元ネタ同士の横断的解釈に使えたらいいかも
少しずつ書き足していきます

種族 Edit

ドゥリン Edit

ドワーフの一種
テンニンカは地下世界からやってきたことになっているが、これは北欧神話にはないトールキンの設定である。

生物 Edit

※北欧神話において巨人は神のうちオーディンと敵対する者という意味。

エーギル Edit

アークナイツでは種族名だが、北欧神話では海を擬人化した特定の神の名である。

スカジ Edit

北欧神話の巨人の名。山や狩猟を司るとされており、騎兵と狩人における狩人の元ネタとして抜擢されたと思われる。
元ネタではあまり海が好きではなかったようだが…

スルト Edit

北欧神話の巨人の名。炎の聖剣で世界を焼き尽くした。

グラニ Edit

北欧神話の馬の名。騎兵の元ネタだからといって馬でなくてもいいと思うが…

アイテム Edit

ミョルニル Edit

サベージの武器。北欧神話では雷神トールが使用していた。

レーヴァテイン Edit

スルトの武器。北欧神話ではスルトの妻シンモラが厳重に保管していることのみ記されており、スルトがラグナロクの際に用いた炎の聖剣をレーヴァテインとするのは日本のフィクションにおける設定である(初出不明)。

黄金の林檎 Edit

テンニンカのコーデ。神の不老不死の源とされる。

事象 Edit

ラグナロク Edit

スルトのスキル。北欧神話では巨人が神に戦争を仕掛け、世界が終末を迎えること。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-02 (月) 17:19:55