RIGHT:最終更新日時:&lastmod;


[[敵一覧]] > ''「錆銅」オルマー・イングラ''
----

#contents

*基本情報 [#o41b4721]
|~画像|~名前|「錆銅」オルマー・イングラ|
|CENTER:&attachref(img/K12.jpg,nolink,zoom,140x140);|~攻撃方法|近距離|
|~|~耐久|A+|
|~|~攻撃力|A|
|~|~防御力|A|
|~|~術耐性|D|
|>|>|~詳細説明文|
|>|>|「競技場のブッチャー」と呼ばれる大騎士。その残虐な行&br;いで規則違反を幾度か繰り返してきたが、企業の献金で審&br;判団からの制裁を何度も逃れている。歴史ある騎士の一族&br;であるイングラ家の末っ子。戦うほど強くなる無情の闘士&br;、それこそオルマー・イングラ──!|

*ステータス[#status]
|>|>|>|>|>|>|CENTER:|c
|~HP|~攻撃力|~防御力|~術耐性|~攻撃速度|~攻撃間隔|~攻撃半径|
|15000|700|800|0|100|2.3|-|
|~HP回復速度|~重量|~耐久値減少量|~能力無効化耐性|~スタン耐性|~睡眠耐性|~移動速度|
|0|3|1|有り|無し|無し|0.7|
|>|>|>|>|CENTER:|c
|~HP|~攻撃力|~防御力|~術耐性|~耐久値減少量|
|15000|700|800|0|1|
|~攻撃間隔|~攻撃半径|~重量|~移動速度|~HP回復速度|
|2.3|-|3|0.7|0|
|>|>|>|>|~有効状態異常|
|>|~能力無効化|~スタン|~睡眠|~凍結|
|>|×|◯|◯|◯|
-自分がマップ上に存在する時に他の敵が倒されると、攻撃力+10%・攻撃速度+5(最大10回)。

*詳細 [#k152fe8c]
[[ブラッドボイル見習い騎士]]系の最上位。
能力値以外は見習い騎士と一緒なので、高台から術で攻めれば特に苦戦しないはず。

*小ネタ [#ibdf323b]

イベント「[[マリア・ニアール>マリア・ニアール(常設)]]」、「[[赤松林>イベント60_赤松林]]」の一節「灰かぶり」、「[[ニア―ライト>イベント61_ニアーライト]]」の登場人物。
ブラッドボイル騎士団のエースを務める競技騎士。
目を覆いたくなるような残虐ファイトから悪名高く、幾多もの騎士を再起不能に追い込んできた危険な男。
マッチが組まれる直前まで収監されており、企業からの多額の献金によって釈放されてきた。

#region(「マリア・ニアール」ネタバレ)

[[代弁者チャルニー]]が[[マリア>ブレミシャイン]]に送り込んだ第二の刺客。
マリアとの試合前でも「相手の騎士の四肢を''めちゃくちゃに破壊して''勝利した」と言われており、その暴れっぷりからマリアを失神寸前まで追い込む。
しかし、窮地に追い込まれても諦めない彼女の踏ん張りと、薄れゆく意識の中で放った強烈なカウンターにより彼も失神。
両者気絶による引き分けとしてその日の試合は終了した。

#endregion
#region(「灰かぶり」ネタバレ)

[[アッシュロック]]の対戦相手として登場。
口の悪さから行動原理までその全てがアッシュロックを憎悪させるものであり、彼女の機転を利かせた一撃を前に敗れ、更には目前でとどめを刺せるはずの火砲を空にめがけて撃たれるという屈辱を受けた。

#endregion
#region(「ニア―ライト」ネタバレ)

灰かぶりにおける敗戦から感染者そのものを激しく逆恨みし、試合で当たった感染者騎士に他の選手と組んでのリンチを仕掛ける。
過度のリンチと感染者を侮辱する発言により「命を懸けて反撃する」ことを余儀なくされた感染者騎士は、元々芳しくなかった病状に重傷とアーツの過負荷が重なったことで、その場で急死してしまう。
この事故は、非感染者と感染者の対立を悪化させ、非感染者側からは感染者騎士制度の廃止の声を、感染者側からは過激な暴動を引き出すこととなってしまった。

そしてイングラ本人は直接止めを刺したでないにせよ当事者ということで一度は国民議会の審理にかけられるが、議会は直前に企業献金で釈放を決定していたために有罪判決を出し渋る。
しかし、それに憤った[[代弁者マルキェヴィッチ>企業職員]]が議会に圧力をかけたことで、イングラの再審が行われることとなった。

#endregion

総じてカジミエーシュにおける「騎士」の腐敗を象徴する為のキャラクターと言って良い。
他に登場するネームドの騎士達は「なんらかの理由で仕方なくスポンサーに従っている」「アスリートとしての良識は持っている」「薬物投与で思考を奪われている」「単純に個人として勝負がしたい」など一概に悪と言い難い理由付けを持つが、イングラは純粋に暴力を振るう事を楽しむ悪漢。「綺麗事など無く、矜持も良識も持たない存在が『騎士』足りえてしまう」という事実が、現在のカジミエーシュの歪みを語る上で欠かせない存在となっている。
*コメントフォーム [#t2139d7a]
#pcomment(,reply,20)

TIME:"2022-07-13 (水) 06:22:40" REFERER:"https://arknights.wikiru.jp/index.php?cmd=edit&page=%A1%D6%BB%AC%C6%BC%A1%D7%A5%AA%A5%EB%A5%DE%A1%BC%A1%A6%A5%A4%A5%F3%A5%B0%A5%E9"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS