通常調査対象 Edit Edit

「聞き耳」ハーマン

説明一瞬の思考
ハーマンさんは普通の市民だ。しかし、一日中街を歩き回り、色々と情報を仕入れていると一部の物好きの間では有名だ。彼は演奏会にて雑音に関する独自の情報を握っていると言っており、彼と話をすることにした。私が演奏会の日に関して知りたがっていると気付いた彼は慌てて口をつぐむと、辺りに人がいないのを確認し、私を路地へと誘う。
QA一瞬の思考
とても慎重ですね……別に大それたことを聞きたいわけではないのですが。その時の状況をありのままに教えてくだされば大丈夫です。シッ、静かに。その件はあまりに危険だ、俺たちのような一般人が触れられるようなことじゃないぞ。本当に聞きたいのか?……実を言うと、あの時俺は現場にいなかった。だが、とんでもない情報が確かにある。それは百パーあんたが調査している事件と関係している。なにせこの目で見たんだからな……そう言って私の袖を引っ張り、彼は指で三本立てて見せた。何を望んでいるかはすぐに分かった。彼の手のひらにドゥカート金貨を三枚ほど置く。
何を見たんですか?三日前の夕方、事件が起きたバッハ区の演奏会場近くで、顔を隠した変人を見かけてな、そいつが通りで平民らしき奴とコソコソ喋ってたんだ。きっと貴重な情報に違いないと思って、密かに近づいた。そしたら連中が話していたのはやっぱり……ご想像のとおり、あんたが調査している件だったよ。彼は突然口を閉じると、また指を三本伸ばして振ってみせた。 何度もたかられて話の腰を折られるのは時間の無駄だ。
その時あなたが後をつけたのはわかりました。金貨が十枚、この袋に入っています……さて、そこで見たものをすべて話してください。いいですか?……二人は話を終えたらしかったんで、俺はバレないように後をつけた。しばらく進むとそいつはさっと路地に入っていったんだ。俺はついていき、そいつがまた別の奴と話しているのを見た。それからあるものを取り出したのも見たんだよ。驚いて息もできなかったな……
でなぁ、旦那。金貨十枚じゃ、ちっと足りねぇんだよなぁ?
事件発生時:調査対象は「貴重な情報」だと思われるものを追っていた。しかし謎の人物が持っていたものは、彼をとても驚かせた
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、その時あなたが見たものはこの事件が異常だと思わせるほどに特別なものだった……勿体ぶらずに今すぐ話せ。……わかったよ、今回は特別に教えてやる。そいつが取り出したのは金漆で封をされた手紙だった。相手はそれを一目見るとすぐさま洗いざらい話していた。これで分かっただろ?あいつはきっとお上から送り込まれた密偵だ。この件は首を突っ込まない方がいい……ってあれ、あんたの姿、そいつとよく似てるような……その後少々手段を用いて渡した金貨を「聞き耳」ハーマンからすべて取り戻した。彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

カフェの店長

説明一瞬の思考
リンドナーさんはカフェで店長をしている。彼のカフェは螺旋角を崇拝する青年が集まっている疑いで閉店を命じられた。彼は憲兵を訪ね、自分が演奏中に雑音を起こした犯人だと言っている。彼は憲兵の前にやって来ると、唾を吐きながら罵声を浴びせ、相手の鼻先に触れそうなほど近くまで指を突き立てていた。 これ以上刺激するのは避けた方がいいでしょう。
QA一瞬の思考
リンドナーさん、落ち着いて話しましょう。なぜ演奏を妨害するなんてやり方で不満を示そうとしたのですか?不満? ハッ、勘違いするなよ。
憲兵様や尊き女帝様への不満なんて俺にはない!ただあの演奏会はうちのカフェよりもはるかに人が集まってたんだ!きっとお前たちが見たくない集会もたくさん起きてただろうな!
彼は拳を振りあげ、興奮した表情だ。たしかに、彼にしてみれば妥当な理由である。 なんでも、彼の息子は螺旋角を狂信する青年の一人らしく、他の者と演奏会の妨害を画策していたとのことだ。
あなたが最後に行ったのはどの演奏会ですか?先週の金曜にバッハ区で行われた、クルビアロックコンサートだよ!俺も伴奏に加わってやったんだ、ラッパと太鼓でな!ハハハ!実際のところ、そのコンサートは有名な建築家バッハ氏を称える公演に急遽変更となった。そのことは一切報道されていない。 そして先週の金曜、カフェの店内で激しい口論があった。彼の息子は外に飛び出し、クルビア製の音楽プレイヤーは破壊され、その背後では怒号が響いていたらしい。
話は変わりますが……あなたのお店はしばらく客足が遠のいていた。その後ロックミュージックやランクウッド映画が流れるようになった……そうですね?知らないな……誰が流したのかも知らないし、お客さんかもしれん……
あんなのは音楽とは呼べねぇ!俺たちはあれほど数多くの素晴らしい音楽を生み出して、街には美しい音が響いてたんだぞ!なのに今は……
これ以上質問しないでくれ!俺がやったって言ってるんだ、もうそれでいいだろ!
事件発生時:調査対象は現場におらず、当時彼は息子の行為に激怒していた。適切な鍵の旋律で当時の気持ちを再現しよう。彼の悩みは日常の中にある。俗世の欲がより適しているかもしれない
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あの日あなたは自分のお店にいた。そして息子さんが雑音を起こしたと思い、罪を被ろうとした……そうですね?……息子は、昔は本当に聞き分けのいい子だったんだ。俺の弾くバイオリンが大好きで、優秀な成績を修めて高塔でアーツを学べることになったのに……
あいつはうちの店の客足が遠のいていくのを、そして若者が隣の店でロックパーティーを開くのを見てたんだ。あれはきっとわざとじゃない……頭に血が上っていただけなんだよ。信じてくれ……
リンドナーさんは憲兵たちによって店に送り返された。 彼からも有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

クリスティン小隊長

説明一瞬の思考
クリスティンさんはフォルトシュリト区の憲兵小隊長の一人だ。優れた仕事ぶりが広く評価され、昇進を目前に控えている。フォルトシュリト区にて調査を始めて少し経ってから、彼女に調査を中止するよう要求された。彼女はその日の見回りを担当していた。彼女の目的を明らかにするべく、私は身分を明かさず調査を行うことにした。彼女は憲兵隊長らしい反論の余地がない態度を見せたが、その警告は信用に足る根拠に欠けていた。
QA一瞬の思考
お気遣い感謝します。ですが既に調査に労力を費やしているので……せめて自分がどのような状況に身を置こうとしているのか知っておくべきだと思うのですが……そうは思いませんか?条例で事件に関する内容をお話しすることはできません。ですが……これは一般人が首を突っ込んでいいような事件ではないことはお伝えできます。探偵ごっこは終わりにしてください。これもあなたのためなのです。今回の事件は広く注目を集めているが、末端の法の執行者で本当に深刻さを理解している者は極めて少ない。彼女の態度は急に誠意あるものに変わったが、それで私を揺さぶる気なのだろうか?あえて便乗してみてるのもいい選択かも知れない。
だとしたら……正直に言いましょう。実は私の調査にも進展がありましてね。この事件の危険性を実感していました。例えば当時あなたも気付きましたよね?現場に充満していた奇妙な臭いに……に……臭い?あっ……そのことまで調べ上げていたのですか。あなたは想像以上に優秀なのですね。既に気付いているなら、私の警告も理解していただけるはずです。彼女の反応は早かったが、臭いについては適当に言っただけだ。 事件発生時、憲兵小隊長である彼女は現場にいなかった
ここだけの話、もし私の調査に誤りがなければ、この事件は憲兵の内部といくらか関係があるのでは?あの日は警備を強化していたわけですし……黙りなさい!そんなものは根拠のない臆測にすぎません。憲兵隊とは何の関係もありません!あの日雑音が鳴ったのは……あなたはどこまで調べたのですか?言いなさい。でなければ私にはあなたに対して強制的な措置を講じる権利があります!事件発生時:調査対象は治安維持を担当していたが無断で持ち場を離れていた。突然の雑音に彼女はひどく慌てたキャリアが途絶えることを恐れているのか?それとも……
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あなたはあの日業務中に無断で持ち場を離れた疑いがあります。他人に知られたくなければ、当時の行動を話していただけませんか?……分かりました、話しましょう。ですが脅迫に屈しません。このことは誰に言っても構いません……あの日の晩、感染者の少年が自分たちの地区を抜け出して、許可なく現場にやってきました。彼らが他の憲兵に捕まるのを黙って見ているわけにはいかなかったので、憲兵の休憩エリアへ連れて行ったのです。そこでなら演奏を見ることができますから。そしてちょうどその時……クリスティンさんの行動については黙っておくことにした。彼女からも有益な手がかりを得られないまま、調査は終了した。

ソーセージ屋店主

説明一瞬の思考
演奏会場で例の雑音が発生する過程を夫が見たはず、とウィーン区でソーセージ屋を営むヴェラーさんの妻は言っている……が、彼自身は調査に少々及び腰だ。両頬が赤くなっているが、これは酒を長年飲んできた影響だろう。妻は彼が酒を断ってずいぶん経つと言っていたが、あまり聞き分けの良い性格ではなさそうだ。
QA一瞬の思考
ヴェラーさん、あなたが見たものについてもう一度教えていただけますか?言っただろ。雑音がした時、俺は大事なソーセージをひっくり返すのに忙しかった。だが、ちょっと顔を上げた時に怪しい人影が路地にサッと入っていくのが見えたんだ。
あれは絶対に見間違いじゃないね!螺旋角を崇拝するあのイカれた連中に違いない。あいつらが一日中街で騒ぎを起こすから、ソーセージの売れ行きが悪いんだよ!
彼の目は泳いでおり、指先で手の平をさすっている。 彼は嘘をついている
例の雑音はどんな音だったか、もう少々詳しく説明していただけますか?そんなの決まってんだろ?鋭くて、やかましくて……耳が汚れちまうような音だよ!あれは音楽に対する侮辱だ!せっかくの演奏会が台無しになっちまった!説明が曖昧だ。客の話によると、その晩彼は一人で店を出し、早くに店仕舞いをしたとのことだ。 彼が屋台の横で音楽に合わせて踊っているのを目撃した人がおり、そのそばにはいくつか空き缶が落ちていたという
私の知る限り、その日あなたの奥さんはツヴィリングトゥルムにいませんでしたよね。奥さんとの関係はいかがですか?妻との関係?なんでそんなことを……そりゃ、かなり良好だ。俺は妻を愛してるし、妻も俺を想ってくれてる。時々ちょっと厳しいけど……まあ、それも家庭にとっては良いことだ。そうだろ?……っておい、これがあんたと何の関係がある?探してるのは人だろ?事件発生時:調査対象は奥さんの監視下で長期間禁酒をしていた。事件が発生した日の夜、彼は屋台の前で酔っ払っていた
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あの晩あなたは夢見心地で、奥さんが遠くへ出かけている間に心ゆくまでお酒を飲もうとしていた。当時の光景を思い出しましたか?……わかった、わかったよ。実は友達からエルンストハイムの美味い酒を1ケースもらったんだ……
ほら、わかるだろ……どうしても断れなかったんだ。だから、例の不吉で異常な音が聞こえた時、お、俺は……酒の缶が入ったケースをひっくり返してしまってて、何も聞いてないんだ。
ヴェラーさんは激怒した奥さんに耳を引っ張られ、どこかに連れて行かれてしまった。 彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

ランゲ男爵

説明一瞬の思考
ランゲ男爵はツヴィリングトゥルムの貴族である。事件発生時、彼は雑音が聞こえた場所近くで女性と手を繋いでいたのを目撃されている。何か詳細を知っている可能性が高く、調査の必要があるのだが……本人は現場にはいなかったと主張している。彼はテーブルを勢いよく叩き、燃え上がるように怒りに満ちた目を光らせた。彼の妻が部屋に入ってきた瞬間から、彼はこのような姿を見せた。
QA一瞬の思考
そう興奮なさらず。私が気になっているのは事件のことだけです……あなたの身の潔白を証明するためにも、当時何をされていたか話していただけますか?よかろう!貴族を侮辱するとどうなるか、教えてやろうじゃないか……愛しき妻よ、ノートを取ってもらえるか。君がいてくれて助かるよ。どれ……あの日の夜は……ああ、あったぞ。どうやらギファイ子爵の高塔を訪ねていたようだ。彼が証明してくれるだろう。それで、他に何か言うことはあるかな?ギファイ子爵とランゲ男爵は非常に仲が良い。しかし当日ギファイ子爵はツヴィリングトゥルムにいなかった。 本棚には家族写真が飾られており、その中の一人の若い女性の容姿が情報にある女性とよく似ている
とてもお似合いのご夫妻ですね。ご家族のことについてもう少し伺いたいのですが、ご夫人も構いませんか……?写真に写っているこちらの美しい女性はどなたですか?それが事件とどう関係してるというんだ――ああ、すまない愛しき妻よ、怒ってなどいない……彼女は娘のマナー講師で、週に三回うちに来ているんだ。あの日は……確かに彼女が出勤する日だった。彼女は授業が終わってすぐに帰ったが……彼女の行き先なんか知る由もないだろう?花瓶に生き生きとした水色の花が飾られている。あれはエデンヘーエ管区でこの季節に咲く花だ。ツヴィリングトゥルムで見かけることはめったにない。近頃この周辺では、演奏会の主催者が会場を飾るためにわざわざ持ち込んだ以外に目にしていない
これは大変失礼いたしました。男爵は本当にご夫人想いの方なのですね。この品種の花はアインヴァルト管区ではめったに見られないものですが……ご夫人のためにわざわざ見つけてこられたのですか?そ……それは、あぁ、そうだ。妻は暇な時に草花を鑑賞するのが好きでね、私はよくそれを気に留めているのさ。この花は私が……その、ギファイ子爵に頼んでわざわざ取り寄せたんだ。君は、まあそれなりに見る目があるな。事件発生時:ランゲ男爵は、娘のマナー講師と共に感動的な演奏を鑑賞していた。その際、昂る感情に任せて、そばにあった花を摘んだのである
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あの晩あなたは花を摘み、マナー講師と手を取り合いながら演奏を鑑賞した。当時の光景を思い出しましたか?愛しき妻よ、君が想像している関係とは違うんだ!ニーナとはただの友達で!わ、私はずっと彼女を妹のように思ってきた。演奏会では偶然会っただけで……あの変な音が鳴った時、彼女が怖がるのではないかと思って、それで手を引いてその場を去ろうとしたのだ……どこへ行く?私の話を聞いてくれ……ランゲ男爵の妻は扉を勢いよく閉めて出て行ってしまった。男爵は何度もため息をついていた。 彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

レナ女史

説明一瞬の思考
レナさんは自分をごく普通の市民だと言っている。ノイレオポルト区で妨害された演奏会にて、彼女は雑音が発生した場所の近くにいた。そこで憲兵は彼女を証人として事情聴取すべく署に連行したが……どういうわけか、当時の状況を説明したくないようだ。テーブルの向こうにいる女性はうなだれ、手をきつく組んで膝の上に置いている。
QA一瞬の思考
レナさん、事件発生時に何を見たのか話してもらえませんか?もう何度も言いました!演奏に聴き入ってたら、あの奇妙な旋律が突然耳元で鳴り響いたんです!
どこから聞こえた音なのか、誰が演奏したのかなんて分かりません……何も知らない女性に自白を迫るなんて、それがあなた方の調査の仕方なんですか!?
話している間は怒った表情をしているが、意図的にこちらの視線を避けている。 数日前、演奏会場で貴族が身につけている物を盗まれる事件が数件起きていた。
そう神経質にならないでください。別の話をしましょう。あの日は、幻想曲『エデンヘーエの冬』が演奏されましたが、この作品にご興味を持ったきっかけは?変な質問ですね……私は昔から音楽が好きだったんです。特に幻想曲が……。『エデンヘーエの冬』はそのうちの一曲で、何度も聴いていたんです。他に理由なんていらないでしょう?『エデンヘーエの冬』は新作の幻想曲で、例の野外演奏会で初めて公に演奏された。彼女が以前から聞いていたなんてあり得ない
特別な時期ですから、この演奏会は招待状を受け取ったゲストのみが参加できることはご存知ですよね。その招待状、見せていただけますか?えっ、招待状……もちろん、ありますよ。
ちょっと待ってください。えっと……たしかここに入れたはず……どこにやったかな……すみません……あるはずなのですが……
事件発生時:調査対象は金品を盗むために、演奏会場へ赴いた可能性が高い。彼女は身元が割れるのをひどく恐れている
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
野外演奏会に招待状は必要ありません。旋律が示したように、あなたは不純な動機を抱いて演奏会に紛れ込みました。当時の状況を思い出しましたか?あなたの言う通りです。確かに演奏会で物を持ち去りました、ですが自分のものにする気なんてなかったんです!
どうにかしてお返しするつもりです……ただ、二十年前に連れ去られた娘を見つけたいだけなんです。もうあの子の見分けはつきません。けどあの子は……きっとお守りを身につけてるはずなんです。私にはそうするしか……
憲兵を呼びレナさんの正体を明かした。そして彼女が今後もう盗みはしないことを憲兵に保証した。結局、彼女からも有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

音楽家・シューマン

説明一瞬の思考
シューマンさんはそこそこ名の売れている音楽家だ。『エデンヘーエの冬』の作曲者で、ノイレオポルト区の野外演奏会で主催を務めていた。事件発生時、彼は舞台上でピアノを演奏しており、その一部始終を自ら体験した。それからいまに至るまで客との面会を全て断っている。彼の指は軽やかに鍵盤の間を跳ねている。その即興のリズムが私の近づく歩調に偶然にも重なる。近付いて立ち止まると、彼は美しいポルタメントで演奏をやめた。
QA一瞬の思考
シューマン教授、少しお時間よろしいでしょうか?事件発生時に見たことについて伺いたいのですが。残念ながら、あなたが仰ったことについてはあまり印象に残っていません。外部の雑音が私の演奏を妨げたと仰りましたが、そのようなことは常に起きます。例えば舞台下で自制できずにぺちゃくちゃおしゃべりする人など……ね。正直、他の人がなぜ演奏をやめたのか、未だ理解できていません。彼は落ち着いて説明している。確かに、雑音が鳴っても彼は演奏を続けていた。 しかし、あの時の彼の演奏は実のところ楽譜とは大きく異なっていた
失礼ですが、あなたの楽譜を拝見しました。会場で第三楽章を演奏した時、少し修正したようですが、それはどのようなお考えだったのですか?音楽の演奏とは、楽譜に書かれたことを型通り再現することではありません。特に楽譜それ自体が満足のいくものではない場合はね。当時の感情、作品との共鳴、そしていかなる予期せぬ変化でさえも、私の演奏の一部となります。
私にとって、音楽とは心の声。そして、あの日……あの瞬間にしか存在しない心の声なのです。
彼の指が再び鍵盤の上に置かれ――奏でられた旋律が言葉と一体化していく。 しかし最後に彼の指はかすかだがこの場にそぐわない音を鳴らした
つまり、当時のご自身の演奏に非常に満足していたということですね。雑音があなたに影響を及ぼすことはない、そういうことでしょうか?いえ……それは違います。あれは私の中で最悪の演奏でした。あんなパフォーマンス、納得なんてできない!しかしそれは楽譜が完成するまでわからなかった。運命と戦う私の主人公、彼女がどのような気持ちを抱いてエデンヘーエの寒い冬の中へと足を踏み入れたか……しかし私の記憶の中には完璧な旋律があるというのに、なぜそれをもう一度演奏できないのか……事件発生時:調査対象は当時の演奏を非常に不満に思っており、その演奏は彼の理想とはかけ離れていた――しかし頭の中には完璧な旋律が存在しているようだ。
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、当時あなたは自分のパフォーマンスに怒りを抱いていましたが、それでも全身全霊で演奏をしていました……その時あなたは何を見ましたか?お、思い出しました!そうです、私は聞きました!あの音が旋律に歩み寄って……私の演奏は自然に順応していったのです。そして私は理解した……
怒り!あれは強烈な怒りでした!それこそがあれを形容する最も相応しい感情です!皆は間違っています、あれは意味のない雑音などではありません。あれが現れたからこそ、私の完璧な旋律が出来上がったのです……
シューマン教授は昂ぶった激情をぶつけるように、我を忘れて演奏に没頭した。 彼の話によれば、あの雑音には怒りの感情が含まれていた可能性がある。調査は終了した。

花売り娘

説明一瞬の思考
ラオホさんは花売りで、よく市街地を歩いている。演奏会現場にも現れており、何か異変に気付いているかもしれない。しかしよく妄想を口走るとの噂がある。接触時には情報の信憑性に注意した方がよさそうだ。一面を花で飾られた壁の前に、花の入った籠を携えて立つ彼女は、まるで誰かが来るのを静かに待っているようだった。
QA一瞬の思考
すみません。事件発生時の状況は印象に残っていますか?何か異常なものを見ませんでしたか?ごめんなさい。私の両の目はあなたの姿を映し出せないし、あなたの目に映るような景色も見えないの。あの演奏会はリターニアの他の演奏会と違いはなくて、音楽もこの壁で密に咲き誇るお花のように美しかったように感じました。それを聞いて私は初めて気付かされた。彼女の目には薄い霧のような影がかかっている。特に不自由もないかのようにずっと振舞っていたため、その目が見えていないと誰も気付いていないのだ。このまま立ち去るつもりだったが、彼女の独特な気配が気になる。質問を続けてみよう。
申し訳ありません。それでもなんとか思い出していただきたいのです。あの時、何か普段と違う異常はありませんでしたか?ほんの些細な異音でもいいのです。お待ちを、この籠の中であの日のお花を訪ねて話を聞いてみましょう。ここにはたくさんのお花があり、どれも本当に艶やかですから……焦らないでください。もしかしたら、ここにあなたの気に留まるお花があるかもしれません。彼女は花の盛られた籠を持ち上げてみせた。中で美しく入り乱れる花がこちらに微笑みかけてくるようだ。 なぜかはわからないが、金色に輝く一束の花に視線を奪われた。
でしたら……その時何をしていたか覚えていますか?何か思い出すきっかけになれるかもしれません。あの時は……カップルが最後の花束を買ってくれました。あれは愛情がいっぱい詰まったバラで、どのバラも嬉しそうな表情で二人に笑いかけていました。私の籠は空になり、それで辺りを見渡したのですが、あぁ……彼です……
一輪の花が突然籠の花の中から伸びてきたのです。しかし彼は枯れそうで、私は涙が頬を伝うのを感じていました……
事件発生時:調査対象は「花」を用いて自らの精神体験を表現してくれた。彼女は枯れそうな花の存在に気付き、涙を流していた
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あの時あなたは確かに特別な真相に気付いた。そしてそれ故に悲しみを感じていました。さらに具体的なことは思い出せましたか?……金色の花です。遠くで雨風に揺られ、枝葉は枯れ、花びらは落ち、その時が近づいてきて、彼にはもう呼びかける声も聞こえてない……花売りからカレンデュラの花束を受け取った。 彼女の言葉には何か真実に繋がる情報が含まれているかもしれないが、その意味を理解できないまま、調査は終了した。

怪しい市民

説明一瞬の思考
ラウデールさんは一見すると普通の市民のようだ。しかし情報筋によると、この女性はよく演奏時に姿を現すが、いつも近くの芝生にいて観衆と距離を保っているらしい。雑音が聞こえた時も彼女はその場にいた。もしかしたら何か手がかりになるものを目撃しているかもしれない。あるいは……彼女は手を腰に当て、芝生のうえに立っている。その顔には明らかに不快感が滲んでいた。
QA一瞬の思考
ご迷惑をおかけしてすみません、ラウデールさん。お伺いしたいのですが、事件発生当時何か特別なことに気付きませんでしたか?何もなかったって言ってるでしょ!ここじゃ一日中変わったことなんて起こらない。特別なことなんてあるもんか。
なんだってあの人らの弾く演奏にあんなに大勢の人が集まるんだろうね。あたしに言わせりゃ、騒音が彼らを追い払ってくれて助かったくらいだよ。そんな時間があるならワーグナーを聞いた方がマシさ……
彼女のおしゃべりが止まらない。話題を変えて、彼女の行動について聞き出した方が良さそうだ。
詳しく思い出す手助けができるかもしれません。その時何をしていたか覚えていますか?芝生の手入れをしていたよ。週に一回、毎週欠かさずやってるんだ。雑草を抜いて、ちょうどいい長さに揃えて……きれいにしなやかになるよう保ってるんだよ……
これは間違いなく芸術品だ。あの芝生を踏んづけていったバカどもには、芸術に対する尊敬ってもんが微塵も感じられなかったけどね。
そう言うと、彼女は眉根をきつく寄せた
芝生を踏んづける……演奏会当日もそのようなことが?それはどんな人でしたか?ああ、あの日も、あいつらは芝生の上にやってきて、あたしの作品を好き放題踏んでいったんだ。なんの敬意も感じられない足取りでね!
その時、雑音が突然鳴ったんだ。あたしはその隙にホースをつかんで、そいつらに水をかけてやったのさ……
事件発生時:調査対象は芝生を整えていた。彼女は芝生を美しく整えることに偏執的なほど拘っているため、芝生を踏んだ人と一悶着あった
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、当時あなたは他の人といざこざを起こし怒りに満ちていました。彼らに関することを何か思い出しましたか?思い……出した。あいつら、あたしに言ってきたんだ。公共の芝生から立ち去れ、民衆の休憩を妨げるなって。あいつら、憲兵を名乗っていたけど、何も分かっちゃいないよ。
みんなに無情に踏みつけられて、なんて可哀想な芝生だろう。整えてやれば生き生きするってのに……あたしが責任をもって管理しなきゃいけないんだ……
熱心なラウデールさんは公共の芝生を思って落ち込んでいる。彼女からは有益な手がかりを得られないまま調査は終了した。

怪しい術師

説明一瞬の思考
この正体不明の術師はバッハ区の演奏会場におり、雑音事件発生時に慌てて現場から立ち去る姿を目撃されている。これまでに彼はいくつものアーツを使った騒動を起こした嫌疑があり、今回も多くの市民から犯人として通報されている。最初の質問をした後も、彼はアーツ装置をいじり続け、答えることはなかった。
QA一瞬の思考
聞こえなかったようですね。もう一度お聞きします。事件発生時あなたは何をしていましたか?聞こえている……俺ではない。そう言って彼は再び黙った。手元に他に手がかりはない、引き続き質問するしかなさそうだ。
私が誰の依頼を受けて動いているのかはご存知でしょう。高塔に身を置く以上、あなたにはこちらの質問に答える義務があります。なぜ演奏会に現れたのか話していただけますか?ならおまえも知っているはずだ。俺が高塔で誰に忠誠を誓っているのかを。故に……答える気はない。彼の口はとても堅く、何の有益な情報も得られそうにない。 帰ろうとしたその時、本棚の本の後ろに何かが隠されているのがふと目に入った。あれは……クルビアのロックスターのフィギュア
『呪術変形系アーツの創意美学』……面白そうな本を色々と集めてるのですね、興味があります。何冊か貸していただけますか?待て!取るな――こっちへ来い。お、おまえの質問に答えてやる……あの日のコンサ――いや、演奏会は、用があってだいぶ遅れて到着した。着いてみたら……とにかく、俺が全く予想していなかった状況に陥っていた!その場を離れようとした時、あの雑音が鳴ったんだ……事件発生時:調査対象は演奏会が思っていたものと異なっていたため、怒りのあまり立ち去った。既知の情報によると、あの日は本来予定されていたロックのライブが急遽変更され、クラシックの演奏会が行われていた。
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あの日は演奏会の内容が急遽変更され、それを確認したあなたは現場を去ろうとしていました……申し訳ありませんが、他に何かおかしな点はありませんでしたか?おまえに話すことなんて何もない!俺がどれだけ怒り、苦しんだか知ってるのか?定価の3倍以上払って、前列のチケットをどうにか手に入れたってのに……なんで内容が無料の野外演奏会に変わってるんだよ!しかも通報までされるし!前の演奏会でアーツユニットに発光アーツを施しただけだろ……クルビア人はみんなコンサートでそうしてるじゃないか!ロックスターのファンであることを明かした術師は、椅子に座り込んだ。 彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

学生・ブフナー

説明一瞬の思考
ブフナーは高塔でアーツを学ぶ学生だ。彼女は芸術研究の一環で各区の野外演奏会に赴いている。雑音事件にも何度か遭遇しているらしい。彼女によると、雑音の出現には、ある法則があるようだ。わかりやすく説明するため、噛んで端がボロボロになったペンを口から取り出すと、彼女はノートに絵や文字を書き始めた。
QA一瞬の思考
つまり――あの雑音には、決まった一定のリズムがあるということでしょうか?そういうこと!私が記録した音響スペクトルを見て。バッハ区のも、ウィーン区のも、ドッペルホーン区のも、それに、ここのフォルトシュリト区とルートン区のも……わかった?この部分の音がほとんど同じなのよ。異常な雑音はもう何日も発生していない。私の手元にも雑音の音声資料はない。 もし彼女の記録が信頼できるものであれば、この類似する音が事件の突破口になるかもしれない。
他の意味がないノイズと思われる部分も、何かしらの法則がある可能性はありませんか?一種の暗号のような?可能性がないわけじゃないわね。けど、もしも暗号なら、対応する暗号表を導き出さなきゃいけないわ。だから結局この旋律から着手する必要がある……待って!これ聞き覚えある。どこかで……この音を聞いたことがあるわ……続けて質問しよう。
どこで聞いたのか思い出せますか?その時あなたは何をしていましたか?あなたが思い出す手助けをしてあげられるかもしれません。……たしかノイレオポルト区で、イーヴェグナーデホールへ向かう途中だった。道端は祭典の装飾が飾られてて、演奏家が演奏していたの……私はお腹が空いてたんだけど、ポケットには金貨1枚もなくて……その時どこからかシュヴァイネハクセの香りが漂ってきて……事件発生時: 調査対象は耐えられないほどの空腹だったが、食べ物を買うお金がなかった
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あなたは当時解消できそうにない空腹に悩まされ、そしてその音を聞いた……思い出してきましたか?思い出したわ。あれは……ぐぅ、ぐぅ……うぅ、私のお腹の鳴る音だった。私の研究は「音楽の流行と地域料理との関係」だから、資料を集めるためにいつもお腹を空かせて各地の演奏会に参加するの。だからついお金を使い果たしちゃうのよね……うう、またお腹空いてきた……ブフナーにシュヴァイネハクセと大盛りのザワークラウト三皿をご馳走した。結局、彼女からは有益な手がかりを得られないまま調査は終了した。

学生・ホルネス

説明一瞬の思考
ホルネスは高塔でアーツを学ぶ学生だ。彼も演奏が邪魔されたこの一連の事件を調査しており、近頃はよく各所の野外演奏会に現れている。ドッペルホーン区での事件現場も目撃しているようだ。彼は顔を上げこちらをちらりと見ると、そのままノートに何かを書き続けた。私のことなどまるで気にかけていない。
QA一瞬の思考
単刀直入に行きましょう。我々は同じ事件の真相を追っている者同士です。もしかしたら、情報交換できるかもしれません。事件発生時、何かに気付きませんでしたか?混乱だ……混乱していることに気付いたよ。誰もが音楽に浸っていたと思ったら、次の瞬間にはその心地よい空間が、文字通り音を立てて粉々になってしまった。まるで輝かしい時代が何の前触れもなく突然終わったみたいにね。傷口はなんとか閉じたものの、その下で混乱が膿のように、僕らの中で疼いている……彼の回答は調査に何の意味もなさないものだった。もっと具体的な内容を聞き出さなければ。
申し訳ありません、そうですね、あなたが言ったことは大体理解しているので、他のことを聞かせてもらいます。あなたは現場に居合わせた。その時、何か怪しい形跡は発見しましたか?良い質問だね。僕は確かにいくつかの形跡を発見した。鋭い感覚がないと感じ取れないわずかな痕跡さ。僕はそれを――迷いと呼ぶことにする。そう、一般人が気付くのは難しい。だが僕なら見つけることができる。音楽によってあの場所に集まった平民、その誰もが目に迷いを宿しており、どうすればいいか理解していなかった……彼は本当に同じ事件を調査しているのだろうか……?よく分からなくなってきた。もう少し質問してみよう。
わかりました、いいでしょう。質問を少し変えます。事件が発生した時、あなたは何をしていたのですか?僕はこの時代を模索し、追求し、尋ね、リターニア社会の肖像画を描いていたんだ。旋律を打ち破ったあの雑音こそ僕に真相を垣間見せてくれたある種の福音であり、だから諦めずに追い求めていたんだ。この目で見届けて、そのうえで尻込みしてしまうような巨大なものを僕は見たよ……事件発生時:調査対象はある「社会の肖像画」を描いており、演奏を邪魔した雑音が真相を垣間見せてくれると思っていたが、目の当たりにしたものが彼を尻込みさせてしまったのかもしれない
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あの時あなたは知りたかった真相を見て強く恐怖を感じました。あなたが見たのは……具体的に何でしたか?あの音の源――それは抗争だ!そう……美しい旋律はもはや停滞した現実を覆い隠すことはできず、幻影を突き破ったあの音は人々の叫びそのもの。
人々は呼んでいる。輝かしい時代がこの地を照らすのを、いずれ螺旋角が再びそびえ立つのを!
憲兵が近くにいると教えてやると彼はすぐに口を閉じた。彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

学生・マーリス

説明一瞬の思考
マーリスは高塔でアーツを学ぶ学生だ。彼女は現場で例の雑音を耳にしており、特定の旋律が聞き取れたのだと言うが……なかなか思い出せないようだ。彼女は分厚いアーツ学の本を頭の上に置き、バランスを保とうとしている。これは記憶を呼び起こすのに有効な手段なのだとか。
QA一瞬の思考
じゃあこうしましょう。あなたは例の雑音を聞いた時、何をしていたのか覚えていますか?そうですね……あの時は塔へ戻る途中で、演奏見物客の人波をなんとか掻きわけて進んでいました。
あの辺は特に混むんです。夕方に買い食いしに抜け出さなきゃよかったなぁ。あのソーセージ屋さんもなんか酔っ払ってたし……まあそれはさておき、その時だったんですよね、めっちゃ嫌な音が突然鳴り響いて――っと、うわっ!
得意気に当時の状況を説明していた彼女だったが、頭上の本を肩に落としてしまう。すると中から一枚のスケジュール表が滑り落ちてきた。そこにはびっしりと詰まったスケジュールが書かれており、どれもアーツの研究に関係するものだった。
あなた方はいつも勉強をしてストレスを感じているのですか?ストレス?
まぁ……先生がいつも言いますから。高塔を登るのは長く険しい道のりだって……一生研究してもほとんどの学者が入れない学識の殿堂なんだって。だから毎週『教養不足』の学生は高塔を去って行くんです。私はエードラー出身なので、残るためには一層努力しないといけなくて。
彼女は頭をかいて、はにかんだ。どうやら彼女は非常に楽観的なようだ。彼女が例の雑音を思い出すきっかけになってあげられるかもしれない。
失礼かもしれませんが……もしかして、当日はソーセージの買い出しを理由に息抜きに出掛けていたとか?あちゃ~、バレちゃった!研究レポートの提出が翌日に迫ってたんですが、どう書けばいいか全然思い浮かばなくて……気晴らしにソーセージを買いに出掛けたんです。ソーセージ、本当に美味しかったんですよ!それからどうしてかは分からないんですけど、帰ってからすぐにアイデアが浮かんで……それで気分もかなり良くなりました。事件発生時:調査対象のストレスは相当大きく、そのタイミングで食べた美味しいソーセージで彼女の気分は晴れた。適切な鍵の旋律で当時の気持ちを再現しよう。美味しい食べ物が彼女の気持ちを上向かせたのだから、俗世の欲がより適しているかもしれない
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あの日あなたはソーセージを食べた後、ご機嫌になった。当時の光景を思い出しましたか?……あっ!思い出しました!あの時はソーセージを食べながら歩いていて、雑音が突然響いたんですよね。そしたら誰かがぶつかってきたんです!私は大丈夫だったんですけどソーセージを落としちゃって!それでぶつかってきた人がお詫びに即興の歌を聞かせてくれて……思い出してみたら、雑音と旋律は別物でしたね。マーリスは更に学識を高めるべく高塔に戻った。 彼女からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

学生・リントナー

説明一瞬の思考
リンドナーは高塔でアーツを学ぶ学生であり、螺旋角を熱狂的に崇拝する青年の一人でもある。彼は先週のバッハ区で行われた演奏会を妨害した犯人であると噂されている。しかし現場から確かな証拠は見つかっていない。ドッペルホーン区の廃棄された音楽ホールで彼を見つけた。捜査から逃れるためか、彼は数日間ずっとここに隠れていた。
QA一瞬の思考
リンドナーさん、聞いてください、私はあなたを捕まえに来たわけではありません。ただ話がしたいだけなんです。あの日あなたは演奏会で何をしたか、教えてくれますか?あの音は……あの音は俺たちの宣言だ。双塔は倒れ、他所からもたらされた穢れが一掃される。誰も手の届かない高塔が再び大地にそびえ立ち……我らは……我らはリターニアの栄光の再臨を再び目にするのだ!彼の声は震え、何度か言葉を言い淀んでいた。明らかに自分を励ましている
バカなことはやめなさい。あなた方が呼びかけているその人物はもうとっくにいないのです!私に真実を話してください。そうしたらあなたはまた塔に戻ってアーツの研鑽をすることができる。このことがわかりますか?黙れ!ヘーアクンフツホルンの目は永久にリターニアに向けられている。こんな卑劣な時代の存続を彼が認めるはずはない。帝国を乗っ取った者が塔に居座り続けるなんてことを許すはずなんてないだろう!
彼の……彼の到来を迎えるためなら、俺たちの命なんてどうなろうとも構わない!
別の切り口で話を聞くしかない。 何日も帰っていないからか、彼の父はずっと気が気でない様子で彼を探している。息子が憲兵に捕まることを恐れて罪をかぶろうと自首までした。
リンドナーさん、お父さんのことを考えなさい!知っているのですか?彼はあなたを助けようと罪をかぶろうとしたんです!お父さんが憲兵隊に連行されるのを黙って見ていられないなら真実を話してください!何だって?父さんが!?いや……俺は一体何をしてるんだ……あの日俺はコンサートをぶち壊すつもりだった。だが急遽演奏予定が変わるなんて思ってもみなかったんだ。
俺は計画通りに動くべきか迷ってしまって……そしたら突然、誰かが後ろに立っているのを感じたんだ。俺は驚いて冷や汗をかいた……その後のことについては、演奏会が突然中止になったことしか覚えていない……
事件発生時: 調査対象は自らの盲目的な崇拝を広めるべく、コンサートを妨害しようとしていた。しかし予想外の状況に彼は恐れ慄いた
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、当時あなたは計画を実行する前に、予想外の状況に出くわした……具体的なことを思い出しましたか?違う……俺がやったんじゃない!思い出した。俺がやる前に、後ろにいた奴がアーツを俺に放って……そのまま気を失ったんだよ……そいつがどんな姿だったかは覚えてないが……リンドナーは確かに演奏会を台無しにしようとしていたが、雑音を起こした真犯人は別にいた。 彼から得た手がかりにこれ以上進展はない。調査は終了した。

楽器屋店主

説明一瞬の思考
ミュラー男爵は楽器店を経営している。噂によるとこの店からは深夜に謎の騒音が響いたり、時には人間の絶叫まで聞こえ、演奏会の雑音を彷彿とさせるとのこと。しかし男爵はこれらを強く否定している。楽器屋の売り場はかなり広くカウンターにはホコリ一つない。男爵は手元にあるトロンボーンを磨いており、後ろの壁一面にはきらびやかな楽器がいくつも飾られていた。
QA一瞬の思考
男爵。大変恐縮ですが、先週の金曜日、何をされていたかお聞かせいただけますか?演奏会の件が私と一体何の関係があるというのですか?あの夜は店番をしていましたから、どこにも行っていません。時間になり店を閉めた後は、裏の部屋に戻って休んでいました。
中を見てみますか?
彼の言葉に怪しい点はなく、調査結果も彼が嘘をついていないことを証明している。 店内で騒音が鳴る時間は深夜だ
申し訳ありませんが、もう少し詳しくお聞かせください。深夜0時頃は普段、何をされていますか?いい加減にしてくれませんか?その時間は……いつもちょうどバスルームでシャワーを浴びています。申し訳ありませんが、証明できる人はいません。これで満足ですか?回答の際に明らかな間があった。カウンターの下に、本のページが破れたものが落ちていて、歌唱テクニックや歌のための音階が書かれている。歌に興味があったというのは初耳だ
ところで、男爵。あなたは声楽にご興味があるのですか?な、なぜそんなことを……えーっと、ゴホンゴホンッ、つまりですね……まあ、確かに歌という芸術形式にいくらか興味はありますが……ただ……鑑賞しているだけです。
そう、名曲のフレーズを鑑賞し、一言二言続いて口ずさむ程度です……あなたが調査している事件とは無関係であると保証します。
騒音発生時:調査対象は「歌」により騒音を発生させていると思われる。彼は自らの歌唱力を向上させることを望んでおり、そのことに非常に興味がある
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あなたの部屋から出る騒音は、あなた自身の興味が生み出したものですね。この騒音に一体何の意味があるのですか?なんと……なんと容赦のないことをおっしゃる!
自分の声が美しくない自覚はあります。ですがシャワーを浴びているとつい、高らかに歌いたくなってしまうのです……この感覚、わかりませんか?歌唱力を上げたくて、私は頑張っているだけなのに……
ミュラー男爵はひどくショックを受けてしまったようだ。 彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

芸術誌の編集者

説明一瞬の思考
ヒートン子爵は『双塔芸術』の編集者である。芸術をこよなく愛しており、芸術界の権威を自称している。彼は演奏会の現場で雑音が響いた時に、顔を隠して人混みから離れる姿を目撃されている。彼は落ち着いた様子でこちらを見つめ、質問を待っていた。胸元の家紋が彼の貴族としての身分を示している
QA一瞬の思考
早速本題に入りましょう。子爵、あなたは当時演奏会場で何か特別なことに気付きませんでしたか?残念ながら、あなたのお力にはなれません。特段、変わったところがあったようには思えないからです。彼の口調は穏やかで理屈にも綻びはない、まるで事前に準備ができているかのようだ。彼の後ろにある本棚にはたくさんのレコードと芸術書籍がしまわれている
芸術に……特に音楽に精通しているのですよね。あの日演奏された作品、幻想曲『エデンヘーエの冬』はどのように評価されていますか?ああ、あれは大変素晴らしかったよ!どこか物悲しく柔らかなフレーズと、形容しがたい旋律はまるでエデンヘーエの雪のようだった。あなたも是非一度、鑑賞しに行くべきだ。音楽について語る時、まるで今まさにその音に浸っているかのような恍惚の表情をしていた。当時の状況よりも作品自体について触れたほうが、欲しい情報を得られるかもしれない。
それでは、第三楽章に登場したフェールという偉大な女性の生き生きとした描写については覚えてらっしゃると思います。それについてどう思われますか?あぁ、フェール。彼女のことは終生忘れないだろう。彼女は運命と戦った末に一族とともに高塔を去る決断をし、降りしきる雪の中へと歩み出す、あの瞬間といったら……本来であれば涙をとめどなく流す情景だったはずです!あの雑音さえなければ……事件発生時:調査対象は音楽に熱中し、感動で涙を溢れさせようとしていた。適切な鍵の旋律で当時の気持ちを再現しよう。この人は物語の登場人物に共感し、悲しみに浸っていた。知識の欲がより適しているかもしれない
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、当時のあなたは音楽に深く感銘を受けていました。しかし雑音が鳴った時、あなたは人混みを避けた。当時の状況を思い出せましたか?ああいう状況でしたから、何もなければ私は感動で静かに涙を流しているはずでした……しかし演奏会が突然台無しにされて誰もが辺りを見渡し始めたのです。それがまずかった。私は絶対に……泣いている姿を人に見られるわけにはいかないのですから!『双塔芸術』の編集者として、そんな印象を与えるわけにはいかないのです……ヒートン子爵は自己陶酔の世界に深く浸ってしまった。彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

憲兵・ジンメル

説明一瞬の思考
ジンメルさんはウィーン区の治安維持を担当する憲兵だ。演奏会にて雑音を起こした犯人を捕まえたと言っているが、その人物に会わせてくれない。彼から渡された取り調べ報告書は冤罪と嘘に満ちていた。今は調査よりも、「犯人」の身の安全の方が気になる。
QA一瞬の思考
この取り調べ報告書には目を通しました……どのようにして容疑者を見つけたのか教えていただけますか?そんなことを知る必要があるのか?まったく面倒だな……あいつは現場でこそこそしていた上に感染者だった。憲兵としての長年の直感から、目をつけたのだ。フンッ、感染者の連中のことはよく理解している。都市の事件の半分以上が感染者によるものだと断言していい。彼はそう断定するが、視線はよそを向いている。彼は誤魔化そうとしている。 より詳細に聞いて、矛盾点を見つける必要がある。
もっと詳しく教えていただけますか?例えば、現行犯をどう捕まえたのかとか、どのようにして逮捕に至ったのかとかを聞かせていただけませんか?奴がこそこそ邪悪なアーツ装置を取り出し、何か悪だくみしてるのが見えたんだ。耳障りな騒音はそこが発信源だった。だから奴が無防備になった隙に、制圧したんだよ。あいつのアーツなんざ私の前では無意味だったよ……ゴホンゴホンッ、少し喋りすぎた。私は普段控えめな性格なのだがな。真っ赤な嘘だ。 調査によると、演奏会で雑音が鳴る前に、彼と感染者が争っていたのを目撃した人がいる
感染者について話していましたが、ウィーン区の感染者政策についてどう思われますか?演奏会でも彼らをよく見ますが……フンッ、不潔で狡猾な奴らだよ本当に。特に演奏会では……あいつらの耳障りな呼吸が音楽に対する侮辱に感じるほどだ!お偉いさんがなぜ連中に遠慮してるかは知らんが、俺は違う!憲兵として、害虫どもを大衆から遠ざける義務がある。ヤツらに反抗はさせん!真相:調査対象は感染者を敵視しており衝突が発生していた。彼の無礼な要求を感染者が拒絶したのだが、それは憲兵の権威に逆らう行為だと見なされた
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あなたは演奏会の現場で憲兵の職権を乱用し、感染者を追い出せないことから報復のつもりで罪を着せて逮捕した……ご自身の行為を恥とは思わないのですか?恥……ハハハ、なぜそう思う必要がある?私の一族は代々高塔に仕える術師だった。だが、私だけアーツの才に恵まれず、芸術の真髄も理解できなかったのだ。おかげで憲兵に身を落とすしかなかったというのに……ヤツらは身体に石が生えてきたというだけでアーツが使えるだと?おかしいだろ!そんなの理不尽だろ?逮捕された感染者を助け出し、憲兵ジンメルは罰を受けた。 彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

彫刻家

説明一瞬の思考
ヘルムートさんは優れた彫刻家であり、ルートン区にある工場で女帝の祭典に向けて彫像の制作をしていた。彼は演奏会の現場で異常な行動を起こし、大声で泣き叫んだことによって「騒ぎを起こした疑い」で憲兵に逮捕された。それから彼は雇用許可がないことも発覚した。彼にはいくつか疑わしい点があるようだ。憲兵隊の取調室にいるにもかかわらず、彼は驚くほど冷静だった。
QA一瞬の思考
ヘルムートさんですね?数点、お尋ねしたいことがあります。事件発生当時、あなたは何をされていましたか?落とした彫刻刀を探していた。通路上を一箇所ずつ隈なくだ。確かなのは道中失くしたことだけだったが、演奏会が終わる前に見つけたかった。あの不調和な音が鳴った後で、憲兵が目の前に現れ、俺の動きが怪しいって、取り調べが必要だって言われたんだ。表情には何の変化もない。彼の一族はずっと彫刻に携わっており、彼の祖父はかつて多くの高塔において賓客としてもてなされた。しかし女帝が双塔の主人になってから彼の家は平民であることから上流社会に受け入れられず、その地位は急落した
ちゃんと説明すれば容疑は晴れそうですが、その後一体何が起きたんですか?何をなくしたのか聞かたから、俺は彫刻刀の説明をしたんだよ――ガーネットとシエスタ産の黒曜石で装飾された、父に貰ったものだと。だがあいつらは俺の身分でそんなもの持ってるはずがない、連行して調査をする必要があるだなんて言ってきたんだ。そこまで話すと、彼は突然首を垂れ笑いだした。その時になって私はようやく気付いた。彼は冷静なのではなく、感性がおそらく麻痺してしまっているのだと。
一つわからないことがあります……当時あなたはなぜ泣いていたのですか?いや、誰かと争ったとかそういうのじゃない。何も起きてないんだが……目の前の人がみるみる増えていくのを見て、ふと、俺は永遠にあの彫刻刀を見つけられないのかもしれないと思ったんだ。
もしそうなったら、仕事を続けられなくなるし、給料も貰えなくなって、抑制剤を買えなくなる……だから大声で泣き叫んだんだ。そしたら憲兵に捕まった……
事件発生時:調査対象はなくした彫刻刀を探しており見つからないとわかって号泣していた
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あなたは確かに雑音とは無関係です。あなたの悲しみは理解できますが、無くしたものはもう取り戻せません……大変申し訳ありません。俺の彫刻刀は当時の貴族が祖父に贈ったものなんだ。祖父は都市で一番腕のいい彫刻家だった。
その後、ここはツヴィリングトゥルムという名になり、俺の父は高塔を追い出され、俺もアトリエを追い出された。生きるために、俺は害虫みたいに隠れて働くしかなかったんだ……わからない、なんでこうなっちまったんだ……
憲兵隊にヘルムートさんを解放するよう働きかけ助けたが、彼の精神はもう崩壊しているようだ。彼からも有益な手がかりを得られないまま、調査は終了した。

謎の術師

説明一瞬の思考
この正体不明の術師はこれまで何度も野外演奏会の現場に姿を現しており、その行動範囲は区内全域にまで及ぶ。彼女が事件に関係している直接的な証拠はないが、調査の必要がある。彼女と会うのに随分と苦労を要した。かすかな蝋燭の火が薄暗い部屋の一角を照らす。光が揺れると、影の中からマスクがひっそりと浮かび上がった。
QA一瞬の思考
こ……こんにちは。私がここに来た理由はご存知ですよね。あなたはよく演奏会に行かれるようですが……何か変わったことに気付きませんでしたか?あなた方が追っているあの雑音は……私とは関係ない。あれは凡人が捏造した騒音にすぎず、私の興味を引くことはない。虚ろな、感情を見出せない声が響いた。術師の口から何かを聞き出すには、もっと論旨が明確な質問をする必要があるようだ。
では……あなたはとりわけ野外演奏会が好きで、曲目やテーマを選んだりはしないようですが、きっとその中にはさぞご興味を引くものがあるのでしょう?凡庸な捜査員だけが尋問に頼り真相を得ようとする……フッ、あなたになら話しても別に構わない。私の先生が道を示してくれた。その教えに従って、自らの根源に通ずる想像の及ばない力を見つけようとしているのだ。術師は話している最中、あるものをギュッと握った。それはお守りのようだ。さらに詳しく話を聞く必要がある。
それはどのような力ですか?……階段だ。私が高塔を登り続け、この上ない偉業を成すのに役立つ。先生のアーツの光の中で私はこのような予言を得た。ゆえに探している。だが……今でも、その予言されたものは見つからない。果てしない霧の中を歩いているようで、つい、目がうるんでしまう……事件発生時:調査対象は自らも正体を把握できていない何かを探していた。それがさらなる成果に繋がると彼女は固く信じているが、見つからず涙を流した
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、あなたは確かに雑音に全く興味がない。あなたが今探しているのは……ご自身が失ったものかもしれません。何か思い出せますか?ぬくもりが……どうしてここから?このお守りに、なぜこれほどのぬくもりが?まるで……毛布に包まれ、母の腕に抱かれているみたいだ。しかし続けて別れが訪れ……悲しみが涙となって雨のように降り、私を濡らす。私は一体何を探しているんだ……術師はお守りを強く握りしめた。マスクに隠されて、その表情を窺い知ることはできない。 彼女からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

保安官・フィッシャー

説明一瞬の思考
フィッシャーさんはルートン区の憲兵だ。工場地帯のチャリティー演奏会で騒音を起こした者を発見したが、相手が事前に準備していたため、逃げられてしまったのだと言っている。その経験を基に、彼は調査に多くの人員を申請しようとしている。10分ほど待って、彼はようやく話を切り上げ、私が持っている封筒に対して形ばかりの礼をして見せた。その間、彼がこちらにまともに視線を向けることはなかった。
QA一瞬の思考
この前お話した件で来ました。例の事件を起こした者について詳しく教えていただけますか?おや、以前の説明では不十分でしたか?奴らは巫王派の残党で強力なアーツを操る者でした。だから私から逃げ切ることができたのです。彼らは複数の騒動を起こす計画を綿密に練っていました。それ以外にお教えできることはありません。何しろ私もこれから調査を行いますのでね、探偵さん。彼は襟を正すと、身を翻して立ち去ろうとした。 上の人間が近頃巫王派の残党をますます問題視しているため、多くの末端の憲兵が残党を捕まえることを昇進のチャンスと捉えており、少しの噂でも大ごとになる。
待っていただけますか。申し訳ありませんが、もう一つお聞きしたいことがあります。その騒ぎを起こした者をどうやって発見したんですか?ど、どうやってって?コホン……それはもちろんあれですよ?やつらは人混みに紛れて、汚いローブの中でアーツを操り、冒涜の雑音を鳴らしたのを見たんです。
他の者は騙せても、私の目は誤魔化せないのです!クソッ、あの時もう少し早く動いていれば、捕まえられたのに!
質問された後、彼の目は明らかに狼狽えていた。こちらの質問に対して全く準備ができていなかったようだ
どうやって彼を捕まえようとしたんですか、もう少し詳しく聞かせていただけますか?わ……私は追いかけながら、彼のアーツを防いでました。彼は私が進むのをあらゆる手を尽くして阻もうとしましたが、それでも私は捨て身で追いかけました。その後彼は……そう、彼は急に方向を変えて、えーと、どこに隠れたっけ……
いいですか、ここであなたと無駄話をしている暇なんてないのです。すぐに人を連れて捜査に行かなければなりません!
事件発生時:調査対象は本人が言う通り、犯人を追っていたのかもしれない。しかしその時彼はきっと自分の将来について想像を巡らせていたのだろう。
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、当時あなたは目前に迫った素晴らしい未来に浮かれていたのでしょう。それがあなたの犯人を追う速度に影響を与えたのかもしれません。恐らく、さらに調査すれば分かるでしょう。待って!お願いです!正直に話しますから……他の人に言わないでください。
わ……私が追っていたのは、巫王派の残党ではありません。ただのこそ泥だったんです。でも逃げられてしまって、仕方なく……分かってくれますよね?私はあなたを信じます……何も起きていないことにして、このまま調査を続けてくれませんか。
私は彼の要求を無視し、事件のいきさつを捏造したとを憲兵隊に報告した。 彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。

宝石店の店主

説明一瞬の思考
ムージルさんはドッペルホーン区にて百年の歴史を持つ老舗のジュエリーショップを営んでいる。最近演奏会で起きた事件は、彼がかつて遭遇した事件と類似する点があり、両者には関連性があると主張している。黄色の明るい照明が長年修理されていない台を照らし出しており、窓越しに店内の閑散とした様子がうかがえる。扉には「売物件」の張り紙が出ている。
QA一瞬の思考
ムージルさんですか?以前もお伺いしましたが、先日仰っていた例の事件について詳細を教えていただけますか?おお、あなたでしたか。随分と待ちましたよ……あれはだいぶ昔のことですが、今でもはっきり覚えています。この店もあの頃はまだドッペルホーン区有数のジュエリーショップだったんですよ。うち一番のお宝はあの有名な「青を湛えた星」という宝石でした。あの深く純粋な青色は一目見ただけで……「青を湛えた星」は、かつてとある地位の高い貴族が購入する予定であった。しかし公開展示の最後の晩に盗まれてしまった。有名な話で、新しい知見は得られそうにない。できるだけ早く有益な情報を手に入れなければ。
そのお話は存じ上げています。「青を湛えた星」は盗まれたのですよね。それが具体的に今回の事件とどう関係しているのですか?「青を湛えた星」が盗まれたあの晩、ちょうど都市楽団を招いて演奏していただいていたのですが、演奏が最も盛り上がったその時突然、極めて酷い騒音が鳴り、現場は騒然としました。そして「青を湛えた星」が大衆の眼前で消えたのです!あの騒音と先日の例の雑音は全く同じです。あの時の泥棒はきっとあなた方が調べている人物に違いありません!彼の言っていることは当時聞いた話と似ていた。しかし雑音に関する部分については初耳だ。当時はとあるサルゴンの闇商人が「青を湛えた星」を購入しようとし、その納品日も宝石が奪われた日が一致していたが、取引は最終的に成立しなかった
ところで、こちらもちょっとした情報を持っていまして、こんな話はご存知でしょうか。盗まれた「青を湛えた星」は、実はサルゴンに流れ着いていたと……サルゴン?ありえません!あの日、私は自ら宝石を箱に入れ、この手で運んだのですよ。しかし商品の確認をした時には、箱の中身が普通の石になってしまっていたんです!ちょうど、会場に仕掛けた目くらましのアーツも破られていましたが……
まさかサルゴンの奴らが中身をすり替えて、私を陥れたということでしょうか?
当時の真相:調査対象は宝石を密かに売るために窃盗事件を偽装したが、なんと宝石はすり替えられていた
適切な鍵の旋律が奏でられた。調査対象の心の扉が開かれて、記憶が蘇っていく。
旋律が示したように、そしてあなた自身が仰ったように、あなたは買い手との約束に背き、窃盗事件を装って、高値で宝石を売ろうとしていた。しかし予想外にもその背後に泥棒がいた……これは自業自得です。そうではありませんか?あのトラブルがなければ、私はとっくに大金持ちになっていて、こんなに落ちぶれることもなかったというのに……
正直に言いましょう。「演奏会の雑音は誰かがムージルの店の宝石を盗むためのもの」、この話を広めてもらいたいのです。そうすれば、商談がひっきりなしにやってくるはず。それから質の悪い宝石を綺麗にラッピングして売りさえすれば、そうですね……その時は7割の分け前をあげましょう……
ムージルさんは扉の張り紙を「売物件(今なら値引き交渉可)」に書き換えていた。 彼からは有益な手がかりを得られず、調査は終了した。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-15 (水) 01:02:53