水) 01:49:55
      • グレイプロファイルに『グレイの鉱石病は両親から感染した可能性があることが推測できる。』ってあるからどうだろう -- [FhHGAwnZlfo] 2021-01-06 (水) 02:14:20
      • うつる癌だと考えると実態に近いのだろうか。癌が必ずしも胎児に転移にするとは限らないように、必ずしも胎児に感染するわけではないのかも。でもそれはあくまで母体に対する胎児の占める割合が小さいから命中していないだけで、回避率0になる普通の輸血なら感染リスクは上がりそう。 -- [BLgKnXiPot2] 2021-01-08 (金) 00:01:37
  • エリートオペレーターってaceやブレイズのような古参かつ隊長格のオペレーターを指すのかと思ってたけど、ビーグルの衣装の説明にエリオペって書いてあったから、名前付き(モブではない)オペレーターは全員エリオペってことなのかな。 -- [rKsQL5q2Th2] 2021-01-07 (木) 18:19:42
    • あのコーデ自体が、何年も戦闘を経験した後エリートに昇進したビーグルだと解釈したんだが、どうだろ?
      今回のコーデはどれもとある状況下でオペレーター達がきた衣装的な文書が添えられてるし -- [GXUybJbUt/M] 2021-01-09 (土) 01:45:43
  • 龍門幣の所。米ドルを日本に持ってきても直接は使えないから事前に換金しとくとかそういうイメージじゃないかな。 -- [zhavxmFbVVA] 2021-01-09 (土) 15:39:05
    • そういうイメージで合ってると思いますよ(書いた人 -- [9qxX.EL8UcQ] 2021-01-09 (土) 22:15:46
  • 公式のWebマンガで「龍門幣」の読みは「ろんめんへい」だということがはっきりしましたね
    https://twitter.com/ArknightsStaff/status/1355032952749453312?s=20 -- [OAC5ggVw.lk] 2021-01-29 (金) 15:39:03
    • りゅうもんだと思ってた。 -- [L3Tk7f0V39M] 2021-02-25 (木) 22:00:11
    • スノーズントのボイス(会話3)でも「ろんめんへい」って言ってるね -- [VO6DLZCp45I] 2021-03-24 (水) 17:50:27
  • このページの雰囲気にそぐわないので遠慮しているんだが「お菓子」も不思議な扱いだよね、この世界。 -- [9qxX.EL8UcQ] 2021-04-18 (日) 00:31:09
  • 石棺ってチェルノブイリのあれがモチーフなのかな?
    機能というか、全く別なモノではあるだろうけど… -- [JlMW5uAEwfI] 2021-05-17 (月) 11:44:39
  • 日大タックルはさすがにないんだな、まぁいろいろと問題がある愛称ではある -- [63TbpOnROJA] 2021-06-08 (火) 14:01:29
  • 先民の項の『先民たちの国家は、天災から逃れるため長きに渡って遊牧生活を営んでいた』
    これのソースどこですか? -- [KPHS25tz3lI] 2021-06-21 (月) 21:16:21
    • ログイン前の画面で用語を説明してくれるシーンがあるでしょ。あそこの「移動都市」の項目だったかな。 -- [9qxX.EL8UcQ] 2021-06-25 (金) 12:52:01
  • AshのS2やトギフォンスのS2のような弾薬スキルは追記するなら用語集か俗語集かどっちですかね? -- [RfXf9epPlNY] 2021-12-24 (金) 20:23:51
    • 「弾薬スキル」ならゲーム中の用語ではないので俗語行きだと思う
      ただ表記揺れとかも多そうだし俗語は今改変作業の砂場があったはずなのでもうちょっと待ったほうが良いかもしれない -- [niN.nsgVGqs] 2021-12-24 (金) 20:41:00
      • 確かに待った方がよさそうですね。公式での表記が使われるのは水着チェンの素質かな?もうそろそろイベントという話もあるので待っておきます。 -- [RfXf9epPlNY] 2021-12-24 (金) 20:51:53
  • 連鎖競技はこっちに加えてもいいのかな -- [FN1O/tJC7Jw] 2022-01-04 (火) 15:55:38
  • ↑せっかくだから多元協力や統合戦略も加えておいた。
    全体が長くなりそうだったから、各項目で収納できるものは収納したよ。 -- [fF2GJyhsNns] 2022-05-06 (金) 21:39:45
  • 鉱石病の件だけど、感染者の体表に露出してる源石結晶と接触しても感染しないらしいですね
    ソースはロドスキッチン -- [7gJEbs8iRyU] 2022-05-21 (土) 12:13:35
    • シエスタで感染者も水着着て海水浴場へ出ていたからそうだとは思ってた。感染リスクがあったらドッソレスも無関心ではなかっただろうし。
      しかし血液感染の危険性はあるのに、体表の源石結晶では感染しないのはどういうことなのか。源石を直に触ったら感染するのに…。 -- [Cm.1Qz26Jao] 2022-06-01 (水) 21:37:13
      • 皮膚組織が結晶状に変化したものだったりして… -- [7bOU02gHY0s] 2022-08-14 (日) 13:06:46
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


*1 以前は「ろんめんびぃー」「ろんめんぺい」など各ドクターがそれっぽい名前で呼んでいたが、公式アンソロジーには「ろんめんへい」とルビが振られていた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-09-30 (金) 00:10:18