RIGHT:最終更新日時:&lastmod;

#title(星5/九色鹿の詳細・評価)
#description(【アークナイツ】星5/九色鹿の詳細・評価のページです。)

[[全キャラクター一覧>キャラクター一覧]] > [[★5キャラクター一覧>★5]] > ''九色鹿''
----
#contents

*基本情報 [#information]
|CENTER:450|CENTER:100|CENTER:150|c
|~画像|>|~プロフィール|
|&attachref(NineColoredDeer.png,zoom,450x0);|~コードネーム|&ruby(くしきろく){九色鹿};|
|~|~レアリティ|[[★5]]|
|~|~陣営|[[炎国>陣営別一覧#YAN]]((ゲーム内の人物ファイルには記載無し。人事画面の左上に表示されるアイコンにて判別))|
|~|~性別|女|
|~|~職業|[[補助>キャラクター一覧/職業別#supporter]]|
|~|~職分|[[祈祷師>職分別一覧#sup_abj]]|
|~|~募集タグ|遠距離/支援/生存|
|~|~戦闘経験|なし|
|~|~出身|炎国|
|~|~誕生日|12月8日|
|~|~種族|[[エラフィア>種族別#elafia]]|
|~|~身長|172cm|
|~|~専門|生花栽培/薬理学|
|~|~鉱石病|非感染|
|~|~絵師|[[IRIS_呓>キャラクター一覧/絵師別#IRIS_irisii]]|
|~|~CV|[[杨梦露>声優#Ada]]|
|~|>|~SD|
|~|>|&attachref(./nine-colored-deer_sd.png,50%);&br;&attachref(,noimg,モーション.gif){[SDモーションgif添付]};|
|~特性|>|~入手方法|
|敵に&color(blue){術ダメージ};を与える&br;スキル発動中、通常攻撃が味方に対する治療行動になる&br;(HP回復量は攻撃力の&color(blue){75%};)|>|期間限定スタンプラリー&br;「吉兆降臨」|
|>|>|~個人履歴|
|>|>|九色鹿(くしきろく)は、炎国のとある山から来たと自称しているが、&br;その具体的な所在地については言及しなかった。&br;薬草の採集と使用に関して豊かな知識を持ち、また一定の作戦能力も持つ。&br;他のオペレーターの紹介によってロドスへ交流と学習を目的にやってきた。&br;しばらくの間、ロドスに同行する予定。|
//個人履歴は横幅維持のため適宜改行をお願いします。

|CENTER:65|CENTER:85|CENTER:85|CENTER:85|CENTER:85|CENTER:60|CENTER:65|CENTER:115|c
|~ |~初期|~未昇進(50)|~昇進1(70)|~昇進2(80)|~信頼度|>|~ |
|~HP|660|972|1314|1685|+350|~再配置|遅い(70s)|
|~攻撃|200|286|367|443|+35|~COST|9 / 11 / 11|
|~防御|83|119|157|179||~ブロック|1 / 1 / 1|
|~術耐性|15|15|20|25||~攻撃速度|やや遅い(1.6s)|

|CENTER:234|CENTER:233|CENTER:233|c
|>|>|~攻撃範囲|
|~初期|~昇進1|~昇進2|
|□□□□&br;□■□□&br;□□□□| □□ &br;□□□□&br;□■□□&br;□□□□&br; □□ | □□ &br;□□□□&br;□■□□&br;□□□□&br; □□ |

|CENTER:136|CENTER:136|CENTER:136|CENTER:135|CENTER:135|c
|>|>|>|>|~潜在能力|
|~2段階|~3段階|~4段階|~5段階|~6段階|
|-|-|-|-|-|


**昇進 [#elite]
|CENTER:35|CENTER:30|CENTER:55|CENTER:100|CENTER:110|CENTER:110|CENTER:216|c
|~段階|~Lv|~龍門幣|~SoC|>|~必要素材|~獲得する能力|
|~昇進1|50|[[&ref(img/coin_1x1.png,zoom,nolink,50x0,龍門幣);>龍門幣]]|[[&ref(img/supporterchip1.png,zoom,nolink,50x0,初級補助SoC);>初級補助SoC]]|[[&ref(img/rock2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,初級源岩);>初級源岩]]|[[&ref(img/polyester2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,初級エステル);>初級エステル]]|ステータス上限解放&br;COST&color(#FF6437){+2};&br;スキル&color(blue){仙山去遠};習得&br;素質&color(blue){縹渺彩雲};効果上昇&br;攻撃範囲拡大|
|~|~|20000|[[初級補助SoC]]x4|[[初級源岩]]x6|[[初級エステル]]x3|~|
|~昇進2|70|,[[&ref(img/coin_1x1.png,zoom,nolink,50x0,龍門幣);>龍門幣]]|[[&ref(img/supporterchip3.png,zoom,nolink,50x0,上級補助SoC);>上級補助SoC]]|[[&ref(img/manganese2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,上級マンガン);>上級マンガン]]|[[&ref(img/crystal1_1x1.png,zoom,nolink,50x0,素子結晶);>素子結晶]]|ステータス上限解放&br;素質&color(blue){縹渺彩雲};効果上昇|
|~|~|120000|[[上級補助SoC]]x3|[[上級マンガン]]x7|[[素子結晶]]x14|~|


