感染者一覧 Edit

  • 源石融合率15%から身体機能への影響が現れ始める。
  • 血液中源石密度0.25u/Lから中期感染状態とみなされる。
  • サルカズは鉱石病に感染しやすい傾向にあるらしい
最終更新日時:2021-12-08 (水) 22:31:04
画像名前種族融合率(%)血液中
源石密度(u/L)
感染認定段階メモ追加
アンジェリーナ_icon.jpgアンジェリーナヴァルポ50.31体表の結晶分布特記なし病状のコントロールと定期的な健診を行う必要がある。編集
イフリータ_icon.jpgイフリータサルカズ190.51体表の結晶分布重点治療対象もう彼女に触れないで。編集
エイヤフィヤトラ_icon.jpgエイヤフィヤトラキャプリニー80.50体表の結晶分布特記なし細胞外液の結晶レベルは比較的高い。
難聴も併発している。
編集
ナイチンゲール_icon.jpgナイチンゲールサルカズ90.41体表の結晶分布重度鉱石病だけが原因でない可能性が高い編集
ヘラガ_icon.pngヘラグリーベリ130.21体表の結晶分布特記なし血中濃度は病状をコントロール可能な範疇にあることから、アザゼルには感染が広がる速度を遅らせる独自の技術があるのかもしれない。編集
シュバルツ_icon.pngシュヴァルツフェリーン60.29体表の結晶分布特記なし鉱石病に罹患したのはかなり早かったようだが、ロドスに入る前に適切な治療を受け、
正しく症状を抑えておったのが功を奏したな。症状はかなり安定しておる。
編集
blaze_icon.pngブレイズフェリーン160.24メディカルチェック特記なし病状の進行はかなり深刻である。医療オペレーターは進行を極力抑えようとするが、彼女が戦線離脱を拒否するため難航している。編集
ケオベ_icon.pngケオベペッロー90.31体表の結晶分布特記なし長い放浪生活を送り、正式な治療を受けてこなかったため、感染状況が日々深刻化しており、病状は思わしくない。編集
スズラン_icon.pngスズランヴァルポ80.18体表の結晶分布特記なし感染状況は抑制可能な範囲にある。だが彼女はまだ成長期なので、発育に影響しないことを願う。編集
ファントム_icon.pngファントムフェリーン140.35体表の結晶分布特記なし体表に明らかな結晶の分布を確認。結晶の部位が特殊であるため、発声器官に深刻な異変が起きているかもしれない。
病状は芳しくない。更に悪化する可能性があるため、慎重な経過観察が必要。
編集
W_icon.pngWサルカズ140.29メディカルチェック特記なし長年に渡るカズデルでの活動及び源石軍用品の多用により、Wの感染状況は芳しくない。
しかし本人に感染者としての自覚は全くない。
編集
eunectes_icon.pngユーネクテスフィディア70.22体表の結晶分布特記なし早い時期に鉱石病にかかっていたにもかかわらず、適切な治療を受けていなかったため病状は比較的重い。
しかし生まれつき体が丈夫なため、病状の進行はある程度抑えられている。
編集
surtr_icon2.pngスルトサルカズ10.10メディカルチェック特記なし現状体表に鉱石病の症状はほとんど見られない。編集
icon_mudrock.pngマドロックサルカズ120.31体表の結晶分布特記なしかつてサルカズ傭兵であったため、楽観視できない状態にある。定期的な観測と報告を要する。編集
icon_rosmontis.pngロスモンティスフェリーン<10.13体表の結晶分布特記なしこの特殊個体は感染者とは呼べるのだろうが、鉱石病とは言い難い。編集
icon_mountain.pngマウンテンフェリーン50.22体表の結晶分布特記なし監獄内の医療設備が万全ではなかったこともあり、病状は依然として予断を許さないものである。編集
passenger_icon.pngパッセンジャーリーベリ70.29体表の結晶分布特記なしパッセンジャーは長期にわたって、過酷な環境下で源石機械の生産作業に従事していた。
その上、感染が疑われた時期に必要とされる措置を一切行っていないため、病状の進行は楽観視できないものである。
編集
kaltsit_icon.pngケルシーフェリーン体表の結晶分布特記なし編集
アーミヤ_icon.jpgアーミヤコータス/キメラ190.27体表の結晶分布特記なし██████████████████████████編集
ヴァルカン_icon.jpgヴァルカンフォルテ180.38体表の結晶分布中期顔面及び頸部に鉱石病の侵蝕の痕跡あり。編集
エフイーター_icon.jpgエフイーターウルサス7.20.21メディカルチェック軽度右足に明らかな源石の跡があるが、結晶は見られない。編集
クリフハート_icon.jpgクリフハートフェリーン70.28メディカルチェック中期体表に突き刺さった痕跡に源石結晶が顕在編集
サイレンス_icon.jpgサイレンスリーベリ60.24体表の結晶分布特記なし左足関節上部に鉱石病巣あり。編集
スペクター_icon.jpgスペクター不明140.31体表の結晶分布特記なし体に源石結晶は生成されていないが、神経系への感染は顕著。編集
フィリオプシス_icon.jpgフィリオプシスリーベリ80.43臓器に陰影軽度現在症状は安定している。編集
フランカ_icon.jpgフランカヴァルポ90.34体表の結晶分布中期拡散傾向もなく病状は安定している。編集
プロヴァンス_icon.jpgプロヴァンスループス180.30メディカルチェック中期病巣は主に体にあり、それと同時に尻尾が変異した。編集
マンティコア_icon.jpgマンティコアマンティコア120.32メディカルチェック特記なし源石が多くの臓器で生成されている編集
メテオライト_icon.jpgメテオリーテサルカズ70.33メディカルチェック中期現時点で拡散する傾向は見られない。編集
ラップランド_icon.jpgラップランドループス130.27メディカルチェック特記なし体表には既に大量の源石結晶が生成されている。編集
ナイトメア_icon.jpgナイトメアフェリーン160.33臓器に陰影中期感染型解離性同一性障害の中でも稀有な症例。
病理監視協議レベル:赤
編集
flamebringer_icon.pngエンカクサルカズ180.41体表の結晶分布中期感染レベルは比較的高く、顔面及び頸部に鉱石病の浸蝕の痕跡あり。編集
アステシア_icon.pngアステシアリーベリ40.2メディカルチェック特記なし調査の結果、当該オペレーターの鉱石病は特殊で稀少なケースであることが判明したため、
関連する医療オペレーターは定期的に彼女の診療を実施すること。
また、総合的な判断により、一部医療オペレーターによる個人記録の閲覧及び診療の参加を禁じる。──ケルシー
編集
breeze_icon.pngブリーズヴァルポ30.21メディカルチェック特記なし感染状況は浅く、現状明らかな身体への影響は見られない。編集
ブローカ_icon.pngブローカフェリーン70.26体表の結晶分布特記なし感染状況は安定しているが、治療に遅れが生じたため、症状は悪化する可能性あり。編集
reed_icon.pngリードドラコ90.27体表の結晶分布特記なし鉱石病はものすごいスピードで彼女の身体を侵食していて、外皮系の結晶化速度も正常値を大きく超えている!ど、どうすれば……編集
バイビーク_icon.pngバイビークリーベリ60.19体表の結晶分布特記なし事故による感染ではあるが、普段は源石との接触が極めて少なく、また適切な治療を受けているため、
現在は病状が安定しており、悪化する予兆は見られない。
編集
レオンハルト_icon.pngレオンハルトコータス0.60.14メディカルチェック特記なし体表に明らかな症状は確認できず、臓器においてもはっきりとした結晶の形は見られない。あやうく見落とすところだった!
しかし見落とされなかったこの結果は本人にとっていいものとは言えないでしょう……
編集
フォリニック_icon.pngフォリニックフェリーン40.22メディカルチェック特記なし感染しやすい体質であるが、規則正しい生活と科学的な病状管理によって進行は抑えられている。編集
アスベスト_icon.pngアスベストスサヴラ70.22体表の結晶分布特記なし感染してから長い間何の対策も講じていなかった彼女の症状は、本来なら非常に深刻なはずだ。
身体能力が極めて優秀であり、症状もある程度緩和されているようだ。
編集
ツキノギ_icon.pngツキノギエラフィア50.34メディカルチェック特記なし源石は上半身に不規則に分布している。現時点では、当人への実質的な影響は確認されていない。編集
キアーベ_icon.pngキアーベヴァルポ50.21体表の結晶分布特記なし体表に低レベルの源石結晶が認められるが、症状はコントロールされている。
感染状況は安定しているが、治療に遅れが生じたため、病状が悪化する可能性あり。
編集
シャマレ_icon.pngシャマレヴァルポ90.23メディカルチェック特記なし長い間無自覚に源石環境下で生活していたため、防護措置が足りず、適宜治療も行われていなかった。編集
エリジウム_icon.pngエリジウムリーベリ70.12体表の結晶分布特記なし病状は安定し、病巣の広がりはある程度抑えられている。
患者の容体に応じて、今後の治療計画を立てるべきだろう。
編集
シーン_icon.pngシーンピロサ10.21メディカルチェック特記なし容体は安定している。現時点では拡散傾向は見られない。編集
april_icon2.pngエイプリルコータス50.17体表の結晶分布特記なし本人の話によると、感染して以来、できる限り源石が多く分布するような危険地帯は避けてきたとのことだが、
比較的厳しい環境の中で長期にわたる生活を送ってきたこともあり、ある程度の病状の拡散は免れなかった。
編集
mint_icon2.pngミントフェリーン40.17体表の結晶分布特記なし体表に微量の源石結晶の分布が見られる。感染度は低く、病状は安定している。編集
icon_aosta.pngアオスタループス50.23体表の結晶分布特記なし治療を受けるのが遅かったため、症状はすでに拡散が始まっていた。
しかし、他の身体ステータスは概ね正常である。
健康的なライフスタイルを有しているため、症状も比較的軽いことが判明した。
編集
kafka_icon.pngカフカリーベリ50.19体表の結晶分布特記なし本人の生活習慣が基本的に良好のため、悪化の度合いは比較的に軽い。更なる治療を必要とする。編集
tuye_icon.pngトゥイエフォルテ70.29体表の結晶分布特記なし当該オペレーターは短時間に大量の源石成分と接触したため、非常に危険な状態にあったが、幸い、発見・治療共に素早く行われたため、現在は病状が安定している。編集
purgatory_icon.png炎獄ラヴァサルカズ120.28体表の結晶分布特記なし長期にわたって激しい訓練とリスクの高いアーツの研究を行い、頻繁に艦外での作戦に参加していたことは鉱石病の進行に一定の影響を与えている。
指導教員Pithと医療オペレーターハイビスカスによる献身的なケアにより、病状はかろうじてコントロール可能な範囲に収まっている。
編集
toddifons_icon.pngトギフォンスヴィーヴル90.28体表の結晶分布特記なし感染しやすい体質に加えて、長期にわたって安全な工程を厳格に従わずに工業源石製品を使用していたことにより、慢性の鉱石病となった。ロドスに来てからは、症状の緩和が認められる。編集
アーススピリット_icon.jpgアーススピリットキャプリニー140.31体表の結晶分布中期視認可能な結晶が見られる。右腕に病巣あり。編集
ヴィグナ_icon.jpgヴィグナサルカズ50.16メディカルチェック特記なし病状のコントロールと定期的な検診を行う必要がある編集
エステル_icon.jpgエステルアダクルス160.31体表の結晶分布中期種族特有のものとは異なる角が生じている。編集
ガヴィル_icon.jpgガヴィルアダクルス160.31メディカルチェック特記なし身体能力がピークの時よりだいぶ落ちたのは認める。編集
ギターノ_icon.jpgギターノエラフィア150.26体表の結晶分布中期身体機能は源石の影響を受け始めたが、まだ顕著ではない。編集
クオーラ_icon.jpgクオーラペートラム50.20メディカルチェック軽度差し当たって拡散の傾向はない。編集
スカベンジャー_icon.jpgスカベンジャーザラック120.29メディカルチェック特記なし大脳辺縁系が特に深刻な影響を受けている。編集
ドーベルマン_icon.jpgドーベルマンペッロー140.25体表の結晶分布軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
パフューマー_icon.jpgパフューマーヴァルポ140.25メディカルチェック特記なし身体への明らかな影響は見られない。具体的な状況は更に観察する必要あり。編集
フロストリーフ_icon.jpgフロストリーフヴァルポ160.45体表の結晶分布中期上腕部に明らかな源石結晶あり。編集
ヘイズ_icon.jpgヘイズフェリーン160.36メディカルチェック中期体内の汚染状況は比較的重篤。
源石結晶が宿主のアーツを増幅させている。
編集
ムース_icon.jpgムースフェリーン150.40メディカルチェック特記なし合併症により手が異常な状態に発達している。編集
メテオ_icon.jpgメテオクランタ50.24メディカルチェック軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
ロープ_icon.jpgロープコータス180.30メディカルチェック特記なし内部器官の感染状況は深刻。
これから先も十分に自分を大事にしてほしい。
編集
ビーハンター_icon.jpgビーハンターウルサス10.14メディカルチェック特記なし鉱石病感染は軽度であり、差し当たって拡散する様子は無い。編集
グレイ_icon.pngグレイペッロー7.20.3体表の結晶分布特記なし源石が多くの臓器で生成されていることから、循環器系の源石含有量は比較的高い。編集
vermeil_icon.pngヴァーミルヴァルポ50.3体表の結晶分布特記なし病状は安定している。編集
スッスーロ_icon.pngススーロヴァルポ20.3体表の結晶分布軽度病態は安定した状態に抑えられている。編集
ethan_icon.pngイーサンサヴラ20.26体表の結晶分布特記なし病状は安定している。編集
ウタゲ_icon.pngウタゲ不明20.18メディカルチェック特記なし源石との接触は少ない。現状を維持すること。編集
カッター_icon.pngカッターヴァルポ40.23体表の結晶分布特記なし病状は安定している。編集
アシッドドロップ_icon.pngアシッドドロップリーベリ40.15メディカルチェック特記なし感染状況は軽く、体表に源石結晶の分布は見られない。編集
arene_icon2.pngアレーンサンクタ50.23体表の少量の結晶分布特記なし長期的な治療を受けているため、症状は安定しており、悪化の傾向は見られない編集
icon_conviction.pngコンビクション不明(疑似リーベリ)50.26メディカルチェック特記なし「被験者は各項目の数値を精確に平均値までコントロールしている。」編集
icon_bubble.pngバブルセラト20.24メディカルチェック特記なし重症ではないが、本人が治療に協力的ではないため、病状進行の恐れがある。編集
icon_jackie.pngジャッキーペッロー30.16体表の結晶分布特記なし早い段階で治療を受け始め、本人の身体能力も優れているため、現段階では病状に悪化の見込みはない。
定期的に治療を受ければ、身体にさほど負担がかかることもないだろう。
編集
アドナキエル_icon.jpgアドナキエルサンクタ90.26メディカルチェック軽度光の輪の位置に異常あり。編集
オーキッド_icon.jpgオーキッドリーベリ60.23体表の結晶分布特記なし積極的に治療を受けていることにより、病状の拡散速度はかなり低いレベル。編集
クルース_icon.jpgクルースコータス80.23メディカルチェック軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
スチュワード_icon.jpgスチュワードヴァルポ90.30メディカルチェック中期差し当たって拡散の傾向はない編集
ハイビスカス_icon.jpgハイビスカスサルカズ70.20メディカルチェック軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
ビーグル_icon.jpgビーグルペッロー80.21メディカルチェック軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
フェン_icon.jpgフェンクランタ7.40.20メディカルチェック軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
メランサ_icon.jpgメランサフェリーン20.25メディカルチェック軽度左肩に病巣あり。編集
ラヴァ_icon.jpgラヴァサルカズ90.25メディカルチェック軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
カタパルト_icon.pngカタパルトクランタ20.30体表の結晶分布中期顕著に鉱石病を発症している。編集
ミッドナイト_icon.pngミッドナイトサルカズ80.30メディカルチェック中期明らかな感染症状だが、体表に全く源石結晶が現れていない。編集
スポット_icon.pngスポットレプロバ30.30体表の結晶分布特記なし体表の源石結晶を含め、明らかな鉱石病の症状が見られる。
しかし、肌の色と体毛が原因で発見が難しくなっている。
編集
ポプカル_icon.pngポプカルコータス30.2体表の結晶分布特記なし患者の病状は今のところ安定している。定期的な顕著と病状のコントロールの継続が必要。編集
ノワールコルネ_icon.jpgノイルホーンオニ110.22メディカルチェック軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
夜刀_icon.jpgヤトウオニ80.22メディカルチェック軽度現状明らかな身体への影響は見られない。編集
     編集

↑最後の行は、スマホで見やすくするためにあえて空白をいれていますので、削除しないでください。

未感染者一覧 Edit

#table_edit(): No such page: テーブル/未感染者
EditEDIT?

コメントフォーム Edit



コメントはありません。 コメント/SandBox/感染度合?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-13 (日) 12:18:32