統合戦略 > 探索者と銀氷の果て


統合戦略#4「探索者と銀氷の果て」

探索者と銀氷の果て.png

物資の準備が整い、人員も集結した。
探索者たちはサーミ最南端の都市から出発し、北へと進路を取る。
サーミを横断し、氷原を越えるその旅路によって、
ヴェールに包まれた未知の領域がついに明かされる。



公式X情報まとめ Edit Edit

+

開く

概要 Edit Edit

公式ニュース
特設情報サイト
大陸版wiki:PRTSwiki


所謂ローグライク(ローグライト)形式の常設コンテンツ。探索ごとに手持ちの戦力がリセットされるのが大きな特徴。
職業が指定された「招集券」がランダムに手に入り、「希望」を消費することでその職業の中からオペレーターを選んで招集できる。
招集したオペレーターは最大レベルでも昇進1の状態であり、昇進2の状態にするためにも「希望」が必要となる。

様々なランダムイベントが発生する氷原で戦力を整え、最深部を目指そう。

+

プロローグ

+

イベントPV

+

特別PV「サーミ:接触」

更新記録 Edit Edit

グローバル版実装日時大陸版実装日次内容
2024/03/052023/07/13【正式実装】
科学考察記録:LV50まで実装
探索者記録「探り足」──マゼラン実装
2024/04/012023/08/01科学考察記録:LV65まで拡張
探索者記録「直視」──ティフォン更新
2024/05/012023/09/01科学考察記録:LV80まで拡張
探索者記録「別れ」──サンタラ更新
+

大陸版での更新履歴

基本事項 Edit Edit

  • 参加条件:
    「3-8 黄昏」クリア
  • 本イベントのシナリオはオムニバスストーリー「樹影にて眠る」からの続きとなっている。テーマ挑戦前にこのシナリオを閲覧しておく事を推奨する。
    オムニバスストーリーは事象の欠片でエピソード解放が可能なので、イベントに参加出来なかったドクターでもシナリオを確認出来るようになっている。

統合戦略#3「ミヅキと紺碧の樹」からの主な変更点 Edit Edit

よくある質問 Edit Edit

Q. 統合戦略#2、#3からの引き継ぎはある?

一切ありません。
秘宝や分隊の開放も、投資システムも、強化要素も、すべて0からスタートです。
また、#4から他の統合戦略に影響を及ぼすような要素もありません。

Q. 科学考察記録がレベル上限になったけど、生態標本は溜めておける?

レベル上限に達していると、生態標本は稼げなくなります。
溢れた分の持ち越しもできず無駄になるだけです。

Q. 探索者記録って何すれば報酬取り切れる?

各探索者記録ごとの任務達成で依頼報酬(各種素材と生態標本)、5層到達で隊員インタビュー(取材対象オペレーターのストーリー)が全解放出来ます。
任務の進行状況は探索に失敗しても引き継がれるため、深層まで進めなくとも報酬は得られます。
エンディングまでプレイする必要はないため、報酬だけ欲しい人は任務のカウントを進める→撤退して探索終了を繰り返しても構いません。

Q. 条件を満たしたはずなのに秘宝/分隊が解放されない

探索者記録でプレイしている可能性があります。探索者記録では条件を満たしても秘宝/分隊のアンロックがされないので通常探索をプレイしましょう。
探索者記録でクリアしても別ルートの解放は出来ません!詳細は隠しステージを参照

Q. 5層裏・6層のフラグイベントが出ない

今回は特定の非戦闘スポットから隠しルートへ行くことができます。思わぬ遭遇ではフラグイベントは出ません。
5層裏は「失い得る」、6層は「先ゆく者」を探しましょう。
なお、どちらも「異文化研究」で解放しておくか、啓示板でスポットを書き換えて出現させる必要があります。
詳細は隠しステージを参照。

Q. 初回入場時のストーリーは見返せないの?

ゲーム内で見返す手段はありません。
もう一度見たい方はこのページの概要に動画があります。

Q. 生垣の迷路から「深埋の迷境」に入ったときの環境変化を見逃した

一度、マップ画面から離脱して統合戦略#4のトップ画面に戻り、再度探索を始めると確認できます。

Q. 分隊ごとのクリアマークの色が違って見える

今回はエンディング到達時の難易度により色が変化します。0~3、4~9、10~15の3段階です。
詳細はこちら

統合戦略の流れ Edit Edit

基本的な進め方については統合戦略のページを参照

難易度 Edit Edit

#3同様に段階的な難易度システムを採用。
難易度が上がるごとに難易度ごとの追加条件が積み重なっていくが、スコア倍率が上がる。
今回は最低難易度でも秘宝・分隊を解放できる。

自然の猛威
等級追加条件敵の強さスコア倍率修辞付与確率
0初期最大耐久値が比較的に高い。パラダイムロストの進行が緩やかになる--40%-
1崩壊値が12を上回るとき、パラダイムロストが進行しやすくなる--20%-
2初期最大耐久値-4-±0%-
3作戦を完璧にクリアできなかった場合、追加で崩壊値+1-+10%5%
4敵【エリート】の攻撃力+10%-+20%7.5%
5全ての敵の攻撃力+5%、HP+5%+1%+25%10%
6★4以上のオペレーターを招集する際に消費する希望+1+2%+30%12.5%
7全ての敵の防御力+10%+3%+35%15%
8全ての敵の受ける物理・術ダメージ-5%+4%+40%17.5%
9同時配置可能人数-1+5%+45%20%
10全ての敵の攻撃力+10%+6%+50%20%
11敵【ボス】の受ける物理・術ダメージ-5%+8%+50%20%
12第1、3、5層突入時、耐干渉指数-1
(【コンテンツ追加II】実装後に追加)低確率で5層以降の【悪路凶敵】が強化版に変化
+10%+50%20%
13敵【エリート】・【ボス】の受ける物理・術ダメージ-5%+12%+50%20%
14全ての敵の防御力+5%、HP+5%+14%+50%20%
15全ての敵の攻撃力、防御力、HP+10%、新しいエリアに突入するたび、追加で崩壊値+1+16%+50%20%

最初は<自然の猛威・0>のみ選択可能。エンディングに到達すると一つ上の難易度がアンロックされる。
難易度3以上では「啓示板」に「修辞」効果が付与されることがある。
難易度3~5は「寒冷化」、6~8は「凍土化」、9~15は「極地化」環境となり、一部秘宝の性能が強化される。
「異文化研究」で該当するノードを解放している場合、難易度3以上で「鼷獣が集めた貯蓄」、難易度6以上で「羽獣が落した琥珀」、難易度9以上で「角獣が残した獣道」の強化効果がそれぞれ有効になる。

#3からの大きな変更点として、従来の難易度EASYに当たる物が消滅している。
このため通常探索であればどの難易度に設定しても秘宝や分隊を解放できるようになっている。代わりに、最低難易度でも味方ステータスバフが無い。
スコア倍率にマイナス補正がかからなくなるのは<自然の猛威・2>からで、ここが実質的な難易度NORMALと言える。
また、難易度を上げて必要な希望+1になるのが★4からになったため、★3オペレーターが使いやすくなっている。

【敵の強さ】の分だけ、次の階層へ進むとき(第1層に進む場合も含む)に敵の攻撃力とHPが乗算で増える。深埋の迷境はカウントされない。
例)<自然の猛威・9>での第3層の敵の攻撃力とHPには(1+0.05)³=1.157625倍の補正がかかる。15の5層ともなれば2倍を超える。
そのため追加条件以上に難易度上昇率は高く、特に深層はもちろん、1層でも油断しているとあっさり抜かれてしまうことも多い。
スコア倍率は<自然の猛威・10>にて最大となるため、報酬目的であれば<自然の猛威・11>以上を選ぶ必要はない。
(勲章加工条件も<自然の猛威・10>でエンディング到達となっている)
ただし、エンディング到達時のアイコンは難易度で変化する(下記参照)

戦術分隊 Edit Edit

#4専用の戦術分隊が4つ追加。#3専用だった3つの分隊と、研究分隊が削除。

最初は「指揮分隊」しか開放されていない。

戦術分隊の詳細な解説や、おすすめの戦術分隊についてはこちら

  画像  名前効果開放条件
ej1001.png永久狩猟分隊最大耐久値+2、作戦を完璧にクリアできなかった場合は追加で崩壊値+1、作戦を完璧にクリアできた場合は崩壊値-2異文化研究」で【認知の限界】を解放する
ej1002.png生活重視分隊初期状態でランダムな啓示板を3つ所持、遠見をする際に啓示板が必ず出現する異文化研究」で【交流パラダイム】を解放する
ej1003.png科学主義分隊探査装置の初期耐干渉指数は0。新しいエリアに進むたび、耐干渉指数+2異文化研究」で【目的合理性】を解放する
ej1004.png特訓分隊初期シールド値+3、オペレーター昇進時に希望を消費しない指揮経験値を累積1000獲得する
ユニットb1.png指揮分隊最大耐久値+2、戦闘終了時に追加で耐久値を1回復する最初から開放済
ユニットb2.png集団分隊編成上限+2、同時配置可能人数+2第三層【夜明けの凍土】を通過する
ユニットb3.png支援分隊初期源石錐+20、初期希望+2源石錐を累計200個獲得する
ユニットb4.png先鋒分隊初期耐久値が1になる。味方全員の攻撃力+15%、最大HP+15%
(※最大耐久値は1にならない)
耐久値が残り10以上の状態でエンディングに到達する
ユニットb5.png突撃戦術分隊★4以上の【先鋒】・【前衛】を招集時に消費する希望-2、昇進時に消費する希望-1、昇進招集の確率が大幅に上昇合計5名以上の【先鋒】・【前衛】を擁する状態でエンディングに到達する
ユニットb6.png要塞戦術分隊★4以上の【重装】・【補助】を招集時に消費する希望-2、昇進時に消費する希望-1、昇進招集の確率が大幅に上昇合計5名以上の【重装】・【補助】を擁する状態でエンディングに到達する
ユニットb7.png援護戦術分隊★4以上の【医療】・【狙撃】を招集時に消費する希望-2、昇進時に消費する希望-1、昇進招集の確率が大幅に上昇合計5名以上の【医療】・【狙撃】を擁する状態でエンディングに到達する
ユニットb8.png破壊戦術分隊★4以上の【術師】・【特殊】を招集時に消費する希望-2、昇進時に消費する希望-1、昇進招集の確率が大幅に上昇合計5名以上の【特殊】・【術師】を擁する状態でエンディングに到達する
ユニットb10.png高規格分隊初回招集時にランダムな精鋭招集券を追加で一枚獲得、(★5臨時契約が必ず出現)
★5昇進招集の確率が大幅に上昇
探索隊員を15名以上擁する状態でエンディングに到達する

通常探索でエンディングに到達した分隊には、選択画面で以下のアイコンが表示される。
※アイコンが増えるのは1回のエンディングで1つだけである。5層裏ボス→6層ボスと倒しても【深淵からの一瞥】のアイコンしか付かない。


到達時の難易度によってアイコンの色が変化する。

等級条件
0~34~910~15
ejc11.pngejc12.pngejc13.pngこの分隊を使用し【山々を越えて】をクリア
ejc21.pngejc22.pngejc23.pngこの分隊を使用し【冬夜来たる】をクリア
ejc31.pngejc32.pngejc33.pngこの分隊を使用し【深淵からの一瞥】をクリア

【コンテンツ追加II】実装後は、12~15のアイコンが追加され、元の10~15のアイコンは10~11で表示されるようになる。
なお到達難易度は記録されており、12以上でクリアしていた分隊は自動でアイコンが更新される。

+

【コンテンツ追加II】実装後

支援選択 Edit Edit

直前の探索で少なくとも第2層をクリアしていると、次の探索の開始時に報酬が入手できる。
以下の6つの中からランダムに表示される3つの選択肢より1つを選ぶことができる。
システム変更に伴い、#3で存在したダイス・鍵を入手する選択肢が削除されている。

選択肢  結果  
補給品を貰うシールド値+3
出撃前の演説をする希望+2
軍資金を貰う源石錐+5
おたからを買う源石錐を全て消費して、秘宝を1つ獲得
戦利品を回収する最大希望と所持希望を1消費して、ランダムに秘宝を1つ獲得
適当になんか貰う秘宝『電気ケトル』(最大耐久値+1、希望+1)を獲得

初期招集 Edit Edit

統合戦略#2から変更なし。

最初の招集は4種類のパターンの中から選択することができる。

  • 先手必勝
    招集券【先鋒】、招集券【狙撃】、招集券【特殊】
  • 攻守一体
    招集券【重装】、招集券【術師】、招集券【狙撃】
  • 前線支援
    招集券【前衛】、招集券【補助】、招集券【医療】
  • 自由自在
    ランダムな3枚の招集券(一枚は上級招集券(★4臨時契約が必ず出現)となる)
    探索を一度行うことでアンロックされる。
    ランダム性や上記3種以外の組み合わせを初手で求めるプレイヤー、手持ちが相当揃っていてどの職種でも対応出来るプレイヤー向け。

ステージの探索 Edit Edit

探索するダンジョンは5+2のエリアに分かれており、それぞれ違うマップを原則として左から右へ1つずつ進んで行く。
各スポットには様々なイベントが用意されており、状況に合わせ有利なルートを選択できるかも攻略の鍵となる。
終点はエリアごとに固定のイベントとなっており、終点をクリアすると次のエリアに進むことができる。

エリアテキスト終点
第1層第1層 初霜の湖沼自然の中へ分け入っていけば、水面には純白の新雪が降り、冷たい風が舟を揺らして、時間をついつい忘れてしまう。ROGUE TRADER
怪しい旅商人
第2層第2層 静謐な森森の中には角獣がしゃがみこんでおり、訪問者たちをひと時の休憩へといざなう。木々の落とす暗い影は音もなく雪を染めていたが、獲物はまだそれに気付いてはいなかった。WISH
願うままに
第3層第3層 夜明けの凍土骨身に染みる寒さの中、木々は少しずつ減っていき、黒きツンドラは点々と虹色の光を放っている。行き先を示す地図もない今、一体何を信じて進めばよいのだろう?THE ROOT
悪路凶敵
第4層第4層 凍てつく岩骸暗き北方へ向けられた探検家の視界は遮られた。強靭なるサーミが山々を持ち上げ、岩の如く冷たき戦士が高い壁を築き上げているのだ。それでも、前進を望むのか?WISH
願うままに
第5層第5層 汚れなき花園山々を越えたその先では、もはや生命の気配はない。太古の昔から今に至るまで、堅氷は数多の生き物を閉じ込めては、その骸から氷の花を咲かせてきた。THE ROOT
悪路凶敵
第6層第6層 遠見の巨構避けられぬ運命が氷原の果てに立ちはだかる。
この時、誰もがそれを目の当たりにするだろう。
THE ROOT
悪路凶敵
第?層第?層 深埋の迷境人が滅多に足を踏み入れない深き森の一角に、新たな客人がやってきた。大自然はそれを歓迎しないが、拒むようなこともない。???
  

第?層へは特殊イベント「生垣の迷路」から移動することが出来る。
第6層は特殊な条件をクリアしないと辿り着けない隠しステージとなっている。

+

【コンテンツ追加II】実装後

オペレーターの招集 Edit Edit

オペレーターは「招集券」によって使用できるようになる。
「招集券」は戦闘やイベントで入手できる。
招集時は昇進1状態に制限されており、再度招集することで昇進2にすることができる。
招集には「希望」が必要となる。
最初の招集に限り、戦友のオペレーターを招集することも可能★4以上だと当然希望は消費するが、複数オペレーターを戦友サポートで始めることもできる

レアリティ招集に必要な希望昇進に必要な希望
★★★まで0
★★★★21
★★★★★32
★★★★★★63

<自然の猛威・6>以上では、★4以上のオペレーターの招集に必要な希望+1。

+

招集券一覧

臨時契約 Edit Edit

(赤文字の)「臨時契約」の表記が付く「統合戦略専用のオペレーター」は「希望」を消費しない
★3オペレーターの予備隊員の強さは微妙だが、
稀に出現する、★5オペレーターであるSharpStormeyeTouchPithチューリップは優秀。招集できれば運が良いと言える。

上級招集券などでは(青文字の)「臨時契約」枠が出現する。通常の招集券でも稀に出現する。
「臨時契約」では希望を消費せずに招集できる。しかも、完凸LVMAX、2回目の招集すればスキル特化済モジュール装備済になる★4〜6オペレーターなので、ボス攻略の鍵となる主力キャラの昇進と択一であった場合を除いて基本的には優先して選んだ方が良い。
自身が所持しているか否か、育成しているかどうかは関係無く、常に最強の状態で招集される。

昇進招集 Edit Edit

精鋭招集券での招集および各戦術分隊での招集では、一部のオペレーターに昇進招集の表記が付き、初めから昇進済の状態で招集される。
対象はランダムで選ばれた★4以上の4~6名程であり、招集券で招集可能な範囲の全てのオペレーターが昇進済で招集出来る訳では無いが、希望と招集券を節約できるので基本的には選んだ方が良い。
あくまで昇進済状態で招集されるだけなので、対象のオペレーターを育成していなければ無意味。

エンディング Edit Edit

探索を終えると、リザルト画面が表示され、戦績に応じた数の生態標本「生態標本」と理性的視野「理性的視野」を入手できる。
生態標本生態標本は科学考察記録(報酬)の獲得に必要。
理性的視野理性的視野は異文化研究による強化に必要。
途中でゲームオーバーになっても報酬は貰えるので安心しよう。

+

「辺境裏面史」解放条件

+

リザルトテキスト

+

Signal Lost時Tips

各システム Edit Edit

探査設備と耐干渉指数 Edit Edit

ルート選択におけるバフデバフ。#2の「盲目」、#3の「呼び声:適応」に近い。
画面上部に表示される「耐干渉指数」という値によって、後続スポットの探査状況(どの程度詳細な情報を全体マップから確認可能か)に影響を与える。
スポットは以下の3つの状態に変化する。

  • 謎めいた予感or凶暴な予感:戦いがあるかどうかを大まかに見分けることしかできず、種類も見分けられなくなる。
    この状態では戦闘スポットがどのステージになるのか、緊急作戦なのかなども確認できず、行動開始してからしか分からない非常に危険な探査状態となっている。
    謎めいた予感(非戦闘)
     INFO.
      寒さで古傷が痛むが、少なくとも今のところは、この抜き身の刃に風が当たっているような感覚はない。
    凶暴な予感(戦闘)
     INFO.
      狩人が直感を有するように、獲物には弓を引く音が聞こえている。ただ、自分がどちら側なのかは、自分では分からない。
  • 通常探査状態:通常通り、スポットの種類を確認できる状態。
  • 全面観測状態:通常探査状態に加えて、スポットの一部の詳細情報(得られる報酬、購入できるアイテムなど)も表示された状態。
耐干渉指数機器状態探査効果
0装置故障直近のスポット含むすべてのスポットは謎めいた予感or凶暴な予感となる
1装置損傷直近のスポットのみが通常探査状態になり、それ以降のスポットは謎めいた予感or凶暴な予感となる
2
3動作正常直近のスポットとそれ以降の1つのスポットは通常探査状態になり、それ以降のスポットは謎めいた予感or凶暴な予感となる
4動作良好直近のスポットとそれ以降の2つのスポットは通常探査状態になり、それ以降のスポットは謎めいた予感or凶暴な予感となる
5
6プロ改装直近のスポットは全面観測状態になり、それ以降のすべてのスポットは通常探査状態となる

耐干渉指数の初期値は3。1点消費することで、上下のスポットに移動したり、「生垣の迷路」から第?層に入ることができる。
また、耐干渉指数はいくつかのイベントの選択肢にも影響を与える。

通常は6が最大値だが、秘宝「琥珀の傷痕」の入手時は6を超えて蓄積され、秘宝の効果で味方ステータスにバフがかかる。

崩壊値とパラダイムロスト Edit Edit

各イベント・戦闘内におけるデバフ。「崩壊値」がそのパラメータである。
探索開始時の崩壊値は0であるが、以下の場合に増加する。

  • 特定の「思わぬ遭遇」
  • 特定の秘宝の効果
  • 戦闘で耐久値が減少した後のリザルト時(+1) ※シールド値の減少は問題ない
  • 次の階層へ進む(第?層以外、第二層から毎層+3)

崩壊値がある程度蓄積されると、崩壊レベルが上昇する。
レベルが上昇すると、探索に不利な効果を与える「パラダイムロスト」が出現/進行することがある。
探索では最大4種類の異なるパラダイムロストが同時に出現する。

崩壊レベルレベルアップ必要崩壊値
自然の猛威・0自然の猛威・1以上
044
188
21212
31615
42018
52421
62823
73225
8----

一部のイベントや秘宝、啓示板で崩壊値を下げて崩壊レベルを下げると、パラダイムロストを除去することができる。
あくまで崩壊レベルを下げる必要があるため、崩壊値を減らしただけでは除去できない場合もある。
崩壊値をコントロールして、平穏に乗り切ろう。

パラダイムロスト一覧 Edit Edit

アイコン名称効果
paradigm1.png数的崩壊非戦闘スポットで希望・源石錐の消費、または崩壊値の上昇を選ぶ際、25%の確率で消費量、上昇値が1増加
このエリアでは数字同士の境目が曖昧になり、人々は自然数を識別する能力を失っている。
完全なる数的崩壊非戦闘スポットで希望・源石錐の消費、または崩壊値の上昇を選ぶ際、50%の確率で消費量、上昇値が2増加
数字の概念そのものが曖昧になり、人々は数字を扱う力を完全に失ってしまった。
paradigm2.png具現する崩壊戦場に4ヵ所の【国土】が出現。【国土】上の味方ユニットの攻撃速度-50
「国土」と呼ばれる現象が独りでに、かつ頻繁にこの大地に現れ始めた。
蔓延する崩壊戦場に8ヵ所の【国土】が出現。【国土】上の味方ユニットの攻撃速度-75
「国土」は、大気循環の速度に迫る勢いで急速に拡がっている。
paradigm3.png非直線移動全ての敵【崩壊体】の最大HP+15%、移動速度+15%
二点間の最短距離が、二つを結ぶ直線であるとは限らない。
非直線行動全ての敵【崩壊体】の最大HP+20%、移動速度+20%、攻撃速度+20*1
二点間の最速移動経路が、最速降下曲線通りだとは限らない。
paradigm4.png実体化する感情敵は5%の確率で最大HP+100%の状態で登場する
※発動した敵には赤いオーラが出現する
内なる感情の揺れが敵の養分となり、刺激剤となる……
実体化する恐怖敵は10%の確率で最大HP+100%の状態で登場する
※発動した敵には赤いオーラが出現する
心の奥底に在る負の感情が、実体を持った怪物となる……
paradigm5.png広義的社会パラドクス怪しい旅商人が提示する販売価格+25%
社会の定義が書き換えられ、その社会が生み出す物の価値も変動した。
広義的文化パラドクス怪しい旅商人が提示する販売価格+50%、レア商品(通常価格12・16)の販売価格+100%
文明が本質的に捻じ曲げられ、生み出された物すべての価値が常識を超えた状態へと変化した。
paradigm6.png気圧異常コストの自然回復速度-20%
気圧が局地的に乱高下を繰り返しており、軍事訓練を受けた人間以外は適応できずに行動が鈍くなっている。
気圧暴走コストの自然回復速度-40%
気圧が完全に無秩序な状態に陥っており、人々は身体的な不調を抱え、すべての作業が滞っている。
paradigm7.png接触性損傷全ての味方ユニットは配置時にHPの30%を失う
命はすべての行動の前提となるものであり、代償とされるものでもある。
接触性危機全ての味方ユニットは配置時にHPの60%を失う
命はすべての行動の前提となるものであり、死を迎えるうえでも必要となるものである。
paradigm8.png同期性消耗耐干渉指数減少時、最大耐久値-1
機械が損耗すれば、その使用者も傷を負う。
同期性喪失耐干渉指数減少時、最大耐久値-2
機械が使用者の一部と化しているかのように、その損耗は、使用者が受けた傷と同等のものになっている。
  

以上の8つのパラダイムロストのほか、2つの隠しパラダイムロストがあり、出現して初めて「異常現象報告書」に記録される。

+

隠しパラダイムロスト

啓示板 Edit Edit

探索中、啓示板を入手することがある。啓示板を組み合わせて宣告する(使用する)ことで、マップに干渉できる(スポットを書き換えたり有利な効果を追加したりできる)。
重要な点として、組み合わせに関わらず宣告すると崩壊値-1。これによりパラダイムロストを抑えられる。
啓示板を上手く活用することが探索を有利に進めるカギとなる。
なお、一部の啓示板は秘宝のようにロックされており、条件を満たしてアンロックしないと探索で入手できるようにならない。

啓示板は「構成」(エスター:Aestar)と「本因」(カーマ:Kvama)の2つのカテゴリーに分かれている。
単体では機能せず、「構成」と「本因」の二つを組み合わせることで効果を発揮する。
「構成」には指定できる/指定されるスポットの種類が記されており、「現在地から見て特定の位置(右隣など)にあるスポット」か、「現在の階層にある特定のスポット」のどちらかを対象に取る形になる。
「本因」には対象のスポットに付与する効果が記されている。
構成によって指定されたスポットを本因で変更したり、対応するスポットに進入/通過する際に追加報酬を得る。
複数の効果を積み重ねることができ、1つのスポットで得られる報酬に上限はない。
なお、ゲーム上で「通過後」に効果を得られると書かれた啓示板が存在するが、実際の効果発動タイミングは非戦闘スポットであれば進入直後、戦闘スポットであれば戦闘後の報酬として獲得する。

また、啓示板には他にもいくつかの効果がある。
啓示板は異なる種類(色)があり、同じ色の啓示板を組み合わせると、特別な「協語」効果が発生する。
<自然の猛威・3>以上の難易度では、啓示板に「修辞」効果が確率で付与され、啓示宣告時に追加効果が発生する。

啓示板の主な活用法はこちら

+

啓示板一覧

遠見 Edit Edit

1層を含め、新しい層に入る際サイクロプスによる遠見が行われ、その時点での崩壊レベルにより以下の効果が生じる。

  • 崩壊レベル2以下
    執念深き眼差しが今を貫き、おぼろげな未来が刹那の間照らされる
    啓示板が予告され、その層の突破時に入手できる。
    層を突破するまでは使用したり交換したりできない。
  • 崩壊レベル3以上
    悲しき瞳は厄災を見届け、歪んだ未来は光を飲み込まんとしている
    啓示板が予告されなくなり、次に出現/進行するパラダイムロストが予告される。
    生活重視分隊の場合、崩壊レベル3以上でも啓示板が予告され、その層の突破時に入手できる。

宝箱 Edit Edit

#3同様、戦闘ステージにランダムで宝箱(?)が配置されていることがある。破壊することで報酬を獲得できる。
宝箱には以下の3種類があり、見た目やタップ時の内容で攻撃前に判別出来る。

#3から変わった点として、動き出した敵が防衛ラインに侵入した際に耐久値が2減少するようになった
敵としての性能がシンプルに高い点は据え置きであり、倒せる見込みが無いのであれば手出しはしない方が良いだろう。

画像種類説明
treasurechest_1.png宝箱破壊すると源石錐を2個を入手。
treasurechest_2.pngトゲトゲ宝箱受けたダメージの40%で反撃する(確定ダメージ)。
破壊すると源石錐を4個を入手。
treasurechest_3.png巨殻のツルダメージを受けると動き出す
破壊すると源石錐を10個を入手。

投資システム Edit Edit

統合戦略#3と基本的なシステムは同じ。「怪しい旅商人」にて一定確率でキャノットに源石錐を投資することができる。
一定数投資するたびに対応する投資ボーナスが獲得でき、次回の探索から有効となる。
ただし、投資は一度にいくらでもできるわけではなく、投資中に「システムエラー」と表示されると、それ以上の投資が不可能になる。
投資不可となった場合、同探索中に「怪しい旅商人」を訪れても再度投資することはできない。
貯蓄残高と投資ボーナスの解放状態はトップ画面から確認可能。

統合戦略#2や#3で投資した分は持ち越されないため再度ゼロから貯める必要がある。
投資を引き出す際、1回目の引き出しに手数料はかからず、その後は1回ごとに1源石錐を引き出す際に手数料+1(つまり2回目の投資総額-2、3回目の投資総額-3……)。各【怪しい旅商人】に最大12回まで引き出しが可能。

投資325で解放される秘宝「キャノットの印」は「怪しい旅商人」で商品を1個買うか、「失い得る」で1件交換するたびに希望+1の効果。
#2の「金酒の杯」や#3の「裁判所の炎」のように戦闘に絡む秘宝ではないが、希望の獲得頻度の高さはじわじわ効いてくる。

源石錐
最高投資額
ボーナス
25「投資システム」で「残高引出」機能解放
100キャノットがコンテナを見せつけている……※
200「怪しい旅商人」の商品数が1つ増える※
325秘宝「キャノットの印」解放
500「怪しい旅商人」の商品数が1つ増える※

※詳細はイベント「怪しい旅商人」を参照。

異文化研究 Edit Edit

#3の「認知形成」に相当する恒常強化システム。

理性的視野理性的視野はスコアに基づいて一定の割合で得ることができる。
スコアは難易度のみに影響されるため、難易度が高いほどより早く解放できる。

探索を繰り返すことで得られるアイテムを使って強化を行う。システムとしては#3とおおむね同じ。
ただし#3のようなツリー式ではなく、#2のような左から順番に取得しPHASEを進めていく形式に戻っている。要求される理性的視野はPHASEごとに異なる。
PHASE1~3の最後には「大自然の憐み」の大ノードが存在しており、接続元のノードがどれか取得済みになれば自動的に取得される。この大ノード取得には理性的視野が不要。
強化の有無で大幅に難易度が変わる上、大ノードは一定以上の高難易度でのみ大きな恩恵を得られる効果を発動する。高難易度の攻略を目指す場合まずは異文化研究の完成を目指したい。

+

強化内容の詳細

探索モード Edit Edit

トップ画面の下部より、探索モードを切り替えられる。

通常探索 Edit Edit

その名の通り通常の探索モード。
探索を繰り返して生態標本「生態標本」と理性的視野「理性的視野」を集めよう。
生態標本を集めれば「科学考察記録」で報酬がもらえる。
理性的視野は「異文化研究」で使用し、探索を有利に進められるようになる。

探索者記録 Edit Edit

統合戦略#2の「月次小隊」や#3の「追憶映写」に相当する。通常探索を1回プレイすると選択可能になる。
月ごとに設定された固定のオペレーターと初期秘宝で挑戦するモード。難易度は常に<自然の猛威・0>相当
「取材対象」のオペレーター1人に焦点を当てた内容となっており、その1人+招集した2人のオペレーターで探索を開始する。
追加で招集できるオペレーターの招集券は月ごとに決められたパターンの中からランダムで表示される(同じ職業2つになる可能性がある月もある)。
固定編成の1人は「臨時招集」と同じように育成済のオペレーターを使用できるので、対象のオペレーターを育成する必要は無い。

#4では決められた任務内容を達成すれば報酬を入手できるように変更された。
任務の進行状況は探索に失敗しても引き継がれるため、深層まで進めなくとも報酬は得られる。

1層、3層、5層の開始時に取材対象の回想にあたる「隊員インタビュー」が解放される。
これまでに解放した隊員インタビューは「冬夜展示館」の「隊員インタビュー」で確認可能。
隊員インタビューの入手条件は特定層への到達(踏破ではない)であるため、4層までクリアし5層に入ってすぐ撤退しても解放できる。

統合戦略#4更新終了後に探索者記録は全て常設化されるため、報酬を取り逃しても後で回収できる。
ただし報酬の生態標本は入手できなくなる。

探索者記録モードでは、通常探索と異なり次の変更点がある。

  • 戦術分隊は突撃戦術分隊、要塞戦術分隊、援護戦術分隊、破壊戦術分隊、高規格分隊が使用出来ない。
  • 支援選択を受けられない。
  • 投資システムは使用不可。「怪しい旅商人」のラインナップ増枠も適用されない。
  • 「異文化研究」による強化は適用される。
  • 秘宝の解放条件に反映されない(解放済みの秘宝の獲得は可能)。
  • 対象ごとに決まった位置と内容で迂回出来ない「運命の導き」のスポットが1ヵ所固定発生する。
  • エンディングのリザルト画面は専用のものが表示される。生態標本は獲得できず、「今月の依頼」も達成できない。

報酬

全ての探索者記録で共通で、次のものが入手可能。
生態標本生態標本×1000
モジュールデータ×1
SoC強化剤×1
上級作戦記録×15
龍門幣×30,000

また、探索者記録ごとに特定の中級SoCが入手可能。
中級先鋒SoCx4 (「探り足」——マゼラン)
中級前衛SoCx4 (「直視」——ティフォン)
中級重装SoCx4 (「別れ」——サンタラ)

+

未実装

探索者記録一覧 Edit Edit

2024年3月

+

「探り足」——マゼラン

2024年4月

+

「直視」——ティフォン

2024年5月

+

「別れ」——サンタラ

+

未実装

多面探索 Edit Edit

+

未実装

隠しステージについて Edit Edit

+

裏ボス1(5層裏ボス)

+

裏ボス2(6層ボス)

+

日本版未実装・裏ボス3(¬ΔS層ボス)

任務 「今月の依頼」 Edit Edit

毎月更新されるマンスリー任務。達成すると「生態標本生態標本」を入手できる。
また、通常探索と同様生態標本生態標本の数に応じて理性的視野理性的視野も入手できる。
任務は難易度に応じてタイプA〜Cの3種に分かれており、タイプA1つ、タイプB1つ、タイプC2つの計4つが課せられる。
任務をすべて達成すると合計で生態標本生態標本×1000を入手できる。
任務内容が気に入らない場合は毎月4回まで変更することも可能。同タイプの依頼に更新される。
未達成のまま月を越した場合、進捗度合いは0にリセットされる。
統合戦略#4更新終了後は「今月の依頼」も更新されなくなり、挑戦もできなくなる。

+

任務一覧

報酬 「科学考察記録」 Edit Edit

生態標本生態標本を集めることでレベルが上がり、報酬を獲得出来る。
報酬は毎月追加されていき、#4の更新終了後も報酬の獲得は可能。
【コンテンツ追加II】の実装後、LVを1につき純正源石1個のレートで購入できるようになる。

+

生態標本入手数の計算式

メイン報酬 Edit Edit

LV
生態標本
報酬フレーバー
LV 25
x5450
IS4reward1.png
ヴァラルクビン
災いを監視するその部族は、氷原の辺境で千年の時を過ごしてきた。
彼らは運命を広く見渡しながらも、ただ失望を見せるのみだ。
悲劇からは逃れられないというのなら――
遥か北方より訪れたヴァラルクビンは、あなたをどこへ導くのだろうか?
LV 65
x19000
IS4reward2.png
プロファイルアイコン
「アンマーの慈悲」
かつて夢の中に現れ、そして氷雪にも投影されたかたち。
「それ」の視線は銀白なる凍土の祝福であり、その角は幾千万の運命の延長である。
森は今なお生い茂り、地上に生きる者たちは皆、その慈愛に満ちた眼差しを覚えている。
あなたとてそれは同じことだ。
LV 73
x22200
IS4reward3.png
家具パック
「サーミ風家具パックvol.1」
人々は最もロマンチックな想像力を用いて、過酷極まりない冬の夜に対抗し続けてきた。
自然と共に生きる暮らしは、決して疎かなものではない。
自らの夢に蝋燭を灯し、木々と石に庇護される中、安らかな眠りにつくのだ。
LV 80
x25000
IS4reward4.png
ティフォン専用コーデ
「北地の案内人」
氷原観測プロジェクトにより安定的なルートが確保され、他方で荒野の狩人は観測隊専属の用心棒となった。
しかし、その正式な手続きの第一段階で彼女は困惑してしまった。
「サーミにおけるサバイバル知識と地域文化に関する講義」とは、一体何なのだろう……?
LV 95
x31000
IS4reward5.png
ホームUIテーマ
「銀氷」
知識を深めることは危険を伴うものの、
あなたはサーミの文明と氷原の生態系に触れ続けることを選んだ。
見たこともない符号に、独自の交流方法。
未来に向けてのまったく新しい可能性だ。
LV 105
x35000
IS4reward6.png
家具パック
「サーミ風家具パックvol.2」
初めに火を手にした時から、人々は少しずつ、黒き森で厳しい寒さをしのぎながら生きる方法を学んできた。
自然を畏れ、自然に身を隠して。悠久の時が流れる間、変わりないのはサーミだけだ。
LV 110
x37000
IS4reward7.png
モジュールデータボックス*2
蓄積されたデータをまとめたものであり、システムエンジニアリングの賜物。
オペレーターの能力を強化し、戦い方の調整を補助することができる。
すぐに使い道を考えるべきか?
あるいは、今は鞄にしまい込み、より良い時期を待つべきだろうか?
LV 118
x40200
IS4reward8.png
家具
「前景」
地平線に屹立する被造物。
■■と探り合う■。
長久の運命の証人たる遺構。
人類が未来へと進むための■。
LV 125
x43000
IS4reward9.png
サンタラ専用コーデ
「悠然假日 HD71」
風雪を司りしシャーマンも、南の太陽の下ではただの人間だ。
恐らく彼女は、南に住まう友人たちより暑さを苦手としていることだろう。
サンタラは友の説得を聞き入れて、しばしの間、己の重苦しい思考を脇に置くことにした。
「過去」は消え去る運命にあるが、この大地では今もなお、枝先に命が芽吹いている。
LV 140
x49000
IS4reward10.png
プロファイルアイコン「“终古”」
小さき探索者は全霊を尽くし、
未来に通じる■を■■■■■。
白銀から■■へと至り、
今日の人類と■■■■■が同じ戦場に■■■■■。
LV 155
x55000
IS4reward11.png
ホーム画面背景「始发」
銀霜の下には、とうに運命の種子が深く埋められていた。
沈黙の円環は氷霜を払い、遥かな彼岸を再び臨まんと待っている。
いかなる時であれ、未知は、可能性は、星々の残響は存在するものだ。
人類の探究に終わりなどない。

報酬詳細 Edit Edit

+

開く

勲章 Edit Edit

功績勲章入手方法
説明
★★★mis4_1.png「忘れられし白銀」指定の功績勲章を11枚獲得
白銀の氷晶がはめ込まれた、澄んだ輝きを放つ勲章。
運命の種は固まった大地の奥深くに埋まっている。万物はいにしえより存在するが、人類は今ようやくそれをはっきりと捉えた。
mis4_2.png「北地を往く」統合戦略:探索者と銀氷の果てで200箇所のスポットを通過(通常探索もしくは探索者記録にて)
極寒を恐れることなく大地の隅々までを果敢に探索した者に贈られる勲章。
貴殿は幾つもの船を漕ぎ、何匹もの駄獣にまたがり、幾つもの木造ゴーレムの足取りを追って、幾度となく氷の上で足を取られてきた。
このすべてが貴殿にとって素敵な思い出になりますように。
★★mis4_3.png「理性による衝突」統合戦略:探索者と銀氷の果ての科学考察記録がレベル65に達する
貴殿たちの大量の寄稿をもとに作られた勲章。
観測隊が記録した現象すべてを完全に説明できる理論的な枠組みは今なお存在せず、自然そのものが「理由」を問うことなどない。
mis4_4.png「多様化研究設計」統合戦略:探索者と銀氷の果てで4つの戦術分隊を解放
多くの戦術分隊を解放したことを記念する勲章。
状況が許す限り多岐にわたる戦術分隊を組み、氷原のあらゆる挑戦に効率的に対処してきた証。
mis4_5.png「サーミの優しさ」統合戦略:探索者と銀氷の果てで啓示板を使って協語を30回発動させる
この大地に認められし者に贈られる勲章。
どんなに特別な言語であっても、それは互いに交流しようとする意志から生じたものである。身をかがめて大地へと近づけば、おのずと答えを得られるだろう。
mis4_6.png「探索者精神」統合戦略:探索者と銀氷の果てで累計40回オペレーターを招集(通常探索もしくは探索者記録にて)
これまでの観測員の報告をもとにデザインした記念勲章。
探索者の思考の中には、何物にも侵されぬ領域が存在するものだ。恐怖が未知より生まれるように、好奇心もまた未知より生まれてくる。
★★mis4_7.png「旅の記録」統合戦略:探索者と銀氷の果てで異なる探索者記録から3回依頼報酬を獲得
数多のオペレーターに向けたインタビューを終え、その記録を整理した者に贈られる勲章。
予言の本質とは、まとめられた無数の情報から導き出される結果であり、今やここには十分な数の情報が集められている。運命は貴殿と共にあり、その実現を静かに待っている。
mis4_8.png「温室の境目」統合戦略:探索者と銀氷の果てで夜明けの凍土を20回通過(通常探索もしくは探索者記録にて)
極寒の気候及びローテクな暮らしに少しずつ順応した者に贈られる勲章。
貴殿は現地の生活スタイルを学ぶことによって、自然を支配するのではなく、共に生きるすべを身に着けた。
★★mis4_9.png「運命の枝」統合戦略:探索者と銀氷の果てで2種類のエンドに到達(通常探索もしくは探索者記録にて)
二つの運命の予言が実現する瞬間を目撃した者に贈られる勲章。
ここにたどり着いた理由。それはサーミの意志の囁きを聞いたからなのかもしれない。サイクロプスが視た光景を目の当たりにしたからなのかもしれない。
はたまた、木々に沿って歩いていたからというだけのことかもしれない。
★★mis4_10.png「郷に入っては」統合戦略:探索者と銀氷の果ての祭儀用品一覧で100個の秘宝を所持
サーミの風習に精通し、民族誌を補完した者に贈られる勲章。
たび重なる訪問を経て、異なる角度から物事を見ることを学び、自身の中にある「文明」に対する定義が大きく変化した。
★★mis4_11.png「定め」統合戦略:探索者と銀氷の果てでヴァラルクビンを編成し10回戦闘に勝利(通常探索もしくは探索者記録にて)
隠遁していた洞窟から出る前に、ヴァラルクビンが用意した己の身分を表す勲章。
彼女の遠見によると、この勲章は彼女と共に氷原の最果てまでたどり着くことのできる者へと贈られるそうだ。そして今、その勲章は貴殿の手中にある。
★★mis4_12.png
mis4_13.png
「厄災と共に」統合戦略:探索者と銀氷の果てで<自然の猛威・4>をクリア
(加工条件) 統合戦略:探索者と銀氷の果てで<自然の猛威・10>をクリア
北地で生き抜くすべを身に着けた者へと贈られる勲章。
その旅に数千万の月日が費やされた以上、帰路もまた一日にしてならずである。氷原の奥深くで影に触れた貴殿は、限りある命の中でそれにどう対処するかを選ぶことになるだろう。
      

秘宝 Edit Edit

「秘宝」は所持しているだけで特殊効果をもたらす補助アイテム。所持状況は探索ごとにリセットされる。
統合戦略#2や#3から一部内容が変更されており、230種類の秘宝が登場する。
秘宝一覧
これまでに獲得した秘宝は「冬夜展示館」の「祭儀用品一覧」で確認可能。

一部の秘宝には特殊な解放条件が設定されているものがある。これらは条件を満たしてアンロックしてからでないと探索中に排出されない。
未解放の秘宝は「祭儀用品一覧」で名称とアイコンがマスクされ、解放条件のみ確認できる状態になっている。
探索中に解放条件を満たした秘宝は探索終了後に一覧表示され、アンロックした秘宝1つにつき生態標本生態標本25個を獲得する。
なお、探索者記録/多面探索では秘宝を解放できない。
「累計30名のオペレーターを招集する」のような回数が要件になっているものも、探索者記録/多面探索の場合はカウントされない。

秘宝はレアリティが3段階設定されている。
旅商人では低レアが源石錐8、中レアが源石錐12、高レアが源石錐16で取引される。一部のイベントでの、「特殊な秘宝」とは高レアを指す。
イベント入手以外の非売品は殆どが高レアなので、入手機会があったら選ぶと良いだろう。(もちろん非売品の低・中レアもある)

秘宝による強化は、恒常のものは基礎ステータスの値が変化する。複数の秘宝、異文化研究による強化とは加算となる。
(例:秘宝「折戟・鋒刃」(前衛攻撃力+25%)、秘宝「古参近衛隊の戦刃」(近距離攻撃力+35%)、異文化研究による強化(最大で攻撃力+20%)があった場合、前衛の攻撃力は+80%された状態で戦闘開始する)
強化が一時的なもの(スキル発動後1秒間の攻撃力+〇%など)は、直接乗算項のバフ扱いとなる。

イベント一覧 Edit Edit

戦闘となる、「作戦」、「緊急作戦」、「悪路凶敵」、
戦闘が起きずにアイテム入手か編成強化ができる「願うままに」、「安全な片隅」、「怪しい旅商人」、「一時の遊興」、
条件をこなせばアイテム入手か編成強化ができる「失い得る」、「先ゆく者」、
特殊イベントの「生垣の迷路」、
エンディング分岐に関わる「運命の導き」、
ランダムイベントの「思わぬ遭遇」がある。

発生するイベントの詳細は個別ページを参照。
イベント一覧

注意点

  • 選択肢は一度選ぶと戻れない。慎重に選ぼう。
  • 戦闘から撤退するとゲームオーバーになる。
    注意すべきなのは戦闘前後の回線エラー問答無用でゲームオーバーとなる。
    回線の良い場所でのプレイを心掛けよう。メンテナンスには要注意である。

COMBAT OPS. 作戦 Edit Edit

 INFO.
  全員が武器を持っている。話し合いに来たわけではあるまい。

通常の戦闘。深層ほど難易度が高くなり、敵が強くなる。
クリアすると、源石錐、招集券などが手に入り、稀に秘宝、耐久値回復、啓示板が手に入ることもある。
耐久値が0にならなければ良いので多少の敵を通してしまっても問題はないが、前述のとおり戦闘で耐久値が低下するとペナルティとして崩壊値が増加する。

指揮レベルの上昇に必要な経験値は戦闘を行わないと入手できない。
希望を増やす方法は基本的に「指揮レベルを上げる」ことなので、戦闘から逃げ続けることは戦力が増えないことを意味する。

スポットがエリアの最終地点にある場合、種類を変更することが出来ない。
全面観測状態の場合、クリア時に手に入る啓示板の内容が事前に判明する。

階層経験値源石錐
1102
2122
3142
4163
5203
6253

EMERGENCY OPS. 緊急作戦 Edit Edit

 INFO.
  予想を超える暴力があるかもしれないが、こんなことはよくあることだ。

特殊な条件が付いた状態での戦闘。通常の戦闘より敵のステータスが上がり、難易度が上昇している。
その他に敵が多く出現したり、敵がステルスなど特殊能力を獲得している場合もある。
クリア時は経験値と源石錐が多めに貰えるほか、確定で秘宝が手に入る

スポットがエリアの最終地点にある場合、種類を変更することが出来ない。
全面観測状態の場合、クリア時に手に入る啓示板の内容が事前に判明する。

階層経験値源石錐
1123
2183
3244
4304
5385
6455

THE ROOT 悪路凶敵 Edit Edit

 INFO.
  悪者、ごろつき、呪術の使い手……面倒なことになった。

ボス戦。統合戦略オリジナルのボス敵と3層、5層、6層の最後で戦うこととなる。
常に通常探査状態で出現し、スポットの種類を変更することが出来ない。
3層到達時にはどのボスを相手することになるか確認する癖をつけると良い。

全面観測状態の場合、クリア時に手に入る啓示板の内容が事前に判明する。

階層経験値源石錐
3325
5527
6728

ENCOUNTER 思わぬ遭遇 Edit Edit

 INFO.
  新しい友、宿怨の敵……邂逅は色褪せず、古くなるのは傷跡のみ。

ランダムイベント。
戦闘が発生するものや、隠しステージの開放に関わるものがある。
「思わぬ遭遇」で戦闘となる場合は「緊急作戦」となる。

全面観測状態の場合、発生するイベントで得られる主な結果が大まかにだが事前に判明する。

+

特殊戦闘の報酬量

SAFE HOUSE 安全な片隅 Edit Edit

 INFO.
  ここには邪魔する者はなく、食糧も水も揃っており、常に神経を張り詰めている必要もない。

#3から内容が変更されており、以下の6つの中からランダムに3つの選択肢が表示され、1つを選ぶことができる。
有用なオペレーターを所持していれば、希望消費無しで昇進できる「強化訓練を行う」がおすすめ。編成上限が厳しい場合はそちらもありがたい。

全面観測状態の場合、3つの選択肢のうちの1つが判明する。

選択肢結果
少し休息をとる最大耐久値+3
強化訓練を行う「上級補給配給券」獲得
オペレーターを1名昇進させる
士気を鼓舞する希望+3
編成を組み直す編成上限数+1
設備をメンテナンスする耐干渉指数+1
啓示を求めるランダムな啓示板を1個獲得

RECREATION 一時の遊興 Edit Edit

 INFO.
  ささやかな楽しみに頼って、長い旅路の中の煩わしさや苦難を乗り切ろう。

統合戦略#2の「幕間の余興」に相当。#4では3種類存在する。
源石錐や耐久値、耐干渉指数を消費することでランダムな報酬と交換できる。

全面観測状態の場合、実行に必要なリソースが何かが事前に判明する。

PROPHECY 運命の導き Edit Edit

 INFO.
  今歩んでいるのは道の上か、泥の中か、それとも雪の中だろうか?

今回の新規イベント。エンディング分岐に関わる物のみが分類されている。
常に通常探査状態であり、啓示板の対象にすることが出来ない。
今までの統合戦略で分岐を狙うのがあまりに運頼みだった点を考慮してか、意識しておけばほぼ確定で分岐を狙えるようになった。

「探索者記録」モードでは、固定の位置に「通常探索」モードでは出現しない「運命の導き」が1ヵ所出現する。
この「運命の導き」の内容は既存のイベントを基に、「取材対象」に関連する特別な選択肢が追加出現する。

WISH 願うままに Edit Edit

 INFO.
  願掛けのやり方は無数にあるが、願いそのものはどれもほとんど同じものだ。

#2の「古城の賜物」、#3の「海に願いを」に相当。ランダムでアンロック済みの秘宝を獲得する。
選択肢によってそれぞれランダムな秘宝が表示され、選んだ秘宝を獲得できる。今回のボブおじさん枠イベント。
初期状態では選択肢が1枠しか存在しないが、耐干渉指数が2以上、4以上、秘宝「四つ葉の化石」所持で1枠ずつ増える。

全面観測状態の場合、入手出来る秘宝が事前に判明する。

ROGUE TRADER 怪しい旅商人 Edit Edit

 INFO.
  盟友でも敵でもなく、真ん中に立ちたがるやつもいる。

ショップ。源石錐を消費することで秘宝などを入手できる。
凶悪な性能を持つ秘宝も稀に並ぶので、集めた源石錐で購入しよう。第1層の最後と、第6層の最初には必ず設置されている。
ショップ内では秘宝の購入や投資の他、源石錐を12支払って耐干渉指数を1獲得出来る。

投資システムにて投資額が100に達すると、ショップ画面の左下に「商品をタップしてみよう。」が表示される。
これを選び、値下げをしつこく「お願い」し続けるとキャノットを怒らせることができる。
(特殊な戦闘に突入する選択肢が出る。3層までは長期試用、4層以降は自然の掟に突入する)
戦闘勝利後は商品をすべてタダで獲得できるが、その探索中は以降の怪しい旅商人にキャノットが出現しなくなり何も購入できなくなる。
また、投資システムで投資額が200、500に達すると商品枠が1つずつ増える。

【異文化研究】でノードを取得している場合、1回だけ「投資」と「耐干渉指数増加」以外の商品内容を更新することができる。
全面観測状態の場合、販売している商品が部分的に事前判明する。

+

特殊戦闘の報酬量

※以下のイベントは【異文化研究】で対応する項目を解放すると自然出現するようになる

#3とは異なり対応する【異文化研究】の項目未開放でも、啓示板の効果によってスポットを書き換えて生成することができる。

LOST AND FOUND 失い得る Edit Edit

 INFO.
  喪失がもたらす空虚さと無力感は、何かを得る満足感と喜びによって満たされる。

#3の「風雨の奇縁」に近い新規イベント。持っている不要な秘宝や啓示板をランダムな秘宝や啓示板と交換することができる。
エンディングフラグに関わる秘宝や啓示板、戦術装置は交換不可。などの基本的な注意事項は#3とおおむね同じ。
ただし今回はそれ以外の秘宝であれば、獲得時のみ効果を発揮する秘宝であっても交換に出すことが可能
そういった秘宝でもきっちりレア度を参照してもらえるため、獲得時に大量の希望や源石錐を得られるレア秘宝があれば優先的に交換に回したいところ。
また編成上限や配置可能数を増加させる秘宝を交換に回しても増えたままになるので安心。希望や源石錐を取り上げられることもやはりないので交換し得と言える。

詳細な交換可否は秘宝一覧を参照のこと。
貰える秘宝や啓示板の価値は、交換に出した秘宝や啓示板のレアリティによって期待値が3段階に分かれている。
崩壊レベルが3以上の場合、秘宝であれば耐久値か源石錐を、啓示板であれば希望かシールド値を交換で貰う選択肢が追加で現れる。

条件を満たしていれば、崩壊値を4増加させ「傷跡」と「空無」の啓示板を獲得する選択肢が現れる。
崩壊レベルが5以上になっていれば、シールド値か希望を1獲得して特殊戦闘に突入することも出来る。

全面観測状態の場合、交換出来る対象が秘宝か啓示板のどちらかが事前に判明する。

SCOUT 先ゆく者 Edit Edit

 INFO.
  後続の者に道を示すためにも、誰かが先を往かねばならない。

#3の「緊急輸送」に近い新規イベント。オペレーターを派遣し、先行偵察させる。
出したオペレーターはその階層では使用出来なくなるが、次の階層へ移動した際に昇進状態で報酬と共に復帰して耐干渉指数が1増加する。
第?層に移動した際には派遣したオペレーターは復帰するが、第?層で派遣した場合は元の層へ帰還後に次の層へ移るまで復帰しない。
オペレーターを派遣しない場合は希望+2
条件を満たしているのであれば、秘宝「導きの網織」を入手する選択肢がさらに現れる。

BOSKY PASSAGE 生垣の迷路 Edit Edit

 INFO.
  枝の傍らや葉の向こう側、あらゆるところに未踏の地は存在している。

#3の「異境の入口」に相当するイベント。
耐干渉指数を1消費することで、特殊な環境で構築される深埋の迷境へ移動する。#3と異なり、1回の探索中に複数回移動できる。
深埋の迷境へ進まない場合は「源石錐+2」、「希望+1」、「耐久値を1回復」、「ランダムな秘宝を1つ獲得」のうちいずれかが得られる。
全面観測状態の場合、深埋の迷境へ移動直後のスポットの種類が判明する。
今作は全体のスポットが短めでなかなか希望や配置数などを稼ぐのが難しいため、積極的に入って戦力増強を狙っていこう。
なお、高難易度時の層ごとの敵ステータス上昇に深埋の迷境はカウントされない。

発生する作戦は、原則として侵入元の階層と同じ物が出現する。ただし第1層では第2層の作戦、第6層では第5層の作戦が出現することがある。
侵入時には適用される環境変化の内容が表示される。また、この層では「遠見」の判定が無い。
最後まで進むと、元居た階層の【生垣の迷路】スポットの位置に戻る。

発生する環境変化の内容は以下の通り。

  • 【戦闘スポット】:味方全員のHP・攻撃力が30%増加、マップ内に大量の【国土】が出現する(最大12ヵ所)
  • 【戦闘スポット】:味方全員の攻撃力が40%減少、距離が2マス以上離れている敵に与えるダメージが100%増加
  • 【戦闘スポット】:味方全員の配置可能数が4減少(2以下にはならない)、再配置時間80%減少
  • 【戦闘スポット】:味方全員のスキル必要SPが30%減少、全てのスキルが自動発動に変化
  • 【戦闘スポット】:敵全員の移動速度50%減少、重量ランク1増加、防御力800増加、術耐性30増加
  • 【戦闘スポット】:戦闘開始時に最大耐久値が3増加、敵の耐久値減少量が1増加
  • 【非戦闘スポット2~3ヵ所】:通過時に希望を2獲得
  • 【怪しい旅商人2ヵ所】:進入時に源石錐を15獲得、一部商品の販売価格50%減少

環境変化が表示されるのは深埋の迷境入場時の一瞬のみ。
再確認したい場合はマップ画面で一度退場して統合戦略トップに戻った後、探索継続を選ぶ事で深埋の迷境入場画面が再表示される。

攻略 Edit Edit

新たな敵 Edit Edit

新規の敵は移動速度が速い敵が多い。

認知汚染された空洞

穢された亡骸ダメージを受けた時にブロックされていなければ、
2秒間移動速度+300%(ブロック時解除)、5秒間能力の再発動不可
EJ1.jpg

認知汚染された人ならざるもの。今回の統合戦略の一般的なザコ敵。
基礎ステータスは低いが、被ダメージで移動速度が大幅に増加する能力で防衛線を突破されやすく、大量に出現したときに不測の事態が発生しやすい。

常識をねじ曲げられたシャーマン

歪なる術師登場したとき、または攻撃終了後5秒間攻撃しなかった場合
移動速度+400%
EJ2.jpg

常識を変えられた人ならざるもの。遠距離術攻撃。
遠距離で倒される前にこちらへ突っ込んで来ようとする。
挙動がキモい

魔の影響を受けるドローン

崩壊した構造体移動速度2.0
ごく短時間の攻撃動作
EJ3.jpg

生物の論理で動くドローン。
高速移動と高速術攻撃持ち。

かつての氷原の戦士、現在は魔の先鋒

凍裂の戦士移動速度2.5 攻撃力700 防御力800 攻撃間隔1.2
EJ4.jpg

汚染された悪魔に立ち向かう戦士だったが、悪魔の尖兵に堕落した。
高い攻撃力と非常に短い攻撃間隔でブロックが難しく、抱えるには重装オペレーターが必要。高い防御力と移動速度も厄介。

+

ボス敵

#4の環境の特徴 Edit Edit

敵の高速化・密度増加

新種の敵はどれも移動速度が速く、遠くにいるうちに倒すという戦法が通用しにくい。高速再配置だけでは解決できない場面も多い。
初期招集の時点で敵を止めるブロック役と、溜まった敵を素早く倒す範囲火力は用意しておきたい。

ダメージ傾向の変化

元素損傷を受ける機会は大幅に減った一方、全体的なダメージ量は増加。
このため、回復量の多い医療や、防御力の高い重装の需要が上がった。

マップの短縮

第1層~第5層は#3より1スポット分マップが短くなっている。
さらに、第5層のボス直前は「運命の導き」で固定なため、実質的に第4層と踏めるスポット数が変わらない。
よって、普通に横に進んでいくだけでは#2および#3よりも通過できるスポットが少なくなり、希望も招集も不足する。なんなら編成数も不足しがち。
新システムの「啓示板」や、裏マップの「生垣の迷路」、上下の通路への移動を積極的に活用しよう。
耐干渉指数は0にならなければ直近のスポットは確認可能である。

啓示板の追加

今回の新システム。対象を指定する「構成」と、効果を指定する「本因」を組み合わせて宣告することでマップを書き換えられる強力なシステム。
例えば緊急作戦を「怪しい旅商人」に変更して戦闘を回避したり、逆に非戦闘スポットを緊急作戦に変更して経験値や秘宝を稼ぐことも可能。
使い方次第で秘宝並みの効力を発揮する組み合わせも存在する。
例えば「雪祭司」(ランダムな3つの戦闘スポットを指定)などの広範囲に影響する「構成」と、「慰霊」(進入時、希望+2)などの進入時にボーナスをもらえる「本因」を組み合わせれば希望を大量に獲得できる。あらかじめ数スポット進んで戦闘スポットの数を絞り込んでから宣告するとベスト。
別のマスには変更できないが、悪路凶敵マスにも効果を発揮する。「歌唱」(味方の攻撃速度+50)や「沈黙」(味方の最大HP+50%)を宣告するとかなり有利になる。
さらに、効果は複数重ねられる。有用なものがあれば積極的に使うべきだろう。苦手なステージに直面しても「最後まで取っておきたいから……」などとためらうのは得策ではない。
どんな組み合わせであれ、宣告すると崩壊値-1の効果がある。厄介なパラダイムロストが発生したら宣告して崩壊値を下げてみよう。パラダイムロストを除去できるかもしれない。
慣れてきたら「構成」と「本因」の色を揃えて宣告し、「協語」を発動させて更に探索を楽にしてみよう。

耐久値減少のデメリットの緩和

#3と比較して、耐久値が減った際の影響が緩和されている。厳しい局面は耐久値で受けてしまうというのも十分考慮に値する。
戦闘中に耐久値を減らすと崩壊値+1(<自然の猛威・2>以下の場合)。探索を続ければ崩壊値は必ず増加していくものなので、その後の探索に与える影響は低め。
増えた崩壊値は、直後に啓示板を宣告してチャラにすることも可能である。

戦術分隊 Edit Edit

新分隊

永久狩猟分隊・生活重視分隊・科学主義分隊の3つは「異文化研究」により解放できる。

  • 永久狩猟分隊
    崩壊値を抑えることに特化した分隊。戦闘で耐久値を失わなければ、戦闘後に崩壊値-2。
    パラダイムロストの発生を大幅に抑えることができ、イベントでの崩壊値増加も気になりにくい。
    ただし戦闘で耐久値を失うと、余計に崩壊値が増えてしまう。
    基本的に下振れを抑えるより上振れを狙う方が良い事が多いため、高難度での使いにくさはいなめない。
  • 生活重視分隊
    スタート時に啓示板を3つ獲得できる。これで強力な啓示板を入手できるかどうかが鍵となる。
    崩壊レベルが上がっても遠見で啓示板が予告され続けるが、崩壊レベルを低く抑えてプレイする場合は恩恵を感じにくいか。
  • 科学主義分隊
    初期の耐干渉指数が0になるため、探索開始直後はスポットが分からない状態で先に進むことになる。
    一転、2層以降は安定して耐干渉指数を得られるため、上下通路や生垣の迷路に耐干渉指数を使いやすく、上振れを狙いやすい。
    イベント・戦闘を大量に稼いでいこう。
  • 特訓分隊
    職業・レア度を問わず昇進時の希望消費が0になる。#3の人文主義分隊に近い効果で扱いやすい。
    初期シールド値を確実に保有してスタートできるため、凡ミスで崩壊値が増えにくいのも頼もしい。
    時間はかかるが、エンディングに到達できなくても解放可能なのもありがたい。
    マップの上下移動や啓示板に慣れないうちでも希望をやりくりしやすく、解放できれば初回のエンディング到達にオススメ。

職分隊

  • 突撃戦術分隊
  • 要塞戦術分隊
  • 援護戦術分隊
    狙撃・医療特化分隊。特に5層表では安定な焔影リードを初手に迎えられ、ケルシーティフォン遊龍チェンといった
    今回の統合戦略で戦いやすいオペレーターを昇進2で揃えやすい。強力な前衛や重装、血掟テキサスなどを添えれば周回は安定するだろう。
    高難易度でも強力な回復(医療)と火力(狙撃)がいればブロック担当は★3~4でも事足りる場面は多く、戦闘で困りにくい。
  • 破壊戦術分隊

その他分隊

  • 指揮分隊
    氷原探索に慣れないうちは戦闘後の耐久値回復に助けられる場面は多い。
    異文化研究が進み、戦闘に慣れたらお役御免だろう。
  • 集団分隊
    前回までと比較して編成数が増えにくいため、他の分隊が窮屈に感じられるうちは戦闘で有利。
    こちらも異文化研究が進めばデフォルトで編成・配置可能数+1なので、あまり使うことは無くなるか。
  • 支援分隊
    希望+2の分で最初の指揮レベルアップ後に★6をもう一人招集できる(低難易度時)。<自然の猛威・6>以上の時も初手で★6を確実に招集可能。
    ただし、全体としては特訓分隊か各職戦術分隊の方が使える希望は多い。
    今作ではショップがかなり充実した仕様となっているため、強力な秘宝を入手できたら、それを軸にアドリブで編成を組むような形がいいだろう。
    なお、源石錐+20の分まで投資しきれることはほぼないため、投資マラソンは別の分隊で良い。
  • 先鋒分隊
    #3のような低耐久値を維持した際のデメリットが無くなり、異文化研究が進んでいれば耐久値も3までは回復させられる。
    総じてリスクは低下しており、HP・攻撃バフも活かしやすくなった。
  • 高規格分隊
    前回と比較して解放条件がさらに緩和され、★5昇進招集の確率が大幅に上昇する効果が追加された。
    あくまで昇進招集なので育成してなければ無意味だが、有用な★5オペレーターの招集に役立つ。
    初手で★5が一人増えるというのも、1層からブロック数が要求される今回は意外に助かる。
    アドリブ、ランダム要素も強く、気分転換的に楽しむのにも向いている。

初期招集の一例 Edit Edit

初手で招集するオペレーターは戦友のサポートを利用可能。
一層突破には「ブロッカー」と「範囲火力」が求められる。
ここでは一部の初期招集例を紹介する。

焔影リード編成

ブロック役を術火力で支援し、回復もある程度行えるため序盤の安定感が非常に高い。特に焔影リードが昇進2になれば高難易度でもかなり安定する。
焔影リードの扱いにややテクニカルな面もあるが、5層表ボスに有効なオペレーターであり、まず1度クリアしたい方にはおすすめ。

ケルシー編成

Mon3trで3ブロック+ミッドナイトで2ブロック、計5体もブロックできるブロック充実型編成。1層で涙目のペッローに出くわしても安定して倒せる。
術火力役・遠距離攻撃役に貧しいため、ポプカルよりもミッドナイト推奨。

百錬ガヴィル編成

耐久と火力に優れた百錬ガヴィルを医療で支える安定感の高い編成。
対空戦力の招集が課題となる。

ティフォン編成

序盤では不安定だが全ボスに有効なティフォンをラヴァ、スポットで支える編成。
ティフォンを昇進すれば3層突破の目処がつくため、中盤以降を見据えられる。
ティフォンのスキルの合間を埋められる火力や回復人材の早期招集が鍵。

リン編成

殲滅力の高い術師で安定を図る編成。
エイヤフィヤトラも強力。

キリンRヤトウ編成

初手で招集する場合は血掟テキサスよりキリンRヤトウの方が適性は高め。
フェンの耐久に不安を抱える。

★3編成

<自然の猛威・6>以上で、初手で★6が招集できない場合の選択肢。
異文化研究が進めばこの編成でも1層の通常作戦は凌ぐことが可能。

おすすめオペレーター Edit Edit

先鋒 Edit Edit

  • イネス
    対空、準高速再配置など器用に立ち回れる先鋒。火力が高く、射程も優秀。バインド付与も良く刺さる。
    希望消費は大きいが、消費する価値のあるオペレーターである。
    コスト回収は苦手だが、攻撃速度が上がれば回収要員も十分こなせる。
  • テンニンカ
    少ない希望で招集・昇進でき、コスト回収という役割をこなせる。
  • サイラッハ
    S3は脆弱付与と対空スタン、S2では治療対象外オペレーターの回復が可能。高速で駆けて来る敵に強い。
    裏ボスなどの強力なボスに脆弱が刺さる。
  • エリジウム
    狙撃軸で編成する場合に強力なバフ役。敵の減速、防御力デバフ役としても。
  • ポンシラス
    S2により永続で防御力を上げられるので重装代行しながらコスト回復が出来る。
  • フェン
    希望0で採用できるコスト回収要員だが耐久面に難あり。
    クーリエであっても落とされる場合があるので低難易度向け。

前衛 Edit Edit

  • ムリナール
    最高峰の殲滅力を持ち、高難易度でも活躍できる前衛。
    解放者の特性上、初手で招集するには全く向かないのが欠点。
    クセも強いため、各ステージの要所を覚える事で活躍度合いは大きく変わる。
  • 百錬ガヴィル
    耐久性と殲滅力を兼ね揃えており、初手で招集した時の安定感は前衛の中でもトップクラス。
    S2の引き寄せによる強制移動・行動キャンセルも刺さりやすい。
  • スルト
    強力な術火力と食いしばりを持った前衛。優れた決戦火力となるボス・エリートキラー。
  • シルバーアッシュ
    ステルス看破付き広範囲対空可能スキルは大体を解決する。S2で裏ボスの耐久役にもなれる。
  • ソーンズ
    昇進1の時点では1層ですら厳しい環境だが、対空性能は高いため昇進2にすれば活躍は可能。
  • チューバイ
    足止め可能で対空もこなす。術火力が出せるので固い敵でも大丈夫。SP獲得を加速させる秘宝「折戟・血潮」があればS1で敵をバインドさせ続けられる。
  • 聖約イグゼキュター
    1層の通常作戦であれば、昇進1のイグゼキュター単体で全ステージが突破可能。
    中盤以降も範囲高火力で活躍し、場合によっては1レーン封鎖も任せられる。
    ただし遠距離から一方的に攻撃される状況には為す術がないため注意が必要。
  • ヘドリー
    耐久力がありスタン攻撃も可能。ただし防御力ゼロなので回復役を占有しがちになる。
  • ポプカル
    希望0で召集でき、雑魚処理性能に優れる。
+

日本版未実装

重装 Edit Edit

  • サリア
    地上で回復が出来るユニットとして最高峰の重装。SP回復も撒ける上、スキル3の減速+術火力支援も有効な場面がある。
  • ホルン
    配置マス制限や敵の移動速度などから#3の時ほどは刺さらないが、長射程の地上火力としては優秀。相性のいい秘宝も多い。
    同職分星5のファイヤーホイッスルも範囲術攻撃で活躍出来る。
  • マドロック
    単体で完結する強力な重装オペレーター。
    少ない操作回数で1層を突破できるため、投資マラソンにも適している。
  • ホシグマニェン
    攻撃力の高い大量の敵を受け止める事が出来る。モジュールがあれば常時4ブロック可能。
    ニェンはスキル中5ブロック可能なので一考の余地あり。
  • 滌火ジェシカ
    防御力と火力が共に高く対空援護も可能。召喚物も合わせて5ブロックが出来る。
  • クオーラ
    昇進1からスキル中4ブロック可能。モジュール付きなら高難易度にも対応可能。
  • スポット
    希望0で招集でき、回復も行えるブロッカーとして優秀。

狙撃 Edit Edit

  • ティフォン
    ストーリーの主役の1人と言えるキャラクター。
    汎用性が高く全ルートで有効。3層ボス全員にS3で対応可能。
    基本は単体攻撃であるため、初手で招集する場合はラヴァ(範囲殲滅要員)、スポット(ブロッカー)と共に開始するのが定石。
  • 遊龍チェン
    ホリデーストームの解決力は不変。
    射程の短さに注意する必要はあるものの、敵が比較的多いので範囲攻撃である事は有利な場面が多い。
    今作では地上に比べ高台への攻撃は高難易度でも比較的やさしめなため、高台からの殲滅火力は安定感が高い。
  • パゼオンカ
    単体火力に優れ、遠隔地に置けるタイプライターが便利。
    素早い敵や高防御の敵の存在から#3の時ほど有効ではない。
  • W
    敵にスタンを付与可能で攻撃範囲が広いのも良い。
  • ロスモンティス
    広い攻撃範囲と、S3で壁を召喚出来る能力が有能。モジュール有りならS2のスタンにも期待が持てる。
    同職分星5の承曦グレイも減速能力が高く活躍出来る。
  • メイ
    #4ではとにかく移動速度の速いザコ敵が多い。低レアながら強力な足止め能力があり序盤から終盤まで活躍できる。
+

日本版未実装

術師 Edit Edit

  • モスティマ
    モジュールで強化された術師。S3の減速は5層裏ボス戦への対策として非常に有効。
  • ゴールデングロー
    無限射程+足止め攻撃はやはり強力。対ボスの有効打とはなりにくいが、道中では便利。
  • パッセンジャー
    いつもの連鎖術師ご用達の秘宝「炸裂の手」があれば全部一人で解決出来る。
  • リン
    軽微な被ダメージが多く、「浄瑠壁」が良く刺さる。とセットで運用する事も有効。
    同職分星5でビーズワクスという選択も出来る。
  • ホルハイヤ
    火力担当としてはそこまでだが、S3で長時間広範囲を拘束可能なため、難所を凌ぐ際は非常に頼りになる。
  • カニパラート
    他に耐久役は必要だが、S2の浮遊により昇進1時点で5層裏ボス対策となる。
  • ラヴァ
    星3術師と言えばスチュワードの印象が強いが、今回は第1層の特定MAPで雑魚殲滅力が要求されるため、序盤で活躍する。

医療 Edit Edit

  • 焔影リード
    術火力要員となる医療。初手で招集してもS2のサポート性能で安定させやすい。
    特に5層表ボス戦ではS3でギミックを単独で解決できる。統合戦略#4の医療最良択の一人といっても過言ではない。
  • 純燼エイヤフィヤトラ
    元素損傷対策というよりはシンプルに高性能な医療オペレーターとしての需要が大きい。
    昇進1でもメインスキルのS1は使用できるため余裕があれば招集したい。
  • ケルシー
    序盤から戦線を支える要員になれる医療。
    医療としてはMon3tr介護以外に手が回らない状況は多いので注意。
  • ナイチンゲール
    高難易度では術攻撃の痛さが半端じゃないので出番あり。鳥かごが優秀なのは言うまでも無い。
  • フィリオプシス
    素質でSPブーストが可能。
    召集コストも軽めで、終盤まで使える回復担当としては最も無難な選択肢と言える。
  • アンセル
    希望消費無しで招集できるため、育成しておきたい。

補助 Edit Edit

  • リィン
    強力な召喚ユニットにより、ブロック数を確保し戦線を支える。
    昇進1の時点ではスキル1の採用も視野に入る。
  • 濁心スカジ
    S2の攻防バフとリジェネは汎用性が高い。ボス戦ではS3のバフが強力。
    序~中盤の編成枠や希望がカツカツの状態での招集は厳しいが、中~終盤の全体の戦力底上げとして優秀。
  • スズラン
    足止めによる減速と脆弱による火力支援は今回も有用。
  • ノーシス
    統合戦略#3と比較すると、ボス敵に凍結耐性が増えた(3層でも利刃には無効、5層6層ボスは全て無効)ことが逆風。
    それでも雑魚敵に対する凍結の制圧力は高く、凍結延長秘宝や攻撃速度UP秘宝を取れば大化けする存在。
  • ヴィルトゥオーサ
    壊死損傷で相手の防御や術耐性によらないダメージが出せる。S3は範囲も広く味方へのバフも強力。
    同職分星5のヴァラルクビンも同様の活躍が可能。
  • シャマレ
    主に物理火力を補助する。対ボスでは攻撃力デバフも強力。
  • クエルクス
    脱法医療として優秀で加護も付く。モジュール有りなら純燼エイヤフィヤトラに次いでHPSが高い。
    S1ならスキル発動で永続回復役、S2はスキル中のみ回復役となる。高難易度の高速術攻撃への対策に採用される。
    初動の遅さには注意が必要。
  • U-Official
    再配置はしづらいが周囲8マスへのスタンは強力。
    味方も巻き込む点には要注意。

特殊 Edit Edit

  • 血掟テキサス
    対群・対空スタン攻撃を有する高速再配置オペレーター。
    今作は配置不可マスが多く使いづらい場面もあるが、それでもやはり範囲ボムは強力。対ボスではS2の術デバフ兼火力スキルも有用。
  • キリンRヤトウ
    状態異常無効で即座に16連撃を放つS2、対空可能で無敵のS3を持つ高速再配置。
    どちらも強力で招集優先度が高く、ボス戦でも活躍する。
  • 帰溟スペクター
    脱法前衛。コストの軽さと場持ちの良さに優れている。
    特に昇進2のグレイディーアと合わせれば1ルートを任せられる強力な自己回復型前衛となる。
  • ドロシー
    マップ全体への減速・足止め能力はピカイチ。高速で走る敵に刺さる。
  • 琳琅スワイヤー
    S2のシャンパンボムは新たなザコ敵にも適性が高い。
    ただし行商人共通の弱点として、コスト自然回復量が減少するパラダイムロストが発生すると一気に苦しくなる。

採用率の高いオペレーター(大陸版) Edit Edit

グローバル版については統合戦略#4トップ画面上部の「探検ハンドブック」から「情報溯洄」で確認できる。

2024/3/2時点

ヴァンガード.jpg先鋒ガード2.png前衛
イネステンニンカフェンムリナールスルト百錬ガヴィル
タンク2.png重装スナイパー2.png狙撃
サリアスポットホルンティフォンch'en2_icon.pngクルース
キャスター2.png術師メディック2.png医療
エイヤフィヤトラgoldenglow_icon.pngリン焔影リード純燼エイヤフィヤトラケルシー
サポーター2.png補助スペシャル2.png特殊
濁心スカジling_icon.pngスズラン血掟テキサスキリンRヤトウspecter2_icon.png
+

2024/2/15時点

+

2023/12/12時点

+

2023/10/1時点

+

2023/8/15時点

+

2023/7/18時点

マップ情報 Edit Edit

「ISW-NO」:通常・緊急作戦・第三層ボス戦MAP
「ISW-DF」:ボス戦MAP・挑戦MAP
「ISW-SP」:特殊MAP

おまけ Edit Edit

大陸版更新終了記念イラスト Edit Edit

+

※最終更新までのネタバレを含みます

コメントフォーム Edit Edit

+

クリックで過去ログ一覧を開く