**素質 [#talent]
|~名称|~段階|~効果|
|CENTER:165|CENTER:55|LEFT:480|c
|''縹渺彩雲''|初期|攻撃範囲内のHPが40%未満の味方に8%の&tooltip(加護);状態を付与する|
|~|昇進1|攻撃範囲内のHPが40%未満の味方に14%の&tooltip(加護);状態を付与する|
|~|昇進2|攻撃範囲内のHPが40%未満の味方に20%の&tooltip(加護);状態を付与する|


**基地スキル [#RIICskill]
|~名称|~解放条件|~効果|
|CENTER:165|CENTER:55|LEFT:480|c
|&color(,#E1EB00){ ''因果'' };|初期|加工所に配置時、&tooltip(因果,color=#f49800);の累計値が&color(blue){40};に達する時必ず副産物を1回獲得する|
|&color(,#E1EB00){ ''応報'' };|昇進2|加工所で加工時、&tooltip(応報,color=#f49800);が累計&color(blue){80};で副産物を必ず入手|

**スキル [#skill]

***スキル1 人間降吉[#skill1]
|CENTER:90|CENTER:170|CENTER:215|CENTER:214|c
|~&attachref(ncd_s1.png,zoom,nolink,80x80);|~人間降吉|~&color(white,#8CBE23){ 自動回復 };&br;&color(white,#737373){ 手動発動 };|~ |h

|~Rank|~初期SP|~必要SP|~持続|~効果|
|CENTER:90|CENTER:50|CENTER:49|CENTER:49|LEFT:440|c
|1|5|40|15|攻撃力&color(blue){+10%};|
|2|~|~|~|攻撃力&color(blue){+15%};|
|3|~|~|~|攻撃力&color(blue){+20%};|
|4|10|35|20|攻撃力&color(blue){+25%};|
|5|~|~|~|攻撃力&color(blue){+30%};|
|6|~|~|~|攻撃力&color(blue){+35%};|
|7|~|30|25|攻撃力&color(blue){+40%};|
|特化|12|~|~|攻撃力&color(blue){+45%};|
|特化|~|~|~|攻撃力&color(blue){+50%};|
|特化|~|~|~|攻撃力&color(blue){+60%};|

***スキル2 仙山去遠[#skill2]
|CENTER:90|CENTER:170|CENTER:215|CENTER:214|c
|~&attachref(ncd_s2.png,zoom,nolink,80x80);|~仙山去遠|~&color(white,#8CBE23){ 自動回復 };&br;&color(white,#737373){ 手動発動 };|~ |h

|~Rank|~初期SP|~必要SP|~持続|~効果|
|CENTER:90|CENTER:50|CENTER:49|CENTER:49|LEFT:440|c
|1|20|50|5|攻撃速度&color(blue){+10};、&color(blue){30%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|2|~|~|~|攻撃速度&color(blue){+14};、&color(blue){30%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|3|~|~|~|攻撃速度&color(blue){+18};、&color(blue){30%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|4|25|45|10|攻撃速度&color(blue){+22};、&color(blue){40%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|5|~|~|~|攻撃速度&color(blue){+26};、&color(blue){40%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|6|~|~|~|攻撃速度&color(blue){+30};、&color(blue){40%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|7|28|40|15|攻撃速度&color(blue){+35};、&color(blue){40%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|特化|~|~|20|攻撃速度&color(blue){+40};、&color(blue){50%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|特化|~|~|~|攻撃速度&color(blue){+45};、&color(blue){60%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|
|特化|30|~|~|攻撃速度&color(blue){+50};、&color(blue){70%};の確率で自身が受ける遠距離物理攻撃をガードし、素質の発動条件が「最大HPの&color(blue){100%};以下」になる|


*スキルランク素材一覧 [#skillrank]
|CENTER:56|CENTER:63|CENTER:63|CENTER:63|CENTER:63|CENTER:63|CENTER:63|CENTER:63|CENTER:63|CENTER:63|c
|~Rank|>|>|~2|>|>|~3|>|>|~4|
|~共通|[[&ref(img/skillbook1_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学I);>アーツ学I]]|-|-|[[&ref(img/skillbook1_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学I);>アーツ学I]]|[[&ref(img/sugar1_1x1.png,zoom,nolink,50x0,ブドウ糖);>ブドウ糖]]|-|[[&ref(img/skillbook2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学II);>アーツ学II]]|[[&ref(img/polyester2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,初級エステル);>初級エステル]]|-|
|~|x4|-|-|x4|x7|-|x6|x3|-|
|~Rank|>|>|~5|>|>|~6|>|>|~7|
|~共通|[[&ref(img/skillbook2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学II);>アーツ学II]]|[[&ref(img/iron2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,初級異鉄);>初級異鉄]]|-|[[&ref(img/skillbook2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学II);>アーツ学II]]|[[&ref(img/iam3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,熾合金);>熾合金]]|-|[[&ref(img/skillbook3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学III);>アーツ学III]]|[[&ref(img/iron3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,中級異鉄);>中級異鉄]]|[[&ref(img/polishstone1_1x1.png,zoom,nolink,50x0,砥石);>砥石]]|
|~|x6|x4|-|x6|x4|-|x6|x2|x3|
|~Rank|>|>|~特化I|>|>|~特化II|>|>|~特化III|
|CENTER:56|BGCOLOR(#d6ffea):CENTER:63|BGCOLOR(#d6ffea):CENTER:63|BGCOLOR(#d6ffea):CENTER:63|BGCOLOR(#c1ffe0):CENTER:63|BGCOLOR(#c1ffe0):CENTER:63|BGCOLOR(#c1ffe0):CENTER:63|BGCOLOR(#adffd6):CENTER:63|BGCOLOR(#adffd6):CENTER:63|BGCOLOR(#adffd6):CENTER:63|c
|~スキル1|[[&ref(img/skillbook3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学III);>アーツ学III]]|[[&ref(img/rma2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,RMA70-24);>RMA70-24]]|[[&ref(img/manganese1_1x1.png,zoom,nolink,50x0,マンガン);>マンガン]]|[[&ref(img/skillbook3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学III);>アーツ学III]]|[[&ref(img/aketon4.png,zoom,nolink,50x0,上級アケトン);>上級アケトン]]|&ref(img/solvent2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,精錬溶剤);|[[&ref(img/skillbook3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学III);>アーツ学III]]|[[&ref(img/crystal3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,結晶制御装置);>結晶制御装置]]|&ref(img/solvent2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,精錬溶剤);|
|~|x5|x3|x2|x6|x3|x5|x10|x4|x3|
|CENTER:56|BGCOLOR(#ffffd6):CENTER:63|BGCOLOR(#ffffd6):CENTER:63|BGCOLOR(#ffffd6):CENTER:63|BGCOLOR(#ffffc1):CENTER:63|BGCOLOR(#ffffc1):CENTER:63|BGCOLOR(#ffffc1):CENTER:63|BGCOLOR(#ffffad):CENTER:63|BGCOLOR(#ffffad):CENTER:63|BGCOLOR(#ffffad):CENTER:63|c
|~スキル2|[[&ref(img/skillbook3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学III);>アーツ学III]]|[[&ref(img/crystal2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,結晶回路);>結晶回路]]|[[&ref(img/pgel3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,人工ゲル);>人工ゲル]]|[[&ref(img/skillbook3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学III);>アーツ学III]]|[[&ref(img/gadget4_1x1.png,zoom,nolink,50x0,上級装置);>上級装置]]|[[&ref(img/iron4_1x1.png,zoom,nolink,50x0,上級異鉄);>上級異鉄]]|[[&ref(img/skillbook3_1x1.png,zoom,nolink,50x0,アーツ学III);>アーツ学III]]|[[&ref(img/mtl_1x1.png,zoom,nolink,50x0,融合剤);>融合剤]]|&ref(img/fluid2_1x1.png,zoom,nolink,50x0,上級切削液);|
|~|x5|x3|x1|x6|x3|x3|x10|x4|x4|


*コーデ [#coorde]
#region(&size(20){昇進画像};)
&attachref(NineColoredDeer_e2.png,zoom,750x0);
#endregion

//#region(&size(20){コーデ名};)
//|CENTER:150|CENTER:200|CENTER:150|CENTER:200|c
//|>|>|>|~ |
//|~&ref(img/●,zoom,nolink,150x150);|>|>|&attachref(,zoom,500x500);|
//|&attachref(,zoom,nolink,150x0);|~|~|~|
//|~SD|~|~|~|
//|&attachref(,zoom,150x0);&br;&attachref(,noimg,モーション.gif){[SDモーションgif添付]};|~|~|~|
//|~実装日| |~ブランド| |
//|~入手方法|>|>| |
//|~フレーバー|>|>| |
//#endregion

//ブランドロゴ(●にペースト)
//【0011】ロゴ.png
//【CORAL COAST】ロゴ.png
//【EPOQUE】ロゴ.png
//【MARTHE】ロゴ.png
//【PIONEER RAYTHEAN】ロゴ.png
//【WITCH FEAST】ロゴ.png
//【カンブリアン】ロゴ.png
//【テストコレクション】ロゴ.png
//【ヴィータフィールドRewilder】シリーズ.png


*プロファイル [#profile]
#region(&size(20){&color(red){''ネタバレの危険性あり!気をつけて。''};};)
|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):基礎情報|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{【コードネーム】九色鹿&br;【性別】女&br;【戦闘経験】なし&br;【出身地】炎国&br;【誕生日】12月8日&br;【種族】エラフィア&br;【身長】172cm&br;【鉱石病感染状況】&br;メディカルチェックの結果、非感染者に認定。};|

|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):能力測定|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{【物理強度】普通&br;【戦場機動】普通&br;【生理的耐性】標準&br;【戦術立案】優秀&br;【戦闘技術】標準&br;【アーツ適性】標準};|

|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):個人履歴|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{九色鹿(くしきろく)は、炎国のとある山から来たと自称しているが、その具体的な所在地については言及しなかった。&br;薬草の採集と使用に関して豊かな知識を持ち、また一定の作戦能力も持つ。他のオペレーターの紹介によってロドスへ交流と学習を目的にやってきた。しばらくの間、ロドスに同行する予定。};|

|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):健康診断|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{造影検査の結果、臓器の輪郭は明瞭で異常陰影も認められない。循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。&br;&br;【源石融合率】0%&br;鉱石病の兆候は見られない。&br;&br;【血液中源石密度】0.13u/L&br;鉱石病患者の救助の際には基礎的な防護を行っているため、感染の危険は検出されていない。&br;&br;九色鹿さんはとても健康よ。炎国の薬草に詳しいようですし、他の皆さんに薬草の分類を伝授していただくのはどうかしら。そのついでにミルラさんと色々交流させておけば、薬草の苦みの取り方について何か掴めるかもしれませんし……&br;――医療オペレーターブリーズ};|

|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):第一資料|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{正規の訓練を受けていないとのことだが、九色鹿は戦場について明確に理解している。ロドスに来る以前の彼女について我々は知るすべはないが、傷口への応急処置や、負傷者を運ぶ時の手際などから見て、きっと過酷な場面を多く経験してきたのだろう。災難から得られるものは人によって異なる。逃げることを選ぶ者もいれば、積極的に向かって行く者もいる。九色鹿は後者であり、ロドスにやってきてからの彼女は積極的に医療部とコミュニケーションを試みながら、学び続けている。そんな彼女の学習意欲は他の者にも広まり、他部門のオペレーターたちも共に救急治療を学び始めている。&br;「救急治療の知識を覚えておいて困ることなんてないし、本当に危ない場面になったら手伝えるしね!」&br;――人事部門某オペレーター};|

|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):第二資料|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{「あっ、はい、炎国で薬草サンプルの採集中に偶然九色鹿さんに出会いまして。急にそばに現れましたので、びっくりしました。いえ……足音は聞こえていたんです、ただ……あの時の彼女は肩に数羽の羽獣を乗せてらしたので、驚いたんです。羽獣を連れて山登りする人って、普通いないじゃないですか?……あとそうでした、山に引っ越してから長いともおっしゃってまして。どうしたら山の中で長く住んでいられたのかも気になりました。山奥で一人はつまらなくないのでしょうか……」&br;「お部屋には制作途中の丸薬がたくさんあったんですよ。いつも山で新鮮な薬草を採っていらっしゃるそうで、その薬草を使った特別な丸薬の作り方も考案されたそうです。炎国の茶葉と現地の薬草を砕いて調合した丸薬は、淡いお茶の香りがして、苦みも強くないんです。へ?大丈夫です、あれは体調を整えるための丸薬ですから、飲んでも問題ありませんよ。もう、そんな目で見ないでくださいよ!食いしん坊ってわけじゃないんです!」&br;「山の麓の村には診療所があって、九色鹿さんはいつも作った丸薬をそこの患者にあげているんです。診療所とは長期的な協力関係にあるみたいで、無償で薬の提供をしていたらしいです……本当です、本当に無償なんです!ここで嘘ついてどうするんですか。無償だったからこそ、最初の頃は診療所の医者も薬の出来を疑って使おうとしなかったんですよ。だって普通なら、貴重な薬をタダで人にあげたりしませんから。ですが、九色鹿さんが落石で怪我をした村人の手当てをしている場面に偶然出くわして、彼女の医術を目にしてやっと、九色鹿さんが本当に徳の高い方で、自分はあと一歩で貴重な出会いを無にするところだったと気付いたと言っていました。はい、その医者が私に話したんです。九色鹿さんの薬への知識と医術も、それはもう褒め称えていました。ご存じでしょう、ああいう辺地だとどうしても医療資源が不足しがちですから、九色鹿さんのような病気を診てくれる人がいるなんて、患者にとっては本当に幸運なんです。ああでも、彼女ご自身が直接診療所で診察することはほとんどなかったそうです。いつも薬を提供するだけで、どうしても人手が必要な時だけ手伝うんですって。不思議でしょう?最初は性格かなって思いましたけど、どうも前に何かあったらしいです。さすがにそこまで詳しく聞けませんでしたけど。」&br;「それで、もう何日か留まっても大丈夫かなって思って、少し九色鹿さんとお話をしたんです。そうしたら、自分の医術を更に高めて、もっと多くの人を救いたいとおっしゃったので、お誘いしてみたんです。ロドスに技術交流でもいかがですかって。すると、診療所の医者も患者も殴りかかって来そうな顔をしてましたよ。みんな九色鹿さんに離れてほしくないですからね。その気持ちもわかるので、それ以上食い下がらなかったんですが……」&br;「その後、九色鹿さんは患者たちとたくさん相談して、一定期間ごとに、ロドスに一週間か二週間ほどやってきて勉強と交流をするということで……私がお迎えに行きますから、お泊まり先は私の宿舎にしても大丈夫でしょうか?……はい、これでいいんですよね。え、向こうに滞在した理由についても紙での報告が必要なんですか?す、すぐ書きます。」&br;&br;――某オペレーターの外勤音声記録より};|

|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):第三資料|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{今は昔、九色鹿は炎国を遊歴し、各地で医者として人助けをしていた。命を救うことに見返りは求めない、というのが彼女の信条だった。ある時、天災に見舞われた村を通りがかった彼女はそこに留まり、負傷者の治療にあたった。しかし、最大の善意をもって人々に接した彼女に、善意による報いはなかった。当時、村の通信は中断され、医療物資も薬品も不足していたため、倒れる患者が日に日に増えていた。その不足分を補うために、九色鹿は村唯一の医者と共に山へと薬草を探しに行った。もう何も残されていないこの村を導いて、きっと窮地を脱することができるだろうと彼女は信じていた。しかしそんな彼女の願いに反して、いわれのない噂がすでに心が折れかけている人々の間に広まった――九色鹿は医者ではなく、災厄を引き起こした元凶だと。&br;「あの女は自分の薬を売り込むために、みんなの信頼を稼ごうとここに残ったんだ!」「見たんだろあのアーツ!きっとあいつが天災を呼んだんだよ!」苦痛に呻く患者だけでなく、予想もできない人の心も相手にしなくてはいけなかった。九色鹿はそのようなデマを一度も相手にしなかったが、それでも一部の人の心が蝕まれていった。しまいには、乱暴な村人たちが彼女の前に集い、「災厄を引き起こしたエラフィア」に出ていけと強引に申し渡した。&br;最終的に、九色鹿は様々な病気の治療手段が記された書籍と、丸薬の作り方を医者に託し、一番近い街までかなり長い道のりを歩いて、この村がまだ救助を必要としていることを伝えた。その後、彼女は静寂を求めて山へと向かった。&br;しかし、山の中もいつまでも安寧ではなかった。麓の診療所にはいつも助けを待つ患者がいた。逡巡したものの、九色鹿はそこの医者に薬を渡すことにした。幸い、この地では前のようなことは起こらなかった。&br;彼女は今でも自らの信念を貫いている。人の心を癒すことは、身体を癒すことよりずっと大事であると、彼女は信じている。};|

|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):第四資料|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{「やっと戻りやがったかー。外勤どうだった?あー……大丈夫じゃなさそうだな?」&br;「もう疲れて死にそう……ていうか、あんたと顔合わせるのって何日ぶり?」&br;「七日間くらいじゃね?なんだよ……」&br;「なんかふっくらしてない?顎のお肉たぷっとしてるわよ、どうしたのよ。」&br;「最近食堂の飯がうまくてさ、ちょっと食いすぎたかも。」&br;「まさかウンさんを拝み倒して、一週間もずっとご飯を作ってもらったとかじゃないよね?」&br;「まさか……俺を何だと思ってるんだ。炎国のオペレーターでさ、コードネームが九色鹿って人だよ。あの人の作った炎国料理、めっっっちゃくちゃ美味いんだぜ。」&br;「まだ残ってたりする?あたしも食べたい!」&br;「たっぷりあるぜ、帰りが遅いオペレーター用に、冷蔵庫に作り置きを残してくれるんだ。どんな味がいい?辛いの?それとも辛くないのがいい?甘味はどうだ?温めて持ってきてやるよ。」&br;「味付けまで選べるんだ?じゃあ辛いのを……いや、やっぱり辛くないのにしよ。最近胃が弱くて。」&br;「胃が?ほら、胃にいいっていう丸薬だ、やるよ。」&br;「丸薬?やだわ、丸薬なんて苦いもん。帰ったらおかゆでも飲むから。」&br;「この丸薬、全然苦くないから大丈夫だって。茶の香りまでするんだ。試してみろよ。俺も帰ったばかりの頃は胃が弱かったけど、何日かこれ飲んでたら良くなったんだ。」&br;「嘘じゃないよね?じゃあ一つちょうだい……ほんとだ、苦くない!」&br;「だろ、お前に嘘なんかついてどうすんだよ。」&br;「苦くない丸薬とか初めて。作ったのって誰?ちょっと買い置きしたいわ。」&br;「さっき話したあの炎国の人だ、今お前が食ってるこの料理と同じでな。おっ、粥もあったぜ。今温めるからおかず食いつくすなよ。」&br;「まさかお粥もその人が?」&br;「そのまさか。この冷蔵庫の冷蔵室に入ってるのは全部あの人作だよ。こんな風にシールが貼ってあって目印になってる。夜また食べたくなったら、自分で取って温めればいい。ああそうだ、この箱に入った丸薬も彼女がわざわざ残してくれたもんだ。胃に効くやつは青いシールのだから間違えんなよ。」&br;「この薬も全部彼女が?」&br;「炎国ではいつも薬草採集に行くらしくってさ、丸薬も毎回作って持ってきてくれるんだ。」&br;「万能じゃん……あんたがこんな短時間でここまで太っちゃったのも頷けるわ。」&br;「だろ。ここんとこ食事が楽しくてしかたねぇよ。もしうちのおふくろもこのレベルだったら、俺はもうとっくの昔にまん丸のボール体型だぜ。」&br;「ちょ、ボール体型って。ほらあんたも食べてよ、自分だけだとなんか恥ずかしいし。」&br;「よしきた、茶碗取ってくる。」&br;「あんたこれだけ食べさせてもらったんだから、お礼くらいはしたんでしょうね?」&br;「花は送った。でもあの人の宿舎前、他の人からも送られてて花だらけだったぜ。」&br;「あ、それなら贈り物にちょうどいいのがあるよ、今回の帰りで買ったやつ。明日一緒に渡しに行こう。」&br;&br;――時間不明、食堂の監視録音より};|

|LEFT:1080|c
|BGCOLOR(#5F5F5F):COLOR(#FFFFFF):昇進資料|
|BGCOLOR(#cccccc):~&nobold{九色鹿は植物の爽やかな香りや、墨がまだ乾ききっていない書道や水墨画、そして摘みたての新茶が好きである。&br;ここのすべてが好きだ。だからこそ、ここにあるすべてを心から慈しんでいるのだ。};|

#endregion

*ボイス [#voice]
#region(&size(20){クリックでセリフ一覧を開く};)
※中文は大陸版アークナイツより引用
//nobold{}のカッコ内に記載をお願いします。
|100|BGCOLOR(#EEF5FF):LEFT:969|c
|BGCOLOR(#EEEEEE):CENTER:''秘書任命''|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{需要整理的资料都已经放好了,希望可以帮博士您减少一些压力。&br;整えるべき資料は全て片付けてありますよ。これであなたの負担を減らせていれば幸いです。};|
|~会話1|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{这里的氛围让人感到十分放松,就像是我的山林。博士,您在空余时间可以来玩哦。&br;この場所はとても落ち着きますね。まるで私のいた山のようです。ドクター、お時間があれば遊びにいらしてくださいね。};|
|~会話2|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{和医疗部的干员们聊了很多,现在我能理解大家的目标了。博士,请让我和您一起拯救这片大地。&br;医療部の方々とたくさんお話をして、みなさんの志を理解しました。ドクター、どうか私にもロドスと共にこの大地を救うお手伝いをさせてください。};|
|~会話3|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{这种草药丸......很不错,末药小姐结合了药材的特性做了特殊的加工处理。嗯......从没尝试过这种加工方式,稍后我会找末药小姐学习一下。&br;この丸薬は……素晴らしいです。ミルラさんが薬草の特性を取り合わせて、特殊な加工処理を施してくださいました。うーん……このような製法は初めてです。のちほど、ミルラさんに教えを乞いに行って参ります。};|
|~昇進後会話1|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{救援与庇护是不同的,前者治愈身体,后者拯救灵魂。&br;救援と救済(ぐさい)は異なります。前者は身体を治癒することであり、後者は魂を救うことです。};|
|~昇進後会話2|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{生命是无尽的轮回,自业自得果,众生皆如是。您经历了这么多,应该能理解吧。在不同的轮回中留下自己的记忆,构建自己对外界的看法,才是这一世的用意。&br;生命(いのち)は輪となって廻り続けるもの。自業自得、衆生(しゅじょう)皆是(か)くの如し。あなたはこれほどの行(ぎょう)を経ているのですから、お解りでしょう。異なる生を受ける度に、自身の記憶を残し、外界に対する自身の見方を形成すること、それこそが今生の意義というものです。};|
|~信頼上昇後会話1|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{这些药丸除了茶香味,还有各种花香口味的。很多患者觉得草药丸很苦,所以我想办法把苦味降低了。希望......罗岛的大家不会讨厌这个味道。&br;これらの丸薬には、お茶やお花の風味付けをしています。患者さんの多くが薬草で作ったものは苦いとおっしゃるので、苦みを抑える工夫を施したのです。ロドスの皆さんの……お口に合えばいいのですが。};|
|~信頼上昇後会話2|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{这里的茶很合我意,茶香沉稳,更见真味。茶如此,人亦然,在这居住能避开那些闲言碎语,难得的宁静之地。&br;ここのお茶はとても気に入りました。落ち着いた馥郁たる香りで、お茶そのものの味が感じられます。茶は人を表すもの。ここに居(きょ)を卜(ぼく)せばつまらない噂を避けることもできるでしょう。まこと得がたき安寧の地です。};|
|~信頼上昇後会話3|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{博士,贴着我名字的菜品可以让干员拿去吃哦,还有几瓶我自己做的饮料。最近看大家工作实在太辛苦了,所以我也想做点什么帮他们缓解疲劳......&br;ドクター、私の名前が貼ってあるお料理は、皆さんが召し上がっていただいて大丈夫ですからね。それと、手作りした飲み物もありますよ。この頃はお仕事が本当に大変そうなので、何か疲労回復に役立てないかと考えまして……};|
|~放置|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{您累了吗?好好休息一下吧,不用担心,我会保护您。&br;お疲れですか?ゆっくりお休みください。私があなたを守りますので、ご安心を。};|
|~入職会話|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{初次见面,我是九色鹿。嗯?这个花纹很好看吗?谢,谢谢......以后请多多关照了。&br;初めてお目にかかりますね、私は九色鹿(くしきろく)です。え?模様が綺麗ですか?あ、ありがとうございます……これからよろしくお願いいたしますね。};|
|~経験値上昇|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{下次可以让我和您一起去吗,我想要保护大家的安全。&br;次回は私も同行してよろしいですか。皆さんの安全を守りたいのです。};|
|~昇進1|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{您认同我了吗?原来我真的有帮到各位,太好了......&br;私を認めてくださったのですか?本当に皆さんのお役に立てていたのですね。よかった……};|
|~昇進2|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{现在学到的东西已经可以拯救很多人了,但还有更多人需要帮助。博士,我还能变得更强吗?&br;これまでの学んできたことで、多くの人を救えるようになりました。ですが助けを必要としている方はまだたくさんおります。ドクター、私はまだ強くなれますか?};|
|~編成|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{放心,不会辜负您的信赖。&br;ご安心ください、ドクターの信頼は裏切りません。};|
|~隊長任命|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{我来指挥?没问题哦。&br;私が指揮を執るのですか?問題ありませんよ。};|
|~作戦準備|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{不用担心,我会让大家平安归来。&br;心配しないでください、皆さんは無事に連れて帰ります。};|
|~戦闘開始|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{不要分散,接下来就是战场了。&br;皆さん散らばらないように、もうすぐ戦場です。};|
|~選択時1|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{看到了......未知的敌人。&br;未知の敵が……見えます。};|
|~選択時2|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{这是新的指令?嗯,我收到了。&br;新しい指令ですか?ええ、分かりました。};|
|~配置1|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{这是......战场的寒意。&br;これが……戦場の冷たさ。};|
|~配置2|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{准备好了。&br;用意はできています。};|
|~作戦中1|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{以心为宗,镜照万法。&br;心を以て宗と為し、鏡万法を照らす。};|
|~作戦中2|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{一念离真,皆为妄想。&br;一年真を離れれば、皆妄想と為る。};|
|~作戦中3|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{天地化相,万物相合。&br;天地相と化し、万物相合す。};|
|~作戦中4|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{一切皆有法,如焰亦如电。&br;一切皆法有り、焔の如く、また雷の如く。};|
|~★4で戦闘終了|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{嗯......这次的战斗很顺利。&br;うん……今回の戦闘は順調でしたね。};|
|~★3で戦闘終了|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{生命诚可贵,但卑鄙和邪恶的生命终究要受到惩罚。&br;生命(いのち)は疑いなく尊(たっと)いもの。けれど卑しく邪悪な命は、いつかは罰を受けねばならないのです。};|
|~★2以下戦闘終了|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{不必难过,虽然这次小有失误,再努力一下吧,总会成功的。&br;悲しむ必要はありません。今回は少し失敗がありましたが、今一度努力を続けてみてください。いつかは実を結びますよ。};|
|~作戦失敗|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{如果没有力量,就不要对任何人都慈悲。&br;力がないのであれば、誰彼構わず慈悲を施してはなりませんよ。};|
|~基地配属|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{很奇妙的地方呢,有很多没见过的东西。&br;変わった場所ですね。見たことのないものがたくさんあります。};|
|~タッチ1|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{“善良”是不可以被利用的哦,博士。&br;「善良さ」を利用してはいけませんよ、ドクター。};|
|~信頼タッチ|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{博士,这是给您的花茶,有提神的功效哦。&br;ドクター、花茶をどうぞ。眠気覚ましの効果があるのですよ。};|
|~タイトルコール|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{明日方舟。&br;アークナイツ。};|
|~挨拶|BGCOLOR(#EEF5FF):~&nobold{看起来很精神呢,博士。&br;お元気そうですね、ドクター。};|
#endregion

*回想秘録 [#secret]
-''大いなる慈悲''
アンロック条件: 昇進段階2、信頼度50%以上

//*逆理演算 [#paradox]
//アンロック条件: 昇進段階2、レベル1
//#region(開く)
//#include(逆理演算/九色鹿,notitle)
//#endregion

*ゲームにおいて [#ingame]
上海美術映画製作所で1981年に制作されたアニメとのコラボオペレーター。2022年7月に日本でも配布される事となった。名は(日本語では)「くしきろく」と読む。
コラボオペレーターであるためボイスは中国語のみとなっている。
ストーリーイベントと紐付かない配布という意味ではサベージやコンビクションと同じだが、コラボキャラなので再配布の見込みは不明である。
これらの事情もあってか、潜在解放不可(最初から強化上限)となっている。星5補助の汎用印の使用も不可。

[[ツキノギ]]に続く二人目の【祈祷師】オペレーター
低コストながらも支援能力の多様さにおいて秀でており、被ダメ軽減、回復、術ダメージを兼ね備える。
また非常に優秀な基地スキルを持つことから加工所要員としての地位がある。

**素質 [#ig_talent]
#shadowheader(3,縹渺彩雲 [#ig_talent1])
&tooltip(加護);を付与する素質
[[ツキノギ]]と同じく条件はHP40%未満とやや厳しいが、最終ダメージから最大20%を軽減してくれる。
ボスやギミックの解決力に繋がる確定ダメージ軽減効果こそないものの、物理と術の両方に対応するので、普段の事故率を下げてくれる。

//#shadowheader(3,素質名 [#ig_talent2])
**スキル [#ig_skill]
***スキル1 人間降吉 [#ig_skill1]
シンプルな攻撃力強化だが、職分により持続中は味方の回復が可能。
スキル2に対してクールタイムや回復量の点で勝ることから、回復役としてならばこちらが選ばれるか。

ボデンコS1が似た印象を受けるが、九色鹿は足止め効果がないかわりに攻撃範囲、攻撃速度、本体コスト、&tooltip(加護);などの強みがある。

|~スキル|~HPS|
|九色鹿S1|358|
|[[ポデンコ]]S1|501|
|>|LVMAX特化3、モジュール無し|

***スキル2 仙山去遠 [#ig_skill2]
攻撃範囲内の味方を支援しつつ、自身の生存力を上げるスキル。
S1に比べ被ダメージを軽減できることから、有事の対応力で勝る。

&tooltip(加護);が実質無条件で付与されるうえ、九色鹿の回復速度向上により範囲内の耐久力を大きく高められる。
更に九色鹿自身は遠距離物理攻撃を最大70%で回避するようになる。自前の術耐性も25とかなり高く、スキル発動中は九色鹿自身もとても硬くなる。
これをランク7では初回12秒、特化3では初回10秒で発動できるため、ラッシュ前に投下し、あえて高台デコイとなるような運用も可能である。

「複数の味方を生き残らせる」ことと「自分が生き残る」ことを配置してすぐ実行できるのがこのスキルの強みと言える。
即効性と確実性に加え、本体コストが低いことによる扱いやすさがあることから、優秀な支援スキルと言っていいだろう。

**総評 [#ig_evaluation]
戦場においても基地においても、とても便利なオペレーター。

低コストの遠距離術攻撃手が多様な支援能力を持っていることから、様々な状況に対応させることができる。
例えばコストに制限がある戦闘序盤において、術攻撃と回復を広範囲に行える低コストは貴重。
あるいは配置順に問題があるラッシュ直前でも、早期かつ確実に広範囲の被ダメを軽減できるというのはありがたい。
スキルのCTもそこまで長くないので、扱いやすさにおいて際立った利点があるだろう。

また基地スキルの唯一性は特筆に値する。
これについては以下にあるが、加工所要員として特別な一人といえるだろう。

**基地スキル [#ig_RIICskill]
&color(,#E1EB00){ ''因果'' };
-体力消費1〜4の加工時、副産物が出ないと「因果」が1〜4ずつ貯まる。(蓄積量は体力消費と同量)
--因果が合計40に達すると、''副産物確定入手''となる。
--加工時に因果の蓄積カウンターが表示され、九色鹿を加工所から外してもカウントは維持。副産物確定入手後にカウントは40減少し、余剰分は次回に引き継がれる。
--体力0の疲労状態だと加工を行っても因果は貯まらないため注意。

-副産物確定入手のタイミングは因果40に達する瞬間。
--例えば中級昇進素材を狙うのであれば、因果36以上まで貯めてから、体力消費4の加工を行って確定入手という手順になる。
---余剰分は次回に引き継がれるので、因果40未満であれば問題ない。
--このタイミングで確率による副産物入手に成功した場合、因果は貯まらない(40に達しない)ため確定入手効果は温存される。

-昇進素材だけでなく炭素材やアーツ学の加工でも因果を貯めることが可能。
--特に''炭素材は因果を貯めるのに最適''。基地改築完了後は使い道が無く余りがちで、また加工時に龍門幣を消費しないため好都合。
--基礎素材(T1)や初級素材(T2)の加工も他のオペレーターに比べ高効率なので積極的に任せたい。((T1加工は270%、T2加工は180%相当。(T1素材12個=T3素材1個、T2素材4個=T3素材1個、因果1=T3素材1/40個として計算)実際は源岩系のみ必要素材が多いのでやや下がる))
--家具→家具パーツの加工は体力消費0なので因果は貯まらない。

-確定入手で狙う副産物としてオススメなのは中級昇進素材とSoC。
--SoC加工は副産物が出ないとSoCステージ1周分の損失だが、確定入手であればこの損失は無くなる。

-確定入手までには体力40消費を要する関係上、緊急の素材調達には向いていない。
普段からコツコツとやっておこう。
 

&color(,#E1EB00){ ''応報'' };
-昇進2で習得。
こちらは体力消費8の加工、つまり[[融合剤]]/[[D32鋼]]/[[ナノフレーク]]/[[結晶制御装置]]の4種のみが対象。
--副産物が計10回出ないと「応報」が80まで貯まり、副産物確定入手となる。

-副産物入手確率アップに換算すると90%((a.副産物入手確率 + b.(1-副産物入手確率)×(10回に1回の確定入手) つまり 0.1 + 0.9*0.1 = 0.19))で、[[セイロン]]や[[カタパルト]]の80%に優る。
--体力消費8の加工も任せたいところだが、前述の炭素材での因果稼ぎが唯一無二であるため、こちらは他の加工要員に任せてしまって良いだろう。

*小ネタ [#tips]

中国語名:九色鹿 英語名:Nine-Colored Deer

炎国のとある山から来たと自称している謎の女性。
薬草に関する知識を豊富に有している。ロドスへ訪れたのは交流と学習が目的のようだ。植物の香り、書道や水墨画、摘みたての新茶を好んでいる。

1981年製作の中国のアニメ『九色鹿』の主人公。
同時期の日本では『銀河鉄道999』や『Dr.スランプアラレちゃん』などが放映された時期であり、正に往年の名作からの参戦という事となった。
同時期日本では『銀河鉄道999』や『Dr.スランプアラレちゃん』などが放映された頃であり、正に往年の名作からの参戦という事となった。
ちなみに、コラボ元での九色鹿の姿は鹿そのもの。アークナイツとのコラボに合わせて、いわゆる擬人化のような姿にデザインされている。

作品の大元は仏教説話「ジャータカ」に登場する、仏教開祖の聖人「釈迦」の前世とされている神獣。
伝説上の生物という事もあってか、回想秘録では[[シー]]と縁があった事が描写されている。
元ネタの説話は「山で溺れていた男を九色鹿が助けるが、後にその男は欲に負けて九色鹿を捕らえようとする計画に乗ってしまうが失敗、今度は九色鹿に逃げられた上に溺れさせられてしまう」という内容。
「救ったはずの人間に裏切られてしまう」という九色鹿視点の状況は本作の設定にも取り入れられている。本作の九色鹿は医者として無償の善意で人を救おうと奮闘するが、その後に起きたトラブルをきっかけに「必要最低限の薬の提供のみ行う」という方針で動いている。
人々を救うという事に関しては病的なまでに熱心であり、病を治すために寝食を忘れて医学書を読み漁る事もある程。

|CENTER:|LEFT:|c
|BGCOLOR(#EEEEEE):CENTER:''九色鹿の印''|(潜在解放できないので存在しない)|
|~採用契約|祈祷師・九色鹿、永遠にあなたの傍に。|
|~|染み入るような静寂と、穏やかな日々。|

*公式ツイッターの紹介 [#twitter]

炎国から来たと自称している、エラフィアの女性。
薬草に関する知識と経験が豊富で、医療部の面々とも積極的に交流を行っている。

「これが……戦場の冷たさ。」

&twitter_widget_mono(user-id=ArknightsStaff,data-id=1545648970344460288);

//#region(コーデ「」紹介)
//&twitter_widget_mono(user-id=ArknightsStaff,data-id=●);
//#endregion


*コメントフォーム [#comment]
#region(クリックで過去ログ一覧を開く)
末尾の番号が若いほど、古いログになります。
#ls2(コメント/九色鹿/)
#endregion
#pcomment(,reply,20)
#region(&size(20){&color(red){''←板を利用する前にルールを必ずお読みください。''};};)
#include(コメントフォームの利用ルール,notitle)
#endregion

TIME:"2022-09-23 (金) 05:24:16" REFERER:"https://arknights.wikiru.jp/index.php?cmd=edit&page=%B6%E5%BF%A7%BC%AF"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